炎暑の中で

7月18日どうやら梅雨明けしたらしい。北アルプスが久し振りに姿をみせていた。
a0071470_15391790.jpg
ただ山沿いには多少の雲が残ってはいるようだった。気温はそこそこでゼフの開翅を撮影するには絶好の条件のような朝になった。
この日はブログ仲間「小畦川日記」のダンダラさん。 「探蝶逍遥記」のfanseabさん。 「ネイチャーKENDAMARの歳時記」のOさん。おなじみ蝶山人ご夫妻、他の皆さんとご一緒する事になった。やはり熟練の目がたくさんあれば安心である。
まずはカシワ系のゼフィルスから観察する事になった。
本日もハヤシミドリシジミ、ウラジロミドリシジミ、ウラミスジシジミと全てチャンスがあり、そこそこ開翅もしてくれたのだが、なぜか草の中や葉陰とか着地位置が悪く、しかも雲間から夏の強烈な日差しが影になってしまって、なかなか満足がいく写真を撮影する事ができなかった・・・・・・
まずはウラジロミドリシジミ雄。
a0071470_15433354.jpg
a0071470_15434928.jpg
a0071470_15435713.jpg

雌も一応開翅はしてくれたが・・・・
a0071470_1544351.jpg
a0071470_15444759.jpg

続いてハヤシミドリシジミ。
a0071470_15454191.jpg
a0071470_1546931.jpg
a0071470_15461645.jpg

ハヤシミドリシジミの雄は今年初めて開いてくれた。でもやや時期が遅かったようだ。
a0071470_15462498.jpg

この日もウラミスジシジミは何回も姿をみせてくれた。
a0071470_15475663.jpg

続いて17日にフジミドリシジミを撮影した場所へ移動。今回もほとんどがジョウザンミドリシジミだったが、アイノミドリシジミも撮影する事ができた。
a0071470_15482029.jpg
これは木陰での開翅でほぼ活動時間最終盤のようだった。
a0071470_15483755.jpg
帰路では吸水も観察する事ができた。ここでは久し振りにフタコブルリハナカミキリを何回か観察する事ができた。
a0071470_15485912.jpg
あまり良い写真は撮れなかったが、このカミキリには思い入れが深いので、大変嬉しい久し振りの出会いだった。
午後最終盤のクロシジミを蝶山人ご夫妻と撮影に。
a0071470_1550045.jpg
a0071470_1550937.jpg
やはりかなり擦れた雌ばかりだったがショウマの花での吸蜜を撮影する事ができた。
a0071470_15503864.jpg
綺麗なウラゴマダラシジミの雌。まだまだこんなに綺麗な個体が飛んでいるようだ。
久し振りに長時間炎天での撮影に、小生はすっかり疲れてしまった・・・・・
ただダンダラさんをはじめ「先輩諸氏」は、数倍の撮影スケジュールをほぼ寝ずの移動の後こなされたようだ・・・
いやはや・・・・あのバイタリティーにはかないません・・・・まだまだ修行が足らないようであります・・・・・
by kmkurobe | 2010-07-20 15:50 | 生態写真 | Comments(26)
Commented by ダンダラ at 2010-07-20 18:49 x
お世話になりました。
長竿をふるって撮影の時間が余りなかったのではないでしょうか。
でもそのわりに、それぞれの雌雄の開翅などもきちんと撮影されてすごいです。
クロシジミも良い感じで撮れていますね。
おかげさまで予定した以上の成果があり、同行したmustachioさんも喜んでおられました。
Commented by 蝶山人 at 2010-07-20 20:25 x
本当にお世話になりました。
同じ個体撮っているはずなのに
kmkurobe大先輩の写真見ると
発色や背景処理など
まだまだ修行が足りないと感じます。
しばらく多忙で無沙汰しますが
秋に蝶抜きでも白馬再訪したいです。
Commented by himeoo27 at 2010-07-20 22:01
ウラジロミドリシジミの半開翅の深いメタリックブルー綺麗ですね!ウットリしました。
Commented by kmkurobe at 2010-07-21 11:41 x
ダンダラさん本当にお疲れ様でした。同じようなスケジュール何度もトライしたことがありますが、車の運転の無い地元人でも疲れてしまいます。クロシジミはまだまだ発生地がありそうなので、来年からの課題が増えました。
ゼフは毎日通っていても、撮影条件の良い日はなかなかありませんね。私はどうしてもコントラストの強い日は苦手です。
Commented by kmkurobe at 2010-07-21 11:43 x
蝶山人さんこそ素晴らしい個性的な写真拝見いたしましたよ。
お待ちしていますから是非是非秋にまたおいで下さい。
色々な食べ物もお酒も美味しいですよ。
Commented by kmkurobe at 2010-07-21 11:45 x
himeoo27さん他のファボに比べると、ウラジロは色が濃いのでなかなかうまく撮影できません。それでもうまくはまると本当に良い色が出てくれるので、やみつきになってしまいます。
Commented by 虫林 at 2010-07-21 18:05 x
ウラジロ、ヤハシと綺麗な写真が並んでいますね。
その場所は、広々としていて、佇むだけでも気持ちがよいところだったことを覚えています。
また、同好者との楽しい会話も聞こえてくるようです。
ご苦労様でした。
Commented by ヘムレン at 2010-07-21 20:29 x
今年もウラジロの美しいサファイアが素晴らしいですね。
ファボニウスの中では、一番好きな色合いですが、フジミドリも早くしっかり撮りたいものです(^^;)。。
