号外-ゼフィルス、シーズン・イン

昨晩から当地域は大雨洪水警報、雨音は激しく、近くの水路もすさまじい音をたてて流れていた。
朝8時を過ぎると小雨程度に回復し、時々日差しも見られるようになった。
昼休みにいつもの場所を覗いてみる、そろそろメスアカミドリシジミもしくはウラゴマダラシジミがシーズン・インを告げてくれるはずだ。
a0071470_15134163.jpg

林の中にはいると、なにやら白っぽいゼフが飛び出した。ウラクロシジミかとどっきりしたが、ここは順当にゼフ第1号はウラゴマダラシジミ。
a0071470_1575144.jpg
ここ数年の初見は2007年は6月26日メスアカミドリ、2008年は6月21日ウラゴ、2009年は6月24日2種同時となっている。まあそれなりに季節は追いついてきたのだろう。
毎年メスアカミドリシジミがテリを張っている場所を覗くといたいた。
a0071470_1585820.jpg

個体数がまだ少ないので、なかなか下の方へは降りてきてくれない。
a0071470_1595013.jpg

ハチが近くを飛んだのでやっと羽を立ててくれてた。
a0071470_1510586.jpg

しばらく粘ったがV字開翅してくれるのはほんの一瞬だけ・・・・・・
仕方がないので、シバキ棒で刺激しておいて撮影。
a0071470_15121735.jpg
a0071470_15122493.jpg

緑色はチラリとしか見えなかったが・・・・・いいねぇ・・・・・・
やっぱりゼフはいいねぇ・・・・・・
by kmkurobe | 2010-06-28 15:13 | 生態写真 | Comments(12)
Commented by ヘムレン at 2010-06-28 20:37 x
メスアカも出ましたか!(^^)。。
ほぼ例年に戻ったかな。。例の場所のアイノは早く、今頃が出始めなので、期待できるかもしれませんね。
いよいよゼフのシーズンインですか。。楽しみです(^^)
Commented by himeoo27 at 2010-06-28 21:41
下2枚の半開翅、前方からの表翅の輝きとても素晴らしいですね!ウットリ眺めてしまいました。
Commented by 蝶山人 at 2010-06-28 22:36 x
飛んで行きたいです。
Commented by hirax2 at 2010-06-28 22:48
一枚目メスアカミドリの開翅テリ張りの下からスケスケアングル かっこいいですね!
また鮮烈な輝きのチラリズムもたまりません。^^;
これからも刺激の強いの 楽しみにしてます!
Commented by yoda-1 at 2010-06-29 12:36
メスアカは昼に活動するので、いる場所ではよく目立ちますようね。
でもこのように間近で撮影したことないので、うらやましいです。
埼玉ではたぶん終わりになっているウラガマダラが当地ではこれからなのですね。
やはり、信州はいい場所です。
Commented by ナーリー at 2010-06-29 15:24 x
いよいよですね!
信州では会った事がないゼフ、今年こそはと思っているのですが
気持ちばかりで難しいですね~^^;
チラッと見せるキラキラの表翅、少しでも大満足です♪
Commented by kmkurobe at 2010-06-29 16:28
ヘムレンさんどうもです。例の場所のアイノ、今年も間伐作業が行われていまいち不安定な環境です。ハッチョウトンボのいる湿地近くの山の方がいいかもしれません。
Commented by kmkurobe at 2010-06-29 16:29
himeoo27さんやはりゼフは斜め前方から光が当たっているのを順光で撮影したいですね。同じ種類でも随分感じが違って写ってしまいます。あまり強い光も良くないような気がしますね。
Commented by kmkurobe at 2010-06-29 16:30
蝶山人さん飛んできて下さい。御損はさせませんよ・・・・・
Commented by kmkurobe at 2010-06-29 16:31
hirax2さんこのすけすけ写真、残念ながらテリ位置が高いのでこれしか撮れないのです。年に数回はチャンスが巡ってくるので、こつこつと通うしかないと思っています。
Commented by kmkurobe at 2010-06-29 16:33
yoda-1さん多分一番活動時間か゛長いゼフではないでしようか。こちらは来月半ばの、ミドリシジミとオナガシジミでシーズン終了。短期集中なので忙しいですね。
Commented by kmkurobe at 2010-06-29 16:34
ナーリーさん安曇野周辺の雑木林ならほぼどこでも観察する事ができますよ。標高が高いところなら、7月末でもきれいな個体が飛んでいます。
<< 久々の再会-ゴイシシジミ 初見続々-タテハ類 >>