Windows10のワナ・・・・・

a0071470_15353875.jpg
まだまだ家の周囲はかなりの積雪、昨年の今頃は全く雪は無く、一昨年は数十年ぶりの大積雪・・・・・
それでも年々撮影のシーズンインは早くなっているような気がする。
a0071470_15361310.jpg

2016年分の撮影データをまとめて、バックアップするばかりになっていた。

2月から一部導入していたWindows10は快調で複数ブートで設定してあるため、使い分けも簡単でいろいろと試していた。
直近の2016年分のデータを移動させたり、RAW現像してみたりとしばらくの間楽しんでいた。

3月になりそろそろ飽きてきて、メインのWindows7で使用していた。

あるとき突然CHKSDKが動き始めて溢れんばかりの文字列が動き出した・・・・・・・
こんな時は経験上放っておくのが一番。

どうやら2テラバイト分だったようで6時間近くかかって終了。

慌てて総点検してみたら外付けのHDケースに4個セットで入れてあった内、2016年分のデータが入っている内蔵型3.5インチHD
らしい・・・・・
調べてみると、Windows7と10を併用した場合、NTSFのバージョンがアップグレードするためUSBで接続されたHDのデータが読み出せなくなるという事故が多発しているようだ。
a0071470_15363731.jpg

さて以下は今回の不幸の顛末と、同様の被害を出さないようにカメラマン諸氏に報告です。



曰く - 引用が長くなります・・・・・・


「外付けHDDのデータが消えた」

(外付けHDDを正しい手順で取り外していないユーザーの場合は) 今まで通りの使い方をしていると、外付けHDDなどのデータが消える事があります。
ファイルシステムがNTFS形式の外付けドライブで発生します。
ちなみに、FAT32やExFAT形式のUSBドライブでは発生しません。

USB 外付けストレージの場合、以下を確認します。
クイック削除(既定)
▲クリックで拡大
※画像はWindows7のものですが、Windows10上で確認してください。
デバイスマネージャー上でUSBストレージのプロパティを開き、キャッシュポリシーが「クイック削除(既定)」になっている事を確認します。
この状態であれば、外付けストレージのLFSバージョンが2.0に上がる事はありません。以前のWindowsと互換性を保ったまま利用できます。
※この方法は「ホットプラグ」扱いで利用できるストレージに限ります。
LFSバージョンが2.0に上がった状態でWindows10マシンから「安全な取り外し」を行わずに外付けストレージを取り外し、別のPC(特にWindows7以前のPCやLinuxマシンなど)に接続すると問題が発生します。
別のWindows8/8.1/10マシンに接続する場合でも、データの追加、削除、書き換えなどが反映されない場合があります。
「高速スタートアップ」が有効になっているPCの場合、シャットダウンを行なって電源断としている状態でも、(完全にシャットダウンされた状態ではないため) 同様の問題が発生します。
上記のような取り外し方をしたストレージを、Windows7やLinuxマシンなどに取り付け、データの追加、削除、書き換えなどを行うと、症状はさらに悪化します。
 

トラブルを事前に防ぐ方法

USBストレージの「取り外しポリシー」は「クイック接続(規定)」の状態で利用する。
USB機器を取り外す時は必ず「安全な取り外し」を行う。
シャットダウン後にUSB機器の取り外し操作を行う場合は「高速スタートアップ」を無効にしておく。
Windows 10の高速スタートアップを無効にする方法
またはNTFSのLFSバージョンを以前の形式に戻しておく
Windows 10でLFS(ログファイルシステム)のバージョンを上げない方法
 

トラブル発生後の対応
Windows7のchkdskが有効と言われていますが、必ずデータが元通りになるという訳ではありません。
一部データ・または全てのデータが消えてしまう場合もあります。

a0071470_15365898.jpg


こりゃ良かったとホットしてしまい、対策の一部しか行いませんでした・・・・・

「安全な取り外し」「高速スタートアップ」はしましたが

肝心のNTFSの設定をしなかったのです。

せっかく元通りに戻ったのに、一度だけWindows10を使ったのにそれさえも忘れておりました・・・・・
あるときくだんのHDに入っていたデータが読み出せなくなりました。

