寒い彼岸の入り

18日は雪がちらつく寒い日になった。ヒメギフチョウの発生地を覗くとここ数日で随分雪が溶けて、ウスバサイシンの群落があるあたりは、地表が緑がかって見えている。さすがに越冬タテハは飛んでいなかったが、ここに限っては例年通りの発生になるかもしれない。

昨年は4月5日に発生。
a0071470_2041319.jpg
同日日本海沿いではギフチョウが発生していた。昨年、一足年に続いて今年もなんとか1日両初撮りといきたいものである。
a0071470_20392489.jpg

村内を移動するとあちらこちらに福寿草が咲いていた。
a0071470_20385732.jpg
a0071470_2039719.jpg


茅葺きの古民家の軒先にはつららが下がっているが、石垣周りは緑が萌えてきていた。
a0071470_20394611.jpg


ミドリシジミの発生地にはザゼンソウの群落がある。
a0071470_2040871.jpg
ちょっと早いかなと思っていたが、あちらこちらで顔を出していた。
a0071470_2040253.jpg

湧水わきの天然のクレソンが美しく、いよいよ春はそこまで来ているようだ。
a0071470_20404040.jpg

駅裏からのアルプスはまったく見えなかったが、田んぼの雪が随分溶けて、畦が見えるようになっていた。スキー場はまだまだいけそうだ。今週から春料金でお値打ちとか。最後の一滑りに出かけようかな・・・・・うーん週末の天気はいまいちのようだね・・・・・・
by kmkurobe | 2010-03-20 20:40 | 安曇野 | Comments(4)
Commented by himeoo27 at 2010-03-20 21:11
ヒメギフチョウは卵、幼虫以外まだ見たことがないので
今年はぜひ見てみたいです。
その折は、ご指導よろしくお願いします。
Commented by chochoensis at 2010-03-22 19:26 x
kmkurobeさん、もう=ヒメギフチョウ=のシーズンなのですね・・・春もすぐだし楽しくなってきました・・・。
Commented by kmkurobe at 2010-03-23 21:14
himeoo27さん今年は発生が遅れそうです。GWでも新鮮な個体が飛んでいると思われます。
Commented by kmkurobe at 2010-03-23 21:16
chochoensis さんお久しぶりでするここへ来てまた寒さが戻ってきました。ブログ仲間のギフチョウ初撮り記事を拝見するにつけ、雪国に住んでいることが、ちょっぴり悔しいこのごろですね。
<< CANON「G11」 寒の戻り >>