暑い!!!なぜか真夏の1週間

連休初日の1週間前7月17日に梅雨明け。それから連日の猛暑。
昼間はとても蝶が飛べるレベルではないね・・・・・
定点の稲穂も生育の遅れを一気に取り戻したようだ。
a0071470_14524152.jpg

わが家を訪れるリスたちも、急遽の衣替えなのか、腰のあたりがまだ換毛途中のようだ。
a0071470_1454680.jpg

毎日少しだけでも家の周りを歩いていると、それなりに小ネタは増えてくるので。
a0071470_14553831.jpg

雄はややすれていたが、これは正真正銘のわが家で発生したアサマシジミ。
ナンテンハギを食草としているようで、例年やや遅れての発生。一回り大きいのが特徴だ。
最後に発生するオオウラギンスジヒョウモン。やはり今年も個体数がかなり少ないようだ。
例年ならばこの時期すごい数が、ヒメジョオンやオカトラノオに来ているのだが・・・・
a0071470_1459820.jpg

コヒヨウモンはもう1500メートルへ上がらないと擦れている。今年は高地での発生が遅れているようで、クガイソウもまだ咲き始めたばかりのようだ。
a0071470_1503794.jpg
a0071470_1504844.jpg
a0071470_1505648.jpg

びっくりしたのはここにベニヒカゲが飛んでいたことだ???
例年ならばここはお盆頃の発生なのだが、いくら何でも早すぎるね・・・・・
a0071470_1522849.jpg

ミヤマシジミは夏を待っていたかのように第2化の最盛期になりあっという間に擦れた個体が多くなった。
a0071470_1563721.jpg
a0071470_1571983.jpg
a0071470_1572718.jpg

a0071470_1595358.jpg

今週は出かけるたびに何処かで産卵をしていた。第3化は9月初めかな。
a0071470_1511409.jpg
a0071470_15115096.jpg
a0071470_15122896.jpg
a0071470_15123523.jpg

トラフシジミの夏型をここで観察できたのは何年ぶりだろう?ここでは個体数が少ないので本当にうれしい。
a0071470_15135148.jpg
a0071470_15135825.jpg

さて明日からも暑い夏のようだが、どこか涼しいところへ行ってみたいのだか・・・・・・
うーんどうしようかな・・・・・・
by kmkurobe | 2010-07-24 15:15 | | Comments(4)
Commented by himeoo27 at 2010-07-24 20:14
ベニヒカゲすでに発生しましたか!新鮮な個体は翅がビロード状で綺麗ですね!
Commented by syakuga at 2010-07-25 19:58 x
ベニヒカゲですか。
土曜日にゴマシジミのポイントの上の方に行ったときにも飛んでいて驚きました。お盆頃はどうなるんでしょうね・・・
Commented by kmkurobe at 2010-07-26 16:58
himeoo27さん多分大フライングだと思います。すぐ近くで出たばかりゼフがテリを張っていました。
Commented by kmkurobe at 2010-07-26 16:59
syakuga 君今年はどうも一年中おかしいようですね。いずれの種類も個体数が少なかったのは共通していたようですが。
来年が心配ですね。
<< 日曜午後の歓喜!月曜正午の奇跡! 炎暑の中で >>