エクスプローラーで開くと確かにストレージとして存在するのですが気の抜けたような「ぼいん」という音と共に「アクセス不能」のコメントが・・・・・・・

慌てて「10」の方から覗いてみてもドライブ名は「NTSF」としかでてきません・・・・・・
a0071470_15375289.jpg

やっちまったね・・・・・こりゃ・・・・・・

多分CHDSDKをかければ復旧するだろうとタカをくくっておりましたが・・・・・・数回トライしましたが回復せず・・・・・

48時間の思案の末、専門業者に見積もりをお願いしました。
只今見積もり中ではありますが、

どこもだいたい同じような値段で、HD自体が壊れていなければ5万から7万円前後・・・・・・
メーカーのサービスなら最低10万円を越えるようでした・・・・・・

ああ新しい機材の夢が消えてしまいました・・・・・・

しかしこれは「WINDOWS10の欠陥」ではないのでしょうかね・・・・・この部分については発売1年以上経過しているのに、バージョンアップでクリアーされておらず、マイクロソフトのサイトでもこの事項の注意を捜すことができませんでした。

Windows7も一応フォローしている商品なので会社としてユーザーに対して何らかの責任があるのではないかと思いますが・・・・・

ああ悲しい・・・・・・・


a0071470_15372916.jpg

# by kmkurobe | 2017-03-11 15:38 | PCとカメラ | Comments(3)

あけましておめでとうございます。

a0071470_23534053.jpg

# by kmkurobe | 2016-12-31 23:53 | | Comments(12)

ムモンアカシジミもそろそろお終い。

a0071470_10164798.jpg

2016年はとにかくチョウの発生が不作で種類によってはほとんど姿が見られなかった。
ことにタテハ類は極端に不作で、シシウドに群がるはずだったヒヨウモン類やクジャクチョウ、キベリタテハなどはほとんど見ることができなかった、例外はサカハチチョウとエルタテハだ。同じ食草なのにそこそこ見られるのはなぜだろう・・・・・
ヒョウモン類でも食草が違うコヒョウモンだけはなぜか多かった。
a0071470_10173821.jpg

ゼフィルスは過去10年間で飛び抜けて不作。
安曇野で観察できるゼフイルスは20種類。フジミドリとクロミドリはまあ局地的な分布なのだが、例年ならかなり観察できるはずのエゾミドリ、ウラミスジ、ハヤシミドリは発生がきわめて少なく、ジョウザンミドリでなかなか撮影チャンスが無かった・・・・・来年に期待したい・・・・
a0071470_1018514.jpg

ムモンアカシジミも今まで5年以上キープしてきた発生地が軒並みレベルダウン・・・・・やはりアリに依存しているチョウは環境の変化がもろに影響するようだ。
共通して言えることは間伐や下草刈りで発生地が明るくなってくると、とたんに減少してくように感じられる。やはり下草を含めた環境が維持できないと湿度と日照などがアリの活動に負荷をかけているのだろうか。
今年の発生は7月20日前後からとやや早めだが、他の種類の発生から考えるとそれほどでもないようだ。
a0071470_10184322.jpg
a0071470_1019256.jpg

吸蜜はやはり白い花が好きなようだ。
a0071470_10194487.jpg
a0071470_10195695.jpg
a0071470_10202437.jpg

ムモンアカシジミはゼフイルスの中で交尾がもっとも観察しやすい種類だと思う。
a0071470_10353018.jpg


交尾中に2♂がからんで4P状態・・・・
a0071470_10214421.jpg

新しく見つけた発生地
a0071470_102447100.jpg

大きなクヌギが発生木かな?アリがたくさん。
表へ回るとストッキングを着けた羽化直が。
a0071470_10271919.jpg
a0071470_10273547.jpg

a0071470_1028557.jpg

このチョウはやっぱり人里とつかず離れずがいいのだろう・・・・

でもこのチョウを撮影してみるとシーズンの終焉を感じてしまって、なぜかもの悲しい・・・・・
a0071470_10305575.jpg

# by kmkurobe | 2016-08-23 10:30 | 生態写真 | Comments(0)

今はもう秋?-年度末シリーズはミドリシジミ

そこそこは暑かったお盆も過ぎてハイシーズンもやっと一段落・・・・・
ぼちぼちと整理をしなければ・・・・・・
しばらくは今シーズンのまとめを中心に。
a0071470_9235920.jpg

