奇跡の足跡を捜す-ムモンアカシジミ

a0071470_15541818.jpg

すっかり夏になった。ここへ来てほとんど雨が降らず強烈な暑さが続いている。やっぱりなにかおかしい・・・・・
今週はつかの間の自由な時間が取れるので、寸暇を惜しんであちらこちらと出かけてみた。
やはり本日も「黒と赤」だ。
まずは先日の結果から色々と考えて、多少きついが早起きして山を登った。
a0071470_1603934.jpg

ここは大変景色はいいのだが・・・・・足下からえぐれるように崖になっている。
見下ろすとゴマシジミやベニヒカゲがあちらこちらに飛んでいるが、高いところの嫌いな小生には・・・・・
だめだねこりゃ・・・・・
ちょっとしたテラス状になったところで雌がコメツツジで吸蜜していた。
a0071470_1655249.jpg

「山ゴマ」特有の小型で黒い個体だ。
べつの個体が開翅しかけたが・・・・
a0071470_1692826.jpg

風が強くてタイミングを逃がしてしまいこの程度・・・・・
それでもコメツツジでゆっくりと吸蜜してくれた。
a0071470_16105370.jpg
a0071470_1611197.jpg

気温がまだ低いせいか広角でも撮影させてくれた。
a0071470_16135189.jpg

タイムリミットが近づいたので急いで山を下り始める。日差しが本当に強烈だ
急な下りがやっと終わりホッとしたところ、下草に羽化直後の雄が静止していた。
a0071470_16161570.jpg
本当に小さい。
画面のコメツツジの葉と比べてもらうとよくわかるが、ヒメシジミよりひとまわり小さい。
ほとんど飛べないようで良いところには出てきてくれない。
時間がないのであれこれ刺激していたら、最後に草に潜られてしまった・・・・・
a0071470_1616345.jpg

ここは従来撮影していた場所よりかなり標高が低い。
すぐ横で雌が産卵していた事も合わせると、ここも発生地の一つなのだろう。
a0071470_1620633.jpg

最後の最後にこんないいシーンに出逢ったのだが、タイムリミット・・・・残念・・・・・
さてお昼休み。そそくさと食事をすませて昨日見つけたムモンアカシジミの発生地へ向かった。
目的はホストとなっている木を見つけることだ。
遠くでかすかに雷の音が聞こえ、一瞬辺りが暗くなった。
昨日撮影した場所に近づくと、撮影地点すぐ上の梢をたくさんのオレンジ色の紙吹雪が舞っていた。
a0071470_16274438.jpg

多い所は4-5頭が卍飛翔をくりかえしている。
どうやら画面右側のホウノキの大木がホストとなっているようだ。
a0071470_16291012.jpg

裏へ回ってみると、いたいた。たくさんの蟻が幹の暗い部分に列を作っている。
a0071470_16314791.jpg
この木立はまわりの林から少しばかり離れているので、多分産卵も間違いなくここで行われるのだろう。
うーんいよいよ楽しみが増えそうだ。
やや低めの枝先に止まっていた個体をダメモトで叩いてみた。
一瞬だったが足下の灌木に降りたのでなんとかゲット。
a0071470_16332438.jpg

うーんこのオレンジ色本当にたまらないね。
ここは西日がよく当たる場所なので、夕暮れ時に訪ねてみるとどうなんだろう。
オレンジ色に夕陽が当たるといったいどんな輝きになるんだろうね・・・・

このゴマシジミ、ムモンアカシジミに関する情報につきましては当面の間、原則として非公開と致します。
お問い合わせ等にはお答えしかねますので宜しくお願いします。
by kmkurobe | 2010-07-27 16:37 | | Comments(6)
Commented by 蝶山人 at 2010-07-27 20:11 x
蟻二題
素晴らしい
良く体力集中力
続きますね
私も頑張らなくちゃ
Commented by ヘムレン at 2010-07-27 22:34 x
山ゴマ・・さらに、ムモンの発生木の発見ですか!おめでとうございます。
これは、通いになりそうですね(^^)
産卵・・期待しています。。
Commented by maeda at 2010-07-28 17:48 x
そちらでも既にゴマ、ベニ出現ですか?
十勝と同じですね。ゴマに至っては2週間前から飛んでいたようです。
気温も高めで、嫌なのは湿度が凄く高いことです。
じめじめして日照時間も凄く少ない7月でした。
Commented by kmkurobe at 2010-07-28 19:01
蝶山人さんカシワゼフに比べると早起きしなくても良いので楽です。
やはり長竿振り回すのはアラカンの小生には負担が大きいようです。
Commented by kmkurobe at 2010-07-28 19:05
ヘムレンさんしっかりはまりました・・・・・
だーれも居ないところなのでいいのですが、ひょっとして遠くから誰か見ていたら、危ない奴だとおもわれるでしょうね・・・・・
どう考えても、ここしかないので楽しみにしています。
Commented by kmkurobe at 2010-07-28 19:06
maedaさんこちらも擦れたゴマの雌が産卵していました。
羽化直後の雄もいるところから、ここは残雪の影響がかなり強かったような期がします。
<< いつまで続くか「無文な日々」-... 日曜午後の歓喜!月曜正午の奇跡! >>