金緑色に包まれて-ゼフ第7号はアイノミドリシジミ

今日は本当に暑かった。地表との温度差でこんな時は夏霧が立つ。
a0071470_23412364.jpg

こんな時はゼフの撮影には最高の日だ!
しかしながら近場では目標種全敗・・・・・
ここは気を取り直して、アイノミドリシジミと前回撮影できなかったウラナミアカシジミ狙いで南下した。

ここはコナラ、ミズナラ系ゼフが多い高原である。昨年は伐採の影響もあってか、近来まれに見る不作・・・・
今年もあまり期待できなかったが、とりあえずアイノミドリシジミのテリ張り時間には到着。

これがなんと大正解。伐採後に広い空間ができ、灌木は1メートルそこそこ。最高の条件で撮影することができた。もっとも後から写真を見直すと・・・・・こんなもんかな・・・・・

シャクガパパがアイノミドリシジミの撮影をしている場面。
a0071470_2351531.jpg

ほとんどが1メートル以下でテリを張っている。これなら色々試すことができるね。
さて午前7時半辺りから、アイノミドリシジミが活動し始めた。8時半過ぎからジヨウザンミドリシジミが混じり始め、9時過ぎるとほとんどジョウザンミドリシジミばかりになった。
最も撮影しているときは全てアイノミドリだと思って心臓バクバクだったんである・・・・・
a0071470_1763484.jpg
これだけ開翅ばかり撮ったのは初めてだ・・・・・・
とりあえず速報ということで何枚か雰囲気のある所を・・・・・
a0071470_2355234.jpg
a0071470_2355391.jpg
a0071470_23554812.jpg
a0071470_23555832.jpg

それにしても構造色の反射はものすごい。かなり露出補正しないと飛んでしまう・・・・・
実は補正せずに失敗・・・・・・例によって、一番おいしい角度を色々と試してみた。
a0071470_23572199.jpg
a0071470_23573382.jpg
a0071470_23574423.jpg

本当によく光る。今年はもう無理かもしれないが、次回は色々と用意してなんとか「ピカピカ」の雰囲気を撮影したいものだ。
by kmkurobe | 2010-07-08 23:58 | | Comments(8)
Commented by 蝶山人 at 2010-07-09 06:19 x
アイノ既に出ていると
ほぼ例年並でしょうか?

高いところでテリ張るだけに
伐採地は貴重ですね。

クリソの色を出すと
ハイスピードシンクロで
いつも背景が夜になります。
デーライトシンクロだと
シャッタースピード遅くなり
ぶれます。
何か良い方法は無いでしょうか?
Commented by kmkurobe at 2010-07-09 13:51 x
蝶山人さんここは例年より4-5日遅れです。早めの発生ポイントです。
斜面の下に空間があると最高ですね。

私は見たままを撮りたいので、広角撮影で裏面を明るくしたい時以外は自然光でなるべく撮影しています。
やはり同じ場所に何回も通って、一番美味しい、場所と時間を把握するのが近道だと思います。
やはり高いところに止まる場所はだめですね。
Commented by maeda at 2010-07-09 17:55 x
伐採後の空間はチャンスですね。
こちらも同じような環境で数年ジョウザンを楽しんでいます。
出勤前に覗いてみたら、まだ出ていないような雰囲気でした。
イボタが場所によっては満開になりつつある十勝です。
Commented by kmkurobe at 2010-07-09 20:12
maedaさんそうですね。やはり空間と光線が大切ですね。
いよいよそちらもゼフのシーズンですね。
Commented by ヘムレン at 2010-07-09 20:32 x
1枚目。。このアイノの色!これがもう一度撮りたいのです(^^)。。ナイスですね。
Commented by himeoo27 at 2010-07-09 21:09
ヒメオオは最後の金属光沢の輝く写真が素晴らしいですね!
居るかどうか分からないけれど山梨県の山中に探しに行きたくなりました。
Commented by kmkurobe at 2010-07-10 09:20
ヘムレン さんいつもの場所伐採1年たって随分条件がよくなりました。今年はそこそこの数飛んでいます。やはり少し時間が遅くなると、亜とっと雨滴にジヨウザンばかりになって、そこそこアイノもいるのですが見つけるのが大変です。
Commented by kmkurobe at 2010-07-10 09:22
himeoo27さんゼフはいてもなかなか撮影できるポジションが見つからないので大変ですね。5年計画くらいでのんびり、マイポイント、マイポジションを捜すことをお勧めします。オフシーズンのドライブは大変役に立ちますよ。特に紅葉の時期。
<< カシワ系ゼフ、なぜか雌ばかりだった? 同一個体のテリ張り-メスアカミ... >>