7月も半ばを過ぎるといよいよゼフィルス達も最終盤。
このあたりではミドリシジミとオナガシジミそしてオオトリにはムモンアカシジミが発生する。
平地ではミドリシジミという5月下旬から6月初旬のチョウと考えられているが、高標高の湿原で発生するミドリシジミは、毎年ミドリ系のゼフィルスとしては最後に登場する。
a0071470_928745.jpg

北安曇での分布は広いが、こと撮影するとなると足場が悪い場所が多くてなかなかうまく撮影できない。
今年も活動時間の夕方に撮影したかったのだが、朝方、湿原のヨシ原でしか撮影できなかった。
a0071470_9314724.jpg
a0071470_932577.jpg

この時はまったく開かず・・・・・・・
Kendamar氏といろいろ観察してみて、どうやら前日が快晴だった翌朝が下草に降りて居ることが多いという結論にいたたった。
まあこれはほとんどのゼフに共通するとは思うが。
かれこれ通い詰めて4回目の朝、朝霧の中、多くの個体が朝露を吸水していた。
a0071470_9355838.jpg

こういうときは飛び上がる直前でウォーミングアップの開翅をしてくれる事が多い。
a0071470_9365885.jpg

久しぶりのリモートでイマイチのでき。ヨシ葉の影でなかなか綺麗に撮れない・・・・・
光線も強すぎるね・・・・・・
a0071470_938312.jpg
a0071470_9382297.jpg
a0071470_9321947.jpg

雌もほとんど同時に発生したようだ。
ここはすべての型が出現するようだが、綺麗なAB型は今年も不発。
a0071470_9411765.jpg

来年またがんばりましょう・・・・・・
# by kmkurobe | 2016-08-19 09:43 | 生態写真 | Comments(2)

リモート撮影でウラジロミドリシジミ

a0071470_16435870.jpg

リモート撮影の利点はもちろん高い位置での撮影が可能な事だが、低い位置でも、例えば近づくと揺れてしまうようなブッシュや前に回り込めないようなときでも効果を発揮する。
今年はカシワ系のゼフィルスもやはり低調・・・・・2年前まであれほどいたハヤシミドリシジミは一日数頭しか撮影できない。ウラジロミドリシジミはもともとそれほどたくさんいるわけではないので、例年通りの発生と言うことかもしれない。

a0071470_16443748.jpg


a0071470_16445561.jpg

a0071470_16451297.jpg
a0071470_16495727.jpg

a0071470_16454049.jpg


雌もほぼ同時に発生。こんな年はやはり総個体数が少ない感じがする。
a0071470_16474631.jpg
a0071470_16481660.jpg
a0071470_1649053.jpg

ともあれウラミスジシジミ、ウスイロオナガシジミも未見・・・・やっぱり当地は大凶作「鬼年」のようだ・・・・・

a0071470_1649239.jpg

# by kmkurobe | 2016-07-15 16:50 | 生態写真 | Comments(2)

リモートで撮るアイノミドリシジミ

a0071470_1104081.jpg

連日不安定な気象が続いている、気温も暑くなったり寒くなったりとにかく身体に応える・・・・・
定点も緑が濃くなり、夏真っ盛り。
今年は蕎麦の種まきが一月ほど早かったので、花がすでに見頃を過ぎてしまった。
a0071470_1192896.jpg

例年なら秋風が吹き始める頃多くのヒョウモンやタテハ達が集まるのだが、今年はモンキチョウとツバメシジミくらいでまことに寂しい限りだ。
地元が「夏枯れ」してしまったので、懸案だった北信のブナ林を訪ねることにした。ご多分に漏れず此方も蝶は不作のようだ、8時過ぎまでひかりは射すのだが何も飛ばない。ノリウツギの花が咲いていたので、ハナカミキリでもいないかと捜してみた。するとやや大きいカミキリがノリウツギの小枝を後食していた。
a0071470_111569.jpg

どうやら「コブ」のようだ。このあたりの分布から考えると多分コブヤハズカミキリだと思う。

高原のあちら此方は素晴らしいブナの森で頂上付近まで覆われていた。
8時半近くになってやっと何か緑色系のゼフィルスがテリ張りを始めた。
a0071470_1121620.jpg

やや擦れた個体が多かったが、今年まったく撮影できなかった「アイノミドリシジミ」のようだ。
地上3メートル位なのでリモートで撮影する。
a0071470_1124313.jpg
a0071470_113324.jpg
a0071470_113146.jpg
a0071470_1132952.jpg
a0071470_1134658.jpg
a0071470_114027.jpg

