端境期-クモガタヒョウモン

17日は本当に暑くて、真夏以上の陽気になってしまった。
a0071470_1523593.jpg
この時期の地元はちょうど端境。めぼしいものはほとんど飛んでいない。
午前中はアサマシジミ発生地の観察。午後南下して安曇野を一回りしてみた。

日本海の近くでは、モンキアゲハがたくさん飛んでいた。しかし気温が高いせいかまったく止まらなかったね・・・・・うーんやはりアゲハ類も、晴れすぎはだめなようだね。

クモガタヒョウモンは梅雨入り初期の短い間と、夏眠明けに見られるだけで個体数も少ない。
この日に訪ねたのは、夏場ゼフの撮影に出かける高原。
たまたま通りかかったら、牧草地の周囲にたくさんのヒョウモンが飛んでいた。
ウラギンヒョウモンかなと思ったら、これが全てクモガタヒョウモンの雄。
高原のミドリヒョウモンのように、あちこちでヒメジョオンで吸蜜していた。
風が強いので、どうしても被写体ブレしてしまう。
a0071470_15214768.jpg
a0071470_1522571.jpg

もちろんGRXでも色々とテストしてみた。
a0071470_15231425.jpg
a0071470_15232740.jpg
a0071470_15233930.jpg

一画面になるべくたくさんと思ったけど、300㎜で撮影していたら、動きのある絵が撮れたので満足。
a0071470_1526087.jpg
a0071470_15261092.jpg
a0071470_15262863.jpg

ギンイチモンジセセリとアサマイチモンジは本年初見。
a0071470_15273054.jpg

a0071470_1533090.jpg

昨夜は久々に強烈な雨が降った。まだまだ畑は乾燥しているとか。
今年はやはり天候不順。うーん待ちくたびれたね。
by kmkurobe | 2010-06-19 15:34 | | Comments(12)
Commented by cactuss at 2010-06-19 18:18
クモガタヒョウモンの新鮮個体は夏眠に入るまでの短い期間しか撮影できないので、なかなかチャンスがないですね。
たくさんいるとの事で、やはり信州ですね。
Commented by thecla at 2010-06-19 18:26 x
白馬・安曇野も端境期入りですか。それでもクモガタヒョウモンがこれだけいれば楽しめますね。
クモガタは近間でも見られるのですが、数が少なく良い写真が撮れない典型です。
GXRは、私も検討したのですが、中々良さそうですね。
Commented by ヘムレン at 2010-06-19 19:30 x
クモガタヒョウモンも、やはり高原が似合いますね(^^)
信州らしいいい絵になっています(^^)
新機種・・・よさげじゃないですか(^^)。。
Commented by himeoo27 at 2010-06-19 20:21
3頭のクモガタヒョウモンがヒメジオンの花の回りを舞う写真とっても良いですね!
端境期でもこれらの蝶がいるとは信州の自然は、豊かだなあと思いました。
Commented by chochoensis at 2010-06-19 22:07 x
kmkurobeさん、=クモガタヒョウモン=の飛翔・・・素敵ですね。自宅近くのフィールドでは今年は、夏眠前は外してしまいました・・・。とても綺麗に撮影されているので、羨ましいです!
Commented by ダンダラ at 2010-06-19 22:31 x
GRXの3枚目、広々とした空気感が実に良いですね。
クモガタヒョウモンはこちらの平地では撮影できませんでしたが、白馬での夏眠期間はやはり短いんでしょうか。
Commented by kmkurobe at 2010-06-20 19:44
cactussさんそうなんですよ。地元では一個所で複数見られるのはほとんどないのですが、ここは以前ご一緒ことのある高原です。
ただゼフの発生地とは離れていますが、定期的に草が刈られているのが、好影響となっているのでしょうね。
雌も期待してもう一度出掛けてみようとおもっています。
Commented by kmkurobe at 2010-06-20 19:46
theclaさんクモガタここの辺りは割合多いようです。キマダラモドキの発生地あたりも沢山居ます。
GXRはなかなかいいですよ。ただ高感度撮影はやはり厳しいですね。
使い回しが効くので、蝶の撮影にはオールラウンドで使えます。
Commented by kmkurobe at 2010-06-20 19:47
ヘムレンさんあの大モミジの近くなのですよ。綺麗に草が刈られているので、スミレの生育にいいのではないでしょうか。
Commented by kmkurobe at 2010-06-20 19:48
himeoo27さんこの辺りは標高が1000メートル、地元は700メートル。ほんとうに蝶の発生にはいろいろの滋養県が関係しているようです。そろそろこちらも色々と発生を始めたようです。
Commented by kmkurobe at 2010-06-20 19:49
chochoensis さん夏眠前のクモガタは独特の翅裏が綺麗ですね。
雌の時期にもう一度訪れてみようと思ってます。
できたら交尾も期待しているのですが。
Commented by kmkurobe at 2010-06-20 19:51
ダンダラさん平地とあまり変わりません。アサギマダラが集まるようになると、あちらこちらで飛び始めます。この蝶は夏眠明けでも意外に損傷が少ない個体が多いようですね。
<< いきなりのシーズンイン-速報 新兵器導入-リコー GXR レ... >>