天気が悪いと不活発?

昨日の湿度が残っているようで曇り空が広がっていた。昨日はせっかくの休日が雨・・・・・
未だ活動時間帯と思われる10時から14時の時間帯をフルに観察できていない・・・・・
とりあえず少しずつデータを蓄積することにした。
写真は大幅に手を加えてあるが、発生地の大まかな配置である。
a0071470_16382395.jpg

赤いラインで書いてあるのが、いわゆる「さまよい型飛翔」のパターン、何処かで出逢うと卍飛翔が見られ、4日間観察したが、程度の差こそあれ午後1時前後には、毎回観察できた。
ホストと思われるホウノキの★印あたりに止まっていることが多い。
しかし今日のように日差しがほとんど無いと青いラインの、周りより明るい場所ばかり飛んでなかなか降りてきてはくれなかった。

朝方「桜」には毎回静止している個体が複数観察できた。今朝もこんな感じで発見。
a0071470_16434269.jpg

こことホウノキまでは30メートル位はあるし、活動時間帯でもほとんどここまでは来てはいない。
軽く叩いて降りてきて頂いた。今回はミノルタ100㎜マクロで撮影してみた。
a0071470_16451869.jpg

うんうん良い感じだね。
G11の1:1フォーマットで寄ってみた。
a0071470_16471469.jpg

なんとか赤いベレー帽が写った。

さてお昼休み、ホストと思われるホウノキやミズナラの根本付近を一生懸命捜したが、まったく見つからなかった。
できれば自然な状態で観察したいのでルッキングに徹した。結局この時間帯でいつも静止している桑の木に2個体。桜にやはり2個体。ホウノキは高いところで時々卍飛翔をするがまったく降りてこない。
時間も無くなってきたので、桑の木の個体に降りてきて頂いた。
a0071470_16513150.jpg

2頭ともに足下の草に潜り込んでしまった・・・・・・
一瞬開翅しかけたが、
a0071470_16522968.jpg

次の瞬間には梢高く舞い上がってジ・エンド・・・・・
本日も雌はまったく観察できなかった。
帰り道、例のアジサイにオレンジ色が止まっていた。
a0071470_1704464.jpg
残念ながらオオウラギンスジヒョウモンだった。
こちらはコウノトリが4羽飛来とか。こちらもなんとか御滞在中にゲットしたいものだね。
コウノトリが幸運を運んでくれることを祈ってますよ。
それにしても不思議な夏になったね・・・・・・
by kmkurobe | 2010-07-30 17:00 | 生態写真 | Comments(4)
Commented by ダンダラ at 2010-07-30 19:39 x
ムモンアカシジミの生態観察が出来るなんて良いですね。
活動時間が13時頃というのは私の観察でもそんな感じでしたが、この時間帯には吸蜜なども行われるのでしょうか。
G11の接写は発色もきれいで素晴らしいです。
Commented by kmkurobe at 2010-07-30 19:48 x
ダンダラ さんどうもです。吸蜜の写真を撮りたくて通っているのですが、ホストと思われるホウノキの直下にはそれらしい花はありません。
少し離れたところには、ヒメジョオンを始め色々な花がさいているのですが、未だ観察できません。いまのところ雄ばかりというのも関係有るかもしれませんね。
Commented by clossiana at 2010-08-02 18:07
こういう写真は凄いですね。ムモンアカシジミの生態がよくわかり大変興味深かったです。私の少ない経験では、もし晴れていれば、この蝶のさまよい飛翔の赤い線は梢の上に形成されますよね。曇りだと、こういう風に下の方に形成されるのだと理解して良いのでしょうか?他の種類でも期待しています。
Commented by kmkurobe at 2010-08-02 21:28
clossianaさん私が思うのには、晴れていると不活発なような気がします。確かに曇りで気温が低いほうが下の方を飛んでいるように思います。
とりあえず毎日出掛けて情報の集約に努めます。
<< 珍客滞在-コウノトリ 安曇野のジャコウアゲハ-未撮影種 >>