ただ太陽光が強すぎるのと、気温が高すぎるためV字くらいにしか開いてくれない。ほぼ全開翅してもクリソの緑色は前翅にしか出てくれなかった。
a0071470_114395.jpg
a0071470_1195014.jpg

無理して角度を変えて全翅光らせても、青っぽくなってしまった。
a0071470_1112481.jpg
いやいやミドリシジミの構造色は本当にイメージ通り写すことが難しいね・・・・
a0071470_1114915.jpg

知らない間に写っていた綺麗なカメムシは多分「ツノアオカメムシ」かなこんなコラボが打つつているとなんだかうれしい気持ちになってしまうね・・・・・
# by kmkurobe | 2016-07-13 11:04 | 生態写真 | Comments(0)

久しぶりに高山蝶でも。

a0071470_16154692.jpg

ここのところとにかく天候に恵まれない。いつもの年なら近場に回りきれないほどの被写体が満ちあふれているはずなのだが、2年続きの大凶作でどうしようもない。やっと出かけられると思ったら、大雨洪水警報とか・・・・・・近くまで行っては見たが、アルプスの上にはべっとりと雲が張り付いているようだ・・・・・雨雲レーダーを見ると100㎞ほど東方は晴れ間が出ている。時刻は7時過ぎ急遽、東信地方へ転進した。案の定長野を過ぎると晴れ間も見えてきた。
9時半にやっとこさ駐車場に着いたが、何とリフトが休業中・・・・・死にものぐるいで斜面を登った。
a0071470_16161044.jpg

噂には聞いていたが、ミヤマシロチョウは少なくてしかも高温のため飛び回るばかり・・・・・・
a0071470_16164280.jpg

時々ハクサンフウロに止まるのを何とか撮影した。
a0071470_16165981.jpg

このままではらちがあかないので一気に山を下って対面に見える山へ移動した。
a0071470_16172473.jpg
a0071470_1617537.jpg
a0071470_1618929.jpg

色々の夏の花が咲く草原の中をたくさんのモンキチョウに混じってミヤマモンキチョウが飛び回っている。綺麗な雄から擦れた雌まで・・・・最盛期のようだ。
この花はネバリノギランという高山の湿気の多い場所に分布するとか。ほとんどこの花で吸蜜していた。
a0071470_16185175.jpg

ここのクロマメノキは樹高が低いのでこんな感じで産卵しているのが観察できた。
a0071470_16192110.jpg
a0071470_1621276.jpg

雌は求愛がうっとうしいと直ぐに潜り込んでしまう。直ぐ上にたくさんのモンキチョウの雄がホバリングしているので、何処に隠れているかは直ぐわかってしまう。
a0071470_16215628.jpg

ミヤマモンキチョウの雌が現れると、なぜか求愛してくるのはモンキチョウの雄ばかり。ミヤマモンキチョウの雄達はなぜか全く関心を示さない。
a0071470_16225098.jpg
a0071470_1623483.jpg
a0071470_16232497.jpg
a0071470_16234184.jpg

このほかにも数カップル求愛行動をしていたが、すべてモンキチョウ♂×ミヤマモンキチョウ♀。
どういうもんだろうね???
a0071470_16202024.jpg

結局暑い昼下がり3時を過ぎても蝶達は活発に活動していた。やはり高山蝶でも種類によって生態がずいぶんと違うようだ。しかし人間は疲れた・・・・・いやホントいい年してバカみたいだね・・・・・
a0071470_16265041.jpg

# by kmkurobe | 2016-07-09 16:27 | 生態写真 | Comments(2)

「里山」のジヨウザンミドリシジミ

a0071470_15325151.jpg

ジョウザンミドリシジミは当地でもっとも普通の緑系のゼフィルスだ。スキー場や沢筋、林道の明るい空間など村内至る所でテリ張りをしている姿が観察できる。今回はまさに「里山」といえる棚田の周囲にも分布していることに気がついた。
a0071470_15421664.jpg
a0071470_15333085.jpg
アサマシジミの分布地を捜して今シーズンはあちら此方を歩いてみた。発生終盤になりコヒョウモンやホシミスジに混じって休耕田のクズの茂みの上でテリを張り、卍飛翔をしているゼフを見つけた。てっきりオオミドリシジミかと思ったがジョウザンミドリシジミだった。
a0071470_15405529.jpg
同じような環境を捜してみるとやはりあちら此方で観察する事ができた。中にはハヤシからかなり離れた棚田の真ん中でも活動している個体を連続して数日間観察できた。山地性のゼフだと思い込んでいたが、エゾミドリやアイノミドリとは少しばかり違うようだ。
a0071470_15335680.jpg
a0071470_15341346.jpg

