梅雨明け-季節は平年並みに

昨晩はひどい雷雨だった。どこか梅雨明けを思わせる夜明けとなった。
連戦の疲れから今朝は一休み。但し仕事前にミドリシジミの様子を見に行った。
例年ならばソロソロ発生を始めているはずだ。
いたいた。撮影はできなかったが、新鮮なミドリシジミの雄が飛び出してきた。
いよいよ梅雨明けだね。
お昼にはさらに気温が上がり。いきなり夏本番になったようだ。
2日前まで全く観察できなかったミヤマシジミの第2化が一気に発生。
あちらにもこちらにも新鮮な雄が飛び回っていた。
a0071470_2124867.jpg

コマツナギの花もほぼ満開。ここにも夏本番の足跡が。
a0071470_2125474.jpg

綺麗に開翅してくれた。昨日に続いて開翅ブームは続いているようだね。
さて昨日の午後の部を。目標は今季2連敗のキマダラモドキだ。
発生地に着くといきなり新鮮な雌が飛び出したが、やたら飛び回ってまったく撮影できない。
しばらくすると姿が見えなくなったので、近くの別の発生地へ移動した。
ここではミヤマカラスシジミが多数ヒメジョオンで吸蜜していた。
a0071470_21281349.jpg
a0071470_2128339.jpg

苦心惨憺して2頭1画面で。
a0071470_2129697.jpg

ヘリグロチャバネセセリが羽化していた。
a0071470_21294975.jpg
a0071470_2130245.jpg

キマダラセセリはやや盛りをすぎていた。
a0071470_21303870.jpg
a0071470_21305350.jpg

セセリではほかにはダイミョウセセリ。
a0071470_21312535.jpg

オオチャバネセセリ、イチモンジせせりと色々な種類の吸蜜を観察できた。
ここの場所も例年ならば各種のヒョウモンが多数飛んでいるはずなのだが・・・・・・
全く居ない。と、草陰から1頭の雌のヒョウモンが現れて吸蜜を始めた。
a0071470_2137378.jpg

どうやら久々に見るウラギンスジヒョウモン、しかも雌だ!
夏眠前の雌は初めて撮影できたのでこれはうれしかった。

さて最初の発生地へ戻ると綺麗な夏型のサカハチチョウがお出迎え。
a0071470_213327.jpg

映像を確認していたら、いきなりキマダラモドキが足下にとまった。
a0071470_21335594.jpg

ややすれてはいるが今年も会うことができた。
a0071470_21343071.jpg

やはり多少遅れ気味でピークがはっきりしない発生のようだ。
オオムラサキも出始めなので、これからますます増えてくるのだろう。

さて昨日のネタを整理していたらあまりにも沢山撮影したので我ながらビックリ。
多少何時もと違った感じのを数枚。
a0071470_2139578.jpg
a0071470_2140852.jpg

最後はヤッパリ青い奴でしめよう。
a0071470_21413773.jpg

明日はある程度天気が朝から安定しているような予報だ。どこへ行こうかな?
久々に新規開拓もいいかもしれないね。
by kmkurobe | 2010-07-16 21:43 | 安曇野 | Comments(2)
Commented by himeoo27 at 2010-07-17 07:40
サカハチチョウの夏型ついに登場ですか!
綺麗な開翅なのでこの画像をそのままワッペンかバッチにしてTシャツのワンポイントにしたくなりました。
Commented by kmkurobe at 2010-07-17 14:56
himeoo27さんサカハチはやはり1週遅れの登場になりました。いよいよ夏本番ですね。
<< Dream comes tru... なぜか開翅な日-ウラジロミドリ... >>