つかの間の晴れ間に-ヒメギフチョウ

今朝も曇りがちな空模様だった。犬の散歩をすませ、のんびりコーヒーを飲んでいると、雲が切れて窓際に朝日が差し込んできた。

急いで天気予報を見るが、晴れマークは12時~15時の1個だけ・・・・・
それでも一応、撮影の準備をして出勤した。

お昼近くになり、高曇り程度にはなってきたので、先に食事を済ませて小山を目指す。
a0071470_1844692.jpg

1時近くなり随分明るくはなったのだが、アルプスはこんな感じだ。五竜菱も霞んで見え隠れしている。


発生地に続く登山道を登り始めると、あちらこちらでヒメギフチョウ飛び回っていた。10日から始まったシーズンではもっともたくさん観察できた。
a0071470_1851551.jpg
やや擦れた雄に新鮮な雌が混じっている、ほぼここの小さな発生地では最盛期だと思われる。6-7頭が確認できた。

a0071470_1855788.jpg
それにしても今年は桜をはじめスミレの開花が遅れている。昨年は満開だった桜が蕾もほとんど膨らんでいない。
こんな遅い開花はここ何年も経験がない
a0071470_1853688.jpg

オオイヌノフグリもほとんど咲いていないため、枯れ草に潜るようにしてスミレで吸蜜をしていた。

昨年は産卵も観察できたのだが、ウスバサイシンはまったく芽吹いてはいなかった。

30分ほどの時間でほとんどチャンスがなかったが、今年もたくさんのヒメギフチョウがこの小さな発生地で健在だったのは嬉しい限りである。
a0071470_1861881.jpg

来週になって満開の桜の中、アルプスを背景に飛ぶ姿をぜひ見に来よう。
帰りがけに発生地を見上げると、まだまだこんなに残雪が・・・・・
a0071470_186379.jpg

明日からはまたまた冷たい雨の予報。
うーんこのうっとうしい気候はいつまで続くのだろう・・・・・
by kmkurobe | 2010-04-21 18:07 | | Comments(6)
Commented by ヘムレン at 2010-04-21 20:31 x
ヒメギフ・・でましたか。
サイシンもほとんど出ていない状態で羽化してしまって大丈夫なのでしょうかね。
来年の発生数に影響しなければいいのですが・・・。
また明日は寒いみたいですね。今年は想像がつきません(**)
Commented at 2010-04-21 21:16
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 霧島緑 at 2010-04-21 22:47 x
つかの間の晴れ間に・・・空模様を伺いならが出掛けて行って、ヒメギフ撮影できるところが何ともうらやましいですね。
ヒメギフ発生と吸蜜植物の開花時期が遅れていたり、食草の芽吹きの遅れなど、この不安定な天候が連休までずれ込まなければいいですね。
越中・越後遠征の成果も十分拝見させていただきました。安曇野はルードルフィアめぐりの拠点としても恵まれていますね。
Commented by kmkurobe at 2010-04-22 11:05
ヘムレン さん10日が初見でした。今年は4-5日遅れでした。昨年は桜満開での最盛期でしたが、今年は随分花が贈れているのでいい吸蜜写真がなかなか撮影できません。
Commented by kmkurobe at 2010-04-22 11:05
**さん了解いたしました。
Commented by kmkurobe at 2010-04-22 11:07
霧島緑さん、それでも今年はなかなかうまくいかなくて、やっと2回目の撮影になりました。なにせお休みは晴れてもずっと低温で全く飛ばない日ばかりでした。連休はカタクリ吸蜜撮影にはかえっていいかもしれませんね。毎年最盛期は平地のカタクリは傷んでいますから。
<< 小雪舞う中に飛ぶヒメギフチョウ 越中・越後 神風ギフツアー(2... >>