いつまで続くか「無文な日々」-ムモンアカシジミ

a0071470_18501152.jpg

突然手の中に訪れた幸運。しばらくは、まるで文句の無い、「無文な日々」を送ることにしよう。
この蝶、活動時間もちょうどお昼休みのようなので、まったく生活リズムを崩さないですむ。

しばらくはファーブルになったつもりで、この蝶に関する情報を集めて一つ一つ検証していくのも楽しみだ。

観察3日目、初めて朝方発生地を訪れてみた。人里離れてはいるが、ある程度開放的な環境で風通しがよい。

ただ文献によれば、東または南向きの斜面に多く発生という記述があったが、ここは朝方ほとんど光が差さないようだ。
a0071470_18504236.jpg

ただ木立の奥は疎林になっているので、ホストになっているホウノキの梢は、朝日に当たってきらきらと輝いている。
このホウノキかなりの大木なので最下段の枝まで4-5メートルはあるかな。
目視した限りではまったく見あたらない。

周りの灌木を見渡してみても、まったくオレンジ色は見あたらない。
30㍍ほどホストから隔たっている桜の枝をまず叩いてみた。
ここはテリを張るには見通しが良さそうなので・・・・・ゼフになった気持ちで・・・・・・軽くンコン・・・・・

いきなり飛び出した雄が低いところへ降りてきた。
まだ寝ぼけ眼のようで、あちらこちらフラフラと飛び回った後、なぜか咲いている紫陽花の近くに静止した。
a0071470_18513652.jpg
a0071470_18515325.jpg

羽は閉じられて触角もまるで動かない。あまり光線が良くないが、風もないので色々な設定を試してみた。おかげでスラックスはびしょびしょになったが・・・・・
G11で
a0071470_18522769.jpg

これはGXR>
a0071470_18532560.jpg

アジサイといえばジョウザンミドリシジミのブルーがよく会うと思っていたが、このオレンジもなかなかいいねえ・・・・・

補助光を使ってもこの蝶に関してはあまり違和感を感じないし、場合によっては黒ずんだ感じがなくなり、より肉眼で見えるた感じに近くなるように思うのだが。

お昼前に軽く雨が降った。空はどんよりと曇りほとんど光は差してこない。
現場についてしばらくすると、あちらこちらで卍飛翔が観察できた。
a0071470_18544187.jpg
それもあまり長続きせずホウノキの大きな葉の上で思い思いに休んでいるようだ。
a0071470_1855638.jpg
a0071470_18552998.jpg
ときどきテリトリーが競合するのか、オオウラギンスジヒョウモンがしつこく追い立てると、しばらくの間活動するのだが、じきに葉の上で静止する個体がほとんどだ。
a0071470_1856422.jpg
a0071470_18562295.jpg

時々テリ争いに負けた個体が降りてくるので、かなりの数を観察できたが、ほとんどが綺麗な状態だった。
それにしても赤いベレーをちょこんと被ったようで本当に可愛いね。

写真をモニターで拡大してわかったのだが、このホウノキは木全体がまるで蟻の巣になっているようだ。
a0071470_18564756.jpg
a0071470_1857073.jpg

裏側から見るとゴマ粒のような蟻が無数に歩き回っているのが見える。
なるほどこの蝶の生態はこれほど蟻と関係があるのかと納得したね。
a0071470_18573091.jpg

かなりたくさんの個体、判別付いた限りでは全て雄のようだ。
交尾は同一の雌でも複数回行われるとのこと、最盛期はまだまだ先なのだろう。
ここはじっくり構えてゆっくり見守っていこう。うーんそれにしても予定していたプチ遠征どうしようかな・・・・・

a0071470_18574660.jpg

by kmkurobe | 2010-07-28 18:57 | 生態写真 | Comments(14)
Commented by chochoensis at 2010-07-28 21:07
kmkurobeさん、アジサイの背景に「ムモンアカシジミ」のオレンジが良く似合いますね・・・素晴らしい写真に芸術を感じます、感受性の差なのでしょうが素晴らしいです。
Commented by himeoo27 at 2010-07-28 22:08
最後の写真、チョウも背景もお互いに引き立てあってとても綺麗ですね!
Commented by hirax2 at 2010-07-28 22:24
蝶の生態写真って基本は緑のバックになるので、なんだか単調になりがちですが、
空なり花のバックの青色が入ると、全く感じが異なり新鮮に且つ綺麗に見えます。
普段はなかなか背景まで気が回りませんが・・・^^;
アジサイとムモンのオレンジ、良い感じですね!
Commented by cactuss at 2010-07-28 23:17
ムモンさんまい、すばらしいです。
白馬はいろいろな蝶が近くにいて、うらやましいです。
アジサイバックの写真は蝶が引き立ちますね。
Commented by ma23 at 2010-07-29 02:50 x
すっかり夏ですね〜。ムモンって思いがけない出会いができ、一度出会えるとたくさん見つかりますね。自分には暑い蝶のイメージだったのでアジサイとの絵は涼しく新鮮さを感じました。
Commented by banyan10 at 2010-07-29 09:02
アジサイ背景のムモンアカですか。これは日本でも唯一のポイントかもしれませんね。
いろいろな表情を見せてくれる蝶なので、近くにポイントを見つけるとたっぷり楽しめますね。
Commented by yoda-1 at 2010-07-29 12:55
無紋日記楽しみにしています。
青いアジサイとの組合せは、なかなか得られないことは確かでしょうから、素晴らしい快挙です。
YODAもこの土曜日に知っている場所を訪問する予定ですが、
うまく発生していることを祈ります。
この場は、このブログ時点で何個体ぐらいなのでしょうか?
Commented by kmkurobe at 2010-07-29 19:32
chochoensisさんまったく意識しておりませんでした。
たまたま降りてきた場所の背景に一株の紫陽花が有ったのです。
それでもこの組み合わせは気に入ってます。
Commented by kmkurobe at 2010-07-29 19:33
himeoo27さんムモンアカは結構人里と関わり合いのある場所に発生しているような気がします。
Commented by kmkurobe at 2010-07-29 19:35
hirax2さん原則的にミドリは定番ですが合いますね。
私は地面に止まった蝶の背景が処理できなくて、一番困っています。
Commented by kmkurobe at 2010-07-29 19:36
cactussさんジョウザン、アカシジミ、ミズイロオナガ、と紫陽花バックで撮影しましたが、なんといってもムモンアカが映えますね。
Commented by kmkurobe at 2010-07-29 19:37
ma23さんそうなんですよ。多分それなりの距離に他のコロニーが有ると思うので、なんとかもう一個所は今年中に見付けたいと思っています。
Commented by kmkurobe at 2010-07-29 19:37
banyan10さん本当にそうですね。まだ雄ばかりなのでこれから、交尾、産卵と期待しています。
Commented by kmkurobe at 2010-07-29 19:38
yoda-1さんやはりゼフシーズンの最後をしめるのにふさわしい、鮮やかなオレンジですね。
ここは10頭以上は飛んでいるように思います。
<< 安曇野のジャコウアゲハ-未撮影種 奇跡の足跡を捜す-ムモンアカシジミ >>