雌の発生も今年は早かった。
a0071470_1535482.jpg
a0071470_15351635.jpg
a0071470_15354214.jpg

この雌は青い鱗粉が乗った綺麗なO型だ。
a0071470_15362968.jpg

個体数もそれなりに多く低いところでテリを張ってくれるので難易度は低いかな・・・・
a0071470_1537343.jpg
a0071470_15375374.jpg
a0071470_1538895.jpg

リモートでも撮影してみた。
a0071470_15384881.jpg

標高が高い場所ではアルプスを背景に飛んで居る。今年は何とか綺麗な個体で撮影してみたい物だね。
a0071470_15401073.jpg

# by kmkurobe | 2016-07-02 15:42 | 生態写真 | Comments(2)

ゼフ本番 リモートでメスアカミドリシジミ

a0071470_11553573.jpg

先週から近所の発生地に今年もメスアカミドリシジミがテリを張るようになった。
多少のズレはあるが、4-5頭が同じ場所で入れ替わりバトルを繰り返している。
a0071470_11571962.jpg

ちょうどお昼休みの頃が光の具合も良くて、昼食も寄り道のためおにぎりになってしまうことが度々だ。
a0071470_11555432.jpg

日射が強烈な場合は、閉じたまま休止してしまうし、開いたとしてもクリソらしい金緑色が出ず青っぽくなってしまう。
a0071470_1156169.jpg

一番良いのは薄日が時々射して、ほどほどの気温のときが良いかな。もっともそれはすべての蝶にも当てはまる
a0071470_11565674.jpg

4年目を迎えたリモート撮影だが、カメラ性能の向上もあり3メートル以内ならほとんどブレもせずマクロでもそこそこピントが合うようにはなってきた気がする。
a0071470_1155653.jpg


完ピンの雄は発生後数日しか撮影できないので、本日もがんばりましょう・・・・・
a0071470_11544177.jpg

# by kmkurobe | 2016-06-20 11:49 | 生態写真 | Comments(2)

雨を避けて南へ

a0071470_20152137.jpg

日本海側が不安定な予報だったので南下した。
かろうじてアルプスは何とか見えていた。
さすがに標高が低い分ゼフィルスたちも各種顔を見せてくれる。
ただアカシジミ、ウラゴマダラシジミなどはひどく痛んだ個体ばかり。
やつと1頭だけきれいなアカシジミを見つけた。
a0071470_20174845.jpg

かなり気温が高いのにほとんど蝶が飛ばない。やはり雨が近いせいなのだろう。
散々探し回って、ふと見るとくずの葉の上にウラキンシジミが止まっていた。
a0071470_20212612.jpg

雌の翅裏は本当にきれいな小判色をしていた。傷ひとつない・・・・・
よく見ると数頭の雌が葉陰で休止していた。
まずは70-300Gで。
a0071470_20224068.jpg
a0071470_2022514.jpg
a0071470_2023348.jpg
a0071470_20232156.jpg

ほとんど動かないので、マクロ、広角とがんばって撮影。
a0071470_20242182.jpg
a0071470_20243358.jpg
a0071470_20245356.jpg
a0071470_2025356.jpg

羽化直後のスジボソヤマキチョうが木陰に止まっていた。まだ翅が柔らかい。
a0071470_2026224.jpg

生暖かい風が吹いてきたので早々に撤収。帰路あちらこちらでロケハンする。タテハ類各種の羽化が始まっていた。まず目に付いたのはホシミスジ。
a0071470_20304664.jpg

ウラギンヒョウモンはジャコウソウで吸蜜。
a0071470_20283116.jpg

ミドリヒョウモンはハルジョオンで。
a0071470_20291345.jpg

夕方地元のたんぼの周囲にはコヒョウモンがたくさん羽化を始めていた。
a0071470_20301321.jpg

いよいよ本番スタートだね。
a0071470_2032458.jpg

# by kmkurobe | 2016-06-17 20:32 | 生態写真 | Comments(2)