ゼフ6号はゲットしたけど-古傷再発・・・・・

そこそこの天気(高曇り)日差しはないが、ゼフの撮影には最適な朝だ。
本日から臨戦態勢で、まずは近場からスタート。
例年この季節、ウスイロオナガシジミ、ウラクロシジミ、ウラミスジシジミ、などが少ないながら観察できる。ウラゴ、メスアカが発生して約10日そろそろかな・・・・・

コナラへの第1撃でいきなり小型のゼフが。当地では初見のミズイロオナガシジミ。
a0071470_15292277.jpg
ちらっと見えた翅裏面には斑紋異常が・・・・・よっしゃゲットンと思った瞬間、左足の古傷がズッキン!!
やっちゃった・・・・・せっかく直ったらまた・・・・年は取りたくないね・・・・・・

脚を引きずりながら一応一回りしてみた。降りてくるのはミズイロオナガばっかり、時々それらしいのはいたが、梢に上がって降りてこなかった。残念・・・・・痛ててててて・・・・・・
a0071470_15294458.jpg

ノーマルのミズイロオナガシジミとは大分違う感じがする。

さて気力が失せたので、仕事前にジョウザンミドリシジミの様子を見に行った。
毎年恒例「アジサイとジョウザンミドリ」のポイントである。

少し早いかなと思われたが数頭が、テリを張って卍飛翔を繰り返していた。
a0071470_15341432.jpg
ゼフ第6号はジョウザンミドリシジミ。
ここは良い感じのスタンスが取れるので、ゼフィルスの魅力が最大限に引き出せる。
まずは長玉デジ一眼でいろいろ。
a0071470_15303579.jpg
a0071470_15304863.jpg

次の一枚のように後方から撮影すると、黒ずんでしまってまるで別の蝶になってしまう。あきらかに失敗た゜。
a0071470_1531052.jpg

やはりゼフは撮影位置と光線の方向が命だね。
GXRも随分手になじんだ感じがする。
a0071470_15325116.jpg
a0071470_15325913.jpg
a0071470_153362.jpg
a0071470_15331993.jpg
お約束のアジサイには止まってくれなかったが、花はまだまだのようだ。
またしばらく楽しめそうだね。
さてこれだけでは寂しいので、1日に撮影したコヒョウモンモドキを。
a0071470_1534495.jpg
a0071470_1535770.jpg
a0071470_15352060.jpg

以下2枚はGXRで。
a0071470_15354432.jpg
a0071470_1536354.jpg
まだまだ出始めのようで4-5頭が飛んでいるだけだったが、雌雄観察する事ができた。
うーん困った、また気合いで直さないとね・・・・・・
by kmkurobe | 2010-07-03 15:36 | | Comments(16)
Commented by ヘムレン at 2010-07-03 19:11 x
今年も続々ゼフィルスが羽化・・・嬉しい季節ですね。
来週末あたり晴れ間が出て欲しいです。
1枚目のミズイロ!・・いい斑紋してますね~(^^)Y
Commented by 蝶山人 at 2010-07-03 20:33 x
古傷お大事に。
こちらは地元クロシジミ苦戦してます。
野人先生は既に撮影成功しているのですが・・・
Commented by yoda-1 at 2010-07-03 22:06
ジョウザンの翅表のメタリックブルーが非常に綺麗に発色しています。
早く、YODAもこれぐらい綺麗に撮影したいものです。
古傷が少しでも早く快復いたしますように。
Commented by chochoensis at 2010-07-04 06:23
kmkurobeさん、脚の具合はいかがでしょうか・・・大事にしてください。写真を拝見すると、ご案内いただいたあの時のシーンがまざまざと脳裏に浮かんできます、楽しい思い出です・・・ミズイロ・・・凄い斑紋ですね、驚きました。脚は早く治るように祈っています・・・。
Commented by maeda at 2010-07-04 16:54 x
体は大事にしたいものです。
私も最近右膝に爆弾抱えています。昔損傷した半月板が悪さしているようです。
Commented by himeoo27 at 2010-07-04 17:25
ジョウザンミドリシジミの少しだけ見えた表翅がそそられる美しさですね。
足の具合早く良くなるようにお祈りいたします。
Commented by HA at 2010-07-05 08:42 x
こちら志賀高原でもジョウザンを見られます。
去年は7月末がピークのようでした。でも樹の
上の方にいてkmkurobeさんのようには撮れません。
脚、お大事に。蝶を追っかけるには脚が大事ですから。
私も実は今年の5月に貞麟寺でギフチョウを追っかけた
時に右足の筋をおかしくしていまだに完治してません。
Commented by kmkurobe at 2010-07-05 15:24
ヘムレンさん残念ながら大雨、この週末がゼフは一番の時期のようです。お天気がそこそこだといいですね。コモドキの高原もついにゼフがではじめました。
Commented by kmkurobe at 2010-07-05 15:46
蝶山人さんこちらでてはいるのですが、個体数が少ないのが心配です。環境としてはまったくかわってはいないのですが、時間があればめを付けているもう一カ所捜してみたいです。
お出でになったときまたご紹介いたしますよ。
Commented by kmkurobe at 2010-07-05 15:48
yoda-1さん前回はクモツキを追いかけていきなりずきん、今回はたたき出したゼフを追いかけてずきん・・・・・年は取りたくないですね。
Commented by kmkurobe at 2010-07-05 15:49
chochoensisさん本当は西洋が一番なんですが、年に10日の時期なので、テーピングして頑張ってます・・・・
ミス゚イロはここらのは結構黒帯がひろい個体が多くまじります。
Commented by kmkurobe at 2010-07-05 15:52
maedaさん膝はストレッチと筋トレでなんとか克服して、今年はまったく症状がてていません。今回は同じ場所です。多分ふくらはぎの筋膜損傷だとか・・・・年は取りたくないですね。今年のタカネヒカゲ日帰り登山はあきらめました。
Commented by kmkurobe at 2010-07-05 15:53
himeoo27さん本当は安静が第一のはずなのですが・・・・・
大好きなウラジロミドリがこれから出るという時期なのでなんとかだましだましやってます。
Commented by kmkurobe at 2010-07-07 14:34
HA さんゼフはやはり個体数よりも撮影ポイントの確保が一番ですね。近くにものすごい数発生している場所があるのですが、ほとんどが見上げるような場所ばかりなので、きれいな写真が撮れません。
Commented by vega360 at 2010-07-09 08:49 x
私も昆虫写真に挑戦してますが、すぐ逃げられます。
何かコツがあるのでしょうか?
Commented by kmkurobe at 2010-07-09 11:31 x
vega360さんこんにちは、敏感な蝶そして緩慢な蝶色々といますが、習性を覚えて、ある程度望遠(35ミリ換算200㎜)を使えばほとんど撮影することができますよ。
<< ゼフ不調な日曜-なんとかゼフ第7号 クヌギ系ゼフィルス-オオミドリ... >>