神風遠征決行する・・・・・

昨日は本当に暑かった。
a0071470_1938244.jpg

週明けは梅雨入り間近の雨とか・・・・
夕方ヒメシジミのお宿を探しに行った。
昼間は広範囲に散らばっていても、朝夕はかたまって休んでいるようだ。
a0071470_19433828.jpg

写真ではうまく表現できなかったが、1平米に15頭くらいはいるようだ。
これを撮影したのは6時近く、ほんのわずかな夕陽の中<開翅していた。ブルー系の雌には時々見られるように思う。
a0071470_194265.jpg

ほぼ真っ暗になっても、開翅している個体がいた。
a0071470_19425113.jpg

暗くてピントもうまく合わないね・・・・・
今朝は曇り空、しかし気温は高く8時過ぎでもなかなか止まらない。
なんとか開翅が撮影できた。
a0071470_19453679.jpg

やはりブルーには曇り空が似合うね。

さてこの時まで実はずーっと悩んでいた。昨日聞いたブログ仲間の成果を聞くにつけ、天気も怪しくなるばっかりだし・・・・・脚もイマイチだし・・・・・同行者は・・・・・・

結局9時過ぎて南に向かって走り出した。長野県をほぼ縦断、片道200キロの強行スケジュールだ。

現地にいられるのは約2時間半程度。昨年撮影できたのでいささかの気軽さもあったが・・・・・
高速を降りてからは今にも降り出しそうで、よほど引き返そうかと・・・・・現地に近づくと意外にも明るくなって来るではないか。

「谷底」につくとブログ仲間の方々の車が。ホッとしていたら、なにやら皆さんがカメラをウツギの花へ向けている。なんとたった今発見したとのこと・・・・
あわててカメラを持ち出して撮影。暗くて被写体ブレもあり、これがやっとだった。
a0071470_19524912.jpg
a0071470_1953056.jpg

それでも証拠写真なりともゲットできたので本当にホッとした。
今年初ゼフはウラゴマダラシジミ。昨年は傷んだ個体が多かったが、今年はまだまだ綺麗だ。
a0071470_19544120.jpg
a0071470_19544990.jpg

結局2時過ぎまでどっきりさせるのは、こいつらやセセリばっかり。帰り支度をしていたら、SE氏が「いるよ・・・・」
20カットほど撮影できたが、綺麗な雌でしかもこのあたり特有の斑紋をしている。
昨年撮影できたのはノーマルタイプだったので、これは嬉しかった。
距離は近かったが、手持ちでISO800でも1/160がやっと。-1/2補正でストロボを使ってみた。
多少のブレは仕方がないが、それなりに撮影できたので本当にうれしかったね。
a0071470_2001085.jpg
a0071470_2002352.jpg

