暑い-蝶もお昼寝

天気予報に寄れば、お昼頃に晴れ間が見えるとのこと。
今年もメスアカミドリシジミの開翅を撮影しようと、朝方撮影地を整備した。ノコギリと剪定ばさみで小枝を払い、垂木と番線で脚立をセット。一応、ひとたたきしてみたが、何にも飛び出さなかった・・・・・
このあたりに、この数年住み着いているキジ一族の末裔だろう。
a0071470_15571061.jpg

改めて、写真にしてみると本当に綺麗な鳥だね。

予報に反して気温はどんどんと上がり、年に何回も使用しないエアコンを使うこととなった。
外へ出たら、灼熱の太陽がギラギラ・・・・・・
張り切って撮影地へ出かけたものの、こりゃ暑すぎてだめだ、蝶がみな木陰で休止している。
お目当てのメスアカミドリシジミはまったくテリを張らず、すぐに撮影しにくい木陰に入ってしまう。
結局証拠写真だけ。
a0071470_1642822.jpg

それでもがさがさやっていたら、今シーズン当地初見のホシミスジが観察できた。
a0071470_1612340.jpg
雌雄一度に羽化したようで、あちらこちらでもつれ合っている。
やっぱり暑すぎるようで、すぐに木陰に入ってしまう。コントラストが強い背景でモノトーンの蝶。
最悪の条件だったが、なんとか表裏撮影する事ができた。
a0071470_1625243.jpg
a0071470_163944.jpg

ウラゴマダラシジミは最盛期のようで、雌雄ともに数が増えてきた。
a0071470_1653820.jpg
a0071470_1655653.jpg

こちらも撮影しにくい場所ばかり止まる。
やっと透過光が当たる場所に出てきてくれた。
a0071470_1671389.jpg

しばらく待っていたら、じわっと開翅してくれた。
a0071470_1675741.jpg

うーん蝶の撮影は本当に条件が難しい。
本日観察できた蝶は他に、モンキチョウ、ヒメシジミ、アサマシジミ、ルリシジミ、ルリタテハ、フタスジチョウ、ヒメキマダラセセリ、ウラギンヒヨウモン。
by kmkurobe | 2010-06-30 16:08 | | Comments(8)
Commented by yoda-1 at 2010-06-30 18:12
明るい緑の中でのキジが綺麗です。
蝶ではやはり、ウラゴマダラの半開翅画像に憧れます。
ホシミスジは出てくると、個体数も多いのではと推測します。
Commented by 蝶山人 at 2010-06-30 20:19 x
yoda-1さんも言っている通りウラゴ半開翅そそります。この色はいつまでたっても満足に表現できません。素晴らしい!
Commented by himeoo27 at 2010-06-30 20:47
雉の♂綺麗ですね!
この鳥、裏の見沼田んぼを始め、狭山丘陵、北本自然観察公園等々で良く出くわすのですが、まだ未撮の鳥です・・・・・。
Commented by kmkurobe at 2010-07-02 20:23
yoda-1さんキジは有る意味で外来種ですが本当に綺麗ですね。ウラゴは普通種ですが、ゼフらしくない意味では魅力的なルックスをしていますね。
Commented by kmkurobe at 2010-07-02 20:24
蝶山人さんウラゴは1週遅れの発生です。
半開翅で透過光でスポットがあたると本当に雰囲気がでますね。
Commented by kmkurobe at 2010-07-02 20:26
himeoo27さんこの鳥大きいのでなかなか綺麗に収まりません。これは以前、狩猟用に放鳥された子孫ですかね?
Commented by chochoensis at 2010-07-02 20:31
kmkurobeさん、気温が高すぎても=蝶=は、だめなのですね・・・、しかし=キジ=の写真・・・見事ですね!!!素晴らしいです。
Commented by kmkurobe at 2010-07-03 15:10
chochoensisさんどうもです。こちらでは結構身近な鳥です。山鳥もいるのですが、こちらは警戒心が強くてなかなか撮影させてくれません。
<< クヌギ系ゼフィルス-オオミドリ... 久々の再会-ゴイシシジミ >>