いきなりのシーズンイン-速報

やたら暑いがそこそこの天気になった。
懸案のアサマシジミの発生地巡りをすることにした。ブログ仲間にヒントをいただいていた場所や以前から目を付けていた場所など、本日は4個所廻った。やはり新地探索は楽しいね。

地元では終齢を観察。隣村は標高が高いのでまだまだと思っていたら、なんと成虫がいた。
こんなの本当に最高!!
新しい発生地でいきなり撮影できるなんてこんなうれしいことはないね。
随分沢山撮影したけど、とりあえず触りを数枚。
a0071470_2084521.jpg
a0071470_19565424.jpg

この半開翅している個体は標高がそこそこ高い発生地。エビラフジを食べていた。
a0071470_1958119.jpg

今日はG11が活躍してくれた。バリアングルモニターはこんな時、強い見方だ。
a0071470_19591171.jpg
a0071470_19592214.jpg
a0071470_1959349.jpg

軽くストロボを焚いてみた。逆光だとこれぐらいがいいかな・・・・・
さてせっかくなので他のブルー2種も。
まずはヒメシジミ。
a0071470_2005784.jpg

ミヤマシジミもなんとかそこそこの個体を見付けた。
a0071470_2014053.jpg

他にも色々と初見の蝶が撮影できた。
a0071470_2022259.jpg

このコヒョウモン、G11で近づいてみた。
a0071470_2033074.jpg

やっと確認できたフタスジチョウ。極端に個体数が少ない。この個体1頭だけ・・・・・心配だ。
アサマシジミも発生を始めたが、まだ背景に綺麗なウスバシロチョウが飛んでいた。
うーん今年は本当によめないシーズン・インになってしまった。
本来ならそろそろメスアカミドリシジミかウラゴマダラシジミが期待できるのだけど。
さてボツボツと頑張りましょう。
by kmkurobe | 2010-06-20 20:07 | 生態写真 | Comments(18)
Commented by tyokyojin at 2010-06-20 20:37
標高の高いアサマ・・・・シロウマに近いのですか?
是非、撮りに行きたい~!
私も、楽しませてもらいました。でも、疲れた~!
Commented by 蝶山人 at 2010-06-20 21:00 x
山梨のアサマ♂適期
でもこんなに青くありませんでした。
Commented by chochoensis at 2010-06-20 22:42 x
kmkurobeさん、もう、「アサマシジミ」が発生しているんですか・・・案内していただいたあの時の感激・・・今でも忘れません。とても感謝しています、この写真を見たら当時の感激を思い出してしまいました。
Commented by kenken at 2010-06-20 23:03 x
アサマにフタスジ、えぇなぁ~まだ、きちんと撮っていない種です。
いずれ撮りに伺わねば・・・しかし、このシーズン、行きたい場所が多すぎて困りますね。
Commented by yoda-1 at 2010-06-21 12:52
アサマシジミとフタスジは、まだ見たこともありません。
一気にいろりろな蝶をみさせてもらって、興奮しまくりです。
特に、アサマ+カメラの画像は撮影者と蝶の交流を示すようで、
微笑ましい感じがしました。
Commented by hirax2 at 2010-06-21 13:35
アサマのブルーにミヤマのブルー素晴らしく良い色してますね。
コヒョウモンのアングルも大好きです。
初めての場所で目的達成の感激、伝わってきました。
Commented by ダンダラ at 2010-06-21 16:06 x
新しい産地の探索って、なかなか出来ません。
それだけでもすごいなと思うのですが、いずれも良い雰囲気の写真ばかりですね。
そちらも蝶のシーズン本番と言う感じですね。
Commented by ナーリー at 2010-06-21 16:54 x
初めてコチラでのシジミを見た時、ヒメなのかアサマなのか
ミヤマなのか…さっぱり分かりませんでした。
今でもまだまだ判別が難しいのですが^^;
真正面でも撮らせてくれる子は嬉しいですね♪
Commented by kmkurobe at 2010-06-21 18:55
tyokyojinさん私の記憶にあるシロウマシジミとはいささか違うようですね。ここは違う名前で呼ばれていたアサマシジミのポイントです。
戸隠のように高くはありません。
Commented by kmkurobe at 2010-06-21 18:55
蝶山人さんきっとかなり青い個体見つかると思います。多少道が怖いけどしばらく楽しみです。ご期待くださいね。
Commented by kmkurobe at 2010-06-21 18:57
chochoensis さん全開撮影されたアサマシジミはナンテンハギを食べているので、エビラフジに比べると発生が遅くなります。
ここのよりもやや大型で青い部分が少ないような気がします。
Commented by kmkurobe at 2010-06-21 18:59
kenkenさんえーでしょう。そちらのキマルリのようなもので、通勤路を変えると意外な発見があるのですよ。機会があれば是非おいで下さい。
フタスジはもうじき多産地の発生期なので覗いてきます。
Commented by kmkurobe at 2010-06-21 19:00
yoda-1さん青いシジミは結構汗を吸いに来ますね。振り払ってもまとわりついて変な感じです。
Commented by kmkurobe at 2010-06-21 19:01
hirax2さん3種それぞれ独特の風合いがありますね。
私はアサマシジミのややくすんだ青が大好きなので、ずっと追いかけています。
Commented by kmkurobe at 2010-06-21 19:02
ダンダラさんやはり近くに発生地があったればこそです。
こちらではスミナガシもナガサキアゲハも高嶺の花です。
本当にここへ来て一気の発生になったようですね。
Commented by kmkurobe at 2010-06-21 19:04
ナーリーさん雄はともかく、雌は本当に判別不能ですね。
それでも発生地や時期でなんとか判断しています。
気温がやや低く、湿度が高いときはけっこうのんびりしていて撮影させてくれますよ。
Commented by himeoo27 at 2010-06-22 21:35
下から2番目の「コヒョウモン」の表情面白いです!
何とかこのようなシーン撮影出来たら良いのですが。
Commented by kmkurobe at 2010-06-23 10:28
himeoo27さん私正面からの開翅すきなのでこのポーズはよく撮影しています。これはバリアングルモニターで下から覗かないと無理ですね。
<< アサマシジミの発生環境 端境期-クモガタヒョウモン >>