カシワ系ゼフ、なぜか雌ばかりだった?

多少時間ができたので、カシワ系ゼフの発生地を下見してきた。
気温も高く日照もあり、時間も8時過ぎ・・・・・・
多分無理だろうと思っていたら、何頭かのハヤシミドリシジミが灌木やススキの上に舞い降りた。
a0071470_1949342.jpg

明るいカシワに2頭。
a0071470_19495621.jpg
中央上部と向かって右端付近に止まっていた。
まったく完全な個体ばかり、
a0071470_19504993.jpg
a0071470_19511172.jpg
週の初めにはまったくいなかったので、おそらく羽化直後の個体だろう。
不思議なことに雌ばかりだ。
a0071470_19514142.jpg
何とか開翅を撮影したかったのだが、羽をスリスリするだけで、時間切れギブアップ・・・・・
ウラジロミドリシジミ、ウラミスジシジミ、エゾミドリシジミなどもそろそろ出始めるとおもうのだがね。
明日からの楽しみに取っておこう。
このカットではアリが大きく顎を開いている
a0071470_1952610.jpg
。しばらく観察していると、案の定、蝶の身体に触った瞬間に舞い上がった。
獲物を狙うハイエナのようにじわじわと接近していた。

さて昨日シャクガパパと別れた後、またも懸案のウラナミアカシジミを探しに行ったが、とにかく暑くて、撮影チャンスはただの1回だけ・・・・・
a0071470_19523559.jpg
おまけによく見ると鳥に襲われたようなパンチが入った個体だった・・・・・
それでも一応。ゼフ第8号に。
ここは安曇野を一望できる小高い丘の上。
a0071470_19525225.jpg
正面に常念岳、やや右手に台形をした有明山が見えている。
ミヤマカラスシジミがあちらこちらに止まっていた。
a0071470_19531588.jpg
a0071470_19533242.jpg
最初ゼフかなとドキットしたが・・・・これはこれでうれしいね。
うれしい誤算は今年初めてオオムラサキを観察できたことだ。それも沢山。
a0071470_19535596.jpg
ここは丘の上なので空間が広く、前記したようにクヌギも一杯。その上至る所にエノキが生えていた。
暑いせいか、東屋の土間や壁に止まって吸汁している。
a0071470_19541398.jpg
あまり良い構図では無いが開翅してくれた。
a0071470_2095625.jpg

12時を過ぎるとほとんどの個体が休息に入って、梢付近に止まっている。
ウラナミアカシジミ目的で枝先を叩くと、なんと出てくるのはオオムラサキという不思議な経験をした。
駐車していた近くのエノキの周りを、探雌飛翔していた雄が枝先に止まった。
a0071470_2073371.jpg
a0071470_2074927.jpg

思いっきり近づいて撮影してみた。やはり止まっているのが食樹というのはいいね。

さて明日は晴れマークがいくつか出ている、朝目が覚めたら出掛けてみようかな・・・・・
それにしても今年の梅雨明けは何時になるんだろうね・・・・・
by kmkurobe | 2010-07-09 20:07 | | Comments(8)
Commented by ヘムレン at 2010-07-09 20:27 x
オオムラサキ!今年は見れましたか!(^^)。。
上のほうみたいですね。
下の河原は、やっぱりダメでしょうか(><)。。
ミヤマカラスは、あのあたり気軽に見れて嬉しいですね(^^)
ハヤシの♂はいったいどこへ?
Commented by himeoo27 at 2010-07-09 21:24
自然界でオオムラサキ♂の開翅の写真良いですね!
私も何時か撮影出来るように腕を上げたいです。
Commented by 霧島緑 at 2010-07-09 21:29 x
ゼフ・シーズン真っ盛りですね。いいなぁ。
また、訪問したいと思っていますが、週末の天気が不安定なので、中々決心がつきません。開翅ばかりアイノの撮影なんて夢のようです。
早く拝見したいです。
Commented by kmkurobe at 2010-07-10 09:24
ヘムレンさんここはあそこではなくて、松本市内です。
Commented by kmkurobe at 2010-07-10 09:39
himeoo27さんこの時期安曇野はオオムラサキの個体数が多いですよ。ただゴマダラチョウは数が少なくて、なかなか撮影する事ができません。
Commented by kmkurobe at 2010-07-10 09:41
霧島緑さん以前ご一緒した場所です。昨年伐採があり今年とはかなり条件が良くなりました。朝一のアイノはほんとうにたくさんいますが、のんびりしていると、すぐにジヨウザンに変わってしまいます。
Commented by chochoensis at 2010-07-10 11:13
ハヤシミドリシジミ・・・素敵ですね・・・メスばかりとは・・・オスは、隠れてしまったのかな・・・。写真が素晴らしいです・・・。
Commented by kmkurobe at 2010-07-10 15:52
chochoensisさんどうもです。ハヤシ雄も出ておりました。
ゼフの雌はなかなか見つけられないことが多いのですが、カシワ系のゼフはほぼおなじような感じで観察できます。不思議ですね。
<< カシワ系ゼフ続報-ウラジロミド... 金緑色に包まれて-ゼフ第7号は... >>