今年は、伺えませんでしたが、来年はまた懲りずに伺いたいですね。
一度、夕方のテリ張りも見ておかないと・・・・(^^)
Commented by cactuss at 2010-07-21 21:50
ウラジロ、ハヤシ、ウラミスジ、アイノ、クロシジミといろいろ撮影できて、すばらしいです。
今の時期はいろいろ行きたい所があって、目移りしますが、来年はお邪魔したいと思います。
Commented by yoda-1 at 2010-07-22 06:53
YODAあこがれの蝶が満載です。
しかも、師匠とあがめる方々が集っての探蝶会はどんなにか
素晴らしいかったことでしょうか。
このような会に参加できるように、初心者のYODAは地道に精進していきたいです。
Commented by kmkurobe at 2010-07-23 16:13
虫林 さんここは本当に開放的で足場もよく楽しく撮影ができる好ポイントですね。周辺にはまだまだにたような場所があるので今後の課題にしようと思っています。
Commented by kmkurobe at 2010-07-23 16:15
ヘムレン こちらにいるとアイノの高原、ジヨウザンとアジサイそれに今年からフジまで加わったのでローテーションが大変です。
来年のシーズンはぜひぜひご一緒いたしましょう。
アイノの高原にあんなにオオミドリがいるとは思いませんでした。
Commented by kmkurobe at 2010-07-23 16:17
cactussさん私も地元で手一杯で、のどから手か出るほど出かけたい、東信や湯ノ丸山へも今年もいけませんでした。
来年用にまたこの近くで新しい場所を捜しておこうと思っています。
Commented by kmkurobe at 2010-07-23 16:18
yoda-1さん機会がありましたらぜひぜひご一緒いたしましよう。
蝶のシーズンはまだまだありますよ。
Commented by kenken at 2010-07-23 17:41 x
ウラジロの翅表と翅裏の同時表現はえぇですね。
Favoはナゼか撮影意欲の湧かない私ですが、ウラジロのサファイヤには心惹かれますね。食樹のカシワの葉上ってもの臨場感がありますし。
ウラミスジ、個体数多そうでえぇなぁ~来シーズンはこいつの開翅を真面目に狙いたく考えております。
クロシジミ、今年も見れて良かったぁ~こちらの定点観察でも見れましたよ。
Commented at 2010-07-23 22:08
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by chochoensis at 2010-07-23 22:53 x
ウラジロにハヤシミドリ、ウラミスジ・・・・たくさんの珍しい写真に感激しました・・・。ジョウザン、アイノ・・・お世話になった光景を思い出しています・・・。
Commented by maeda at 2010-07-24 06:33 x
ダイセン、開いてくれませんよね。
私は未だにこの蝶の開翅を見たことがないのですが、いかがでしょうか?
開かないのかもしれませんが?
マイポイントは今年もマイマイで入れそうにありません。
Commented by HA at 2010-07-24 08:04 x
本当に諸先輩方の行動力はもちろんのこと、撮影テクニックにはどのブログを見ても驚かされます。
まだまだ努力が足りません。
kmkurobeさんのようにすばらしいポイントをみつけられるように頑張ります。
Commented by 霧島緑 at 2010-07-24 10:52 x
数々のゼフ開翅にため息が出そうです。
再訪させていただこうと考えていましたが、機会を逃してしまいました。ダンダラさんのバイタリティには私も感心してしています。前回の訪問時は、確か午前2時に待ち合わせしました。ウラジロのブルーと長ーい1日だったのが印象深いです。
Commented by kmkurobe at 2010-07-24 14:36
kenkenさんクロシジミ今年は蝶山人氏により新知見が得られたので、来年が楽しみです。ウラジロねここはたたき出すとうまくカシワの小株に止まってくれることがあります。そうなれば最高。背景はアルプスでバッチリです。来年お暇があれば是非おいで下さい。この近くにもそこそこの所を発見できそうです。
Commented by kmkurobe at 2010-07-24 14:37
鍵コメさん携帯にメール入れておきましたよ。
Commented by kmkurobe at 2010-07-24 14:38
chochoensisさんやはりゼフは撮影場所でできあがりの半分以上が決まりますね。いくら個体数が多くても高いところでは、かぎられた撮影しかできませんから。
Commented by kmkurobe at 2010-07-24 14:40
maeda さんブログ仲間の方何名かが、複数回確認されています。
どうも活動時間の夕暮れ時がチャンスのような感じがします。
ただこちらはその時間とても暑くて、なかなか条件が整いません。
一度は撮影したいと思っています。
Commented by kmkurobe at 2010-07-24 14:41
HAさん同じポイントでも繰り返し通うと、素晴らしい発見かずあることを何度も経験しました。そちらでも時間や時期、場所をずらすだけで素晴らしい撮影ポイントが見つかると思いますよ。
Commented by kmkurobe at 2010-07-24 14:43
霧島緑さんあの日もながーい一日だったですね。あのときはもう少し時期が早かったので、全て完ピンばかりでした。例年ならばこの時期ではきれいな雄は望めないと思います。
機会があればまたご一緒いたしましょう。
<< 暑い!!!なぜか真夏の1週間 オレンジ色に包まれたカシワ林の朝に >>