柔らかな雨に包まれて。

昨晩から久し振りの雨降りとなった。梅雨入り間近の本当に柔らかな雨だ。
ひどく乾燥していた周囲も、やっと息を吹き返したように感じられる。
懸案になっていたアサマシジミの発生地もいくつか覗いてみた。
2日ほど前、終齢間近の幼虫がナンテンハギで観察できたので、今回は実績のあるエビラフジの群落を訪ねてみた。本来そろそろ出るはずの広い草原にある発生地はまるで草丈が低い。どうやら残雪の影響が大きかったようだ。
林の中にぽつんとできた日だまりのような小群落。ここは日差しが良いせいか、もうエビラフジが花を付けていた。いたいた。
a0071470_15204820.jpg

たくさんのアリを引き連れて、アサマシジミの終齢が摂食していた。
一安心である。なにせここは毎年10個体以下の発生数。何とか今年も姿が見られそうだ。

お昼休みも20度以下の気温、多少風はあったが、ヒメシジミの開翅狙いで近くの川原へ。
a0071470_1524610.jpg
a0071470_15241773.jpg
a0071470_15242772.jpg

雨の日には本当にブルーが美しい。
ほぼ最盛期のようで、雄には縁毛が欠けた個体も見かけられた。
ヒメシジミのチャームポイントはここ。なんとかうまく表現したいのだが、どうしても飛んでしまう。
適温だったようで、吸蜜、求愛、静止といろいろなポーズをとってくれた。
a0071470_15263666.jpg
a0071470_15264622.jpg
a0071470_15265690.jpg

ヒメシジミ自体も15年前に比べると発生地が随分狭くなった気がする。あまり環境が変わってはいないのだが・・・・・

さて本日のオレンジはスミレ級蜜から。本来ここの発生地はブッシュに隠れてしまって、なかなかスミレでの吸蜜シーンが撮影困難だったのだが、今年は残雪の影響かスミレの株によく止まってくれた。
しかし頭が隠れてしまったりして、なかなかうまくいかないし、花に厚みがあるのでハタザオに比べて、ピントが合わせにくい。
a0071470_15321618.jpg
a0071470_15322927.jpg

比較的珍しい位置からのシーンを選んでみた。
by kmkurobe | 2010-06-14 15:33 | | Comments(4)
Commented by ヘムレン at 2010-06-14 19:13 x
ヒメシジミ・・・いい色出てますね(^^)。。
アサマシジミも健在でよかったです。
今年の夏も楽しませてくれそうですね(^^)
Commented by himeoo27 at 2010-06-14 20:53
メタリックブルーに輝きにより、一番下のヒメシジミの1/4開翅の写真が一番好きです。
Commented by kmkurobe at 2010-06-15 11:17
ヘムレンさんいよいよですね。今のところ他のチョウも遅れています。そろそろフタスジやクモガタが出てくるはずなんですが。
次のお休みは端境なのでどうしようかと思っています。
Commented by kmkurobe at 2010-06-15 11:19
himeoo27さん私もこの角度大好きなのですが、逆光になると、翅裏が暗くなってなかなかきれいに費用減できません。
やはりブルーは雨の日に限ります。
<< 新兵器導入-リコー GXR レ... 神風遠征決行する・・・・・ >>