飛び立つ寸前に本当に良い位置へ移動してくれた。
a0071470_2045113.jpg

飛び立った瞬間が写ったので、どきどきしながらレタッチ。残念ながら裏面。
a0071470_2054215.jpg

いやいやほんとうに今回はホント、「えーとこ撮り」・・・・・ブログ仲間のみなさんほんとうにありがとうございました。
by kmkurobe | 2010-06-13 20:06 | | Comments(16)
Commented by 蝶山人 at 2010-06-13 20:18 x
素晴らしいですね。
まだ見ぬ蝶なので本当に羨ましいです。
白紋の発達具合も目を見張ります。
Commented by ヘムレン at 2010-06-13 20:39 x
今日も楽しい集まりになったようですね。
怪しい天気の中、綺麗に撮られてさすがです!。。
ウラゴマダラも訪花していたのですね。素晴らしいです。
昨日は飛びまわっている個体しか見られませんでした。
Commented by banyan10 at 2010-06-13 21:40
同じ♀のようですね。本当に別嬪さんで素晴らしいモデルです。
天気が心配でしたが、姿を見せてくれて良かったです。
今日も何人か集まって楽しい撮影だったのでしょうね。
Commented by thecla at 2010-06-13 22:27 x
白紋が流れた別嬪さんのモデルですね。
ちょっと体調を崩し西にもいけなかったので来年こそは撮影したいものです。
Commented by ダンダラ at 2010-06-14 14:38 x
お疲れ様でした。
足の具合が良くなさそうですが、この成果ですこしゆっくり休まれてはいかがですか。
ベニモンの飛翔は素晴らしいですね。
帰りの車の中で虫林さんと、飛翔が撮れたそうだけど赤紋はどうだったのかなと話をしていました。
真っ黒だったというので、エーそれだとカラスシジミなのかなー、なんて話をしていたんですが、裏面だったんですね。
Commented by chochoensis at 2010-06-14 15:06 x
未だ見たことが無いので釘づけになりました・・・素晴らしいですね。それにしても、片道200キロとは凄いです・・・。撮影できて良かったですね。
Commented by kmkurobe at 2010-06-14 15:39
蝶山人さん、恥ずかしながら皆さんに教えられるまでわかりませんでした。ストロボを炊いたせいか良い感じに白い部分が光りましたね。
Commented by kmkurobe at 2010-06-14 15:40
ヘムレンさん今回はほんとうに皆さんに見つけて頂いて助かりました。
あそこは風が強く暗いので、どうしても被写体ブレがしてしまい撮影が困難ですね。
Commented by kmkurobe at 2010-06-14 15:41
banyan10さん昨年は決行低い位置まで降りてきたのですが、今年は300㎜でやっとという感じでした。でもこの斑紋異常は綺麗だったですね。
Commented by kmkurobe at 2010-06-14 15:42
theclaさん本当に残念でしたね。お体大事になさって下さい。ゼフの季節にまたお会いできるのを楽しみにしています。
Commented by kmkurobe at 2010-06-14 15:45
ダンダラ さんありがとうございます。10日にやってしまったので、まだまだですが、日に日に良くなっているような気がします。
最近のデジカメは本当に素晴らしいですね。まだまだ可能性があることを実感しました。
ご心配頂いてますが、少しおとなしくしようかしと思っていますよ。
うーんでも今日もお昼にでかけてしまいましたが・・・・
Commented by kmkurobe at 2010-06-14 15:47
chochoensisさんやはり撮影仲間みなさんの協力があってこそ、この成果があったと思います。たった一人だったらほんとうに生きたくない場所だと思います。・・・・・閉所恐怖症気味かな?
Commented by himeoo27 at 2010-06-14 19:47
最後の飛翔写真良い感じですね!
バッチリのタイミングで撮影出来て本当に良かったです。

へそ曲がりのヒメオオとしては「ウラゴマダラシジミ」のほんの少し表翅が見えている吸蜜シーンが一番好きです。
Commented by cactuss at 2010-06-14 20:05
この個体、日曜日も吸蜜に来てくれたんですね。
きれいな個体だなと思いながら、撮影していましたが、kenkenさんに白紋流れというのを教わって、初めてわかりました。
でも、1日に1回しか吸蜜に来ないし、目立たない蝶なので、習性がわからないとなかなか見付からないでしょうね。
Commented by kmkurobe at 2010-06-15 11:12
himeoo27さん飛翔はまったく偶然の産物です。そこそこいれば誰かがバスト連射で翅表を狙ったかもしれませんが、とにかく少ないですから。
ウラゴは透過光で透けて見えるのがすきですね。
Commented by kmkurobe at 2010-06-15 11:15
cactussさんやはり一人でいっても撮影できるかどうかわかりませんね。吸蜜にしても10分少々で梢にあがってしまうことばかりです。
前回と会わせても合計3回。ほんとうに撮影困難な種類ですね。
きっと近くにもう少し撮影しやすいポイントがあると思うのですがね。
やはりここからでも片道200キロはしんどいですね。
<< 柔らかな雨に包まれて。 季節はスピードアップ-ヒメシジ... >>