季節はスピードアップ-ヒメシジミの交尾

今日も快晴。ただしここ数日どんどんと湿度が上がってきた。梅雨入り間近を感じさせる。
昨日真昼の強い光でしか撮影できなかったので、朝すこしだけヒメシジミの発生地に寄ってみた。
綺麗なダイミョウセセリが飛んでいた。外縁の白い縁毛が残って美しいね。
a0071470_11161210.jpg

盛んに吸蜜している。
a0071470_1117996.jpg
この個体は後翅にもやや斑紋が出ているようだ。

一日で随分個体数が増えたと思っていたら、雌も発生していた。
羽化直後と思われる雌に、求愛-交尾が圧という間に成立していた。ラッキーであるる
a0071470_11185534.jpg
a0071470_1119736.jpg
a0071470_11192253.jpg

朝から光線が強くて、うまく表現ができない。ストロボ、光量補正いろいろとやってみたが、時間も無かったのでこんなところで時間切れ・・・・・
先日のミヤマシジミの交尾も並べてみた。
a0071470_11213319.jpg
a0071470_11214387.jpg

うーんよく見てもなかなか識別できるもんじゃないね・・・・・・

最後に毎年恒例の「本日のオレンジ」
a0071470_1123131.jpg

やや日陰になっているところでα-700&SONY 70-300G 300㎜で撮影。
これは飛びつかれて休止しているようだ。うまく背景がぼけてオレンジが良い色に出てくれた。
 
by kmkurobe | 2010-06-12 11:25 | 生態写真 | Comments(8)
Commented by clossiana at 2010-06-12 12:52
よーく見るとヒメシジミの方も雌の後翅裏面の外縁に青色班が出ていますね。こうなるとちょっと見ただけではミヤマシジミと区別が出来ませんね。唯、幸いにして私の知っている場所では両種が混生しているところはありませんので悩まなくてすみます。
Commented by himeoo27 at 2010-06-12 20:39
ダイミョウセセリの後翅の紋は西日本固有のものかな?と思っていたら信州でも若干その気があるのですね!私も傷んだ個体ながら本日やっと裏面の撮影に成功いたしました。
Commented by maeda at 2010-06-13 18:27 x
もうヒメシジミが出ているのですね。
こちらではまだまだ先のようです。
やっぱり7月ではないかと思っています。
Commented by ヘムレン at 2010-06-13 19:43 x
ヒメシジミ・・・「高原の夏!」のイメージぴったりですね(^^)
ブルーの御三家はやっぱり風景に溶け込ませた広角が似合いますね。素晴らしいです。
Commented by kmkurobe at 2010-06-13 20:11
clossianaさんこちらでもうまく住み分けていますね。やはり少しでも湿度が高くて、風通しが悪いとミヤマシジミはいないようです。
Commented by kmkurobe at 2010-06-13 20:12
himeoo27さんなかなかきれいな個体を撮影できないものですね。私も今回初めてこんなのもいるんだと思いましたね。
Commented by kmkurobe at 2010-06-13 20:14
maedaさんこちらはだいたい6月初めから、1500を越えると屋月20日過ぎの発生になります。
Commented by kmkurobe at 2010-06-13 20:15
ヘムレンさん昨日今日とアサマシジミの幼虫を観察できたので、今年も今月終わりにはそろい踏みが見られそうです。
ミヤマシジミは擦れているかもしれませんがね。
<< 神風遠征決行する・・・・・ 季節は進む-ヒメシジミ初見 >>