思い出に浸るのもいいもんだね-キベリカタビロハナカミキリ

7-8日と所用で久方ぶりに実家に泊まることになった。何十年ぶりになるのだろう。自宅が車で1時間位なので独立してからほとんど泊まったことがなかった。

さて北安曇から中京圏に帰るのには3つのルートがある。日本海周り北陸道経由。ポピュラーな長野道-中央道。
今回は高山経由で東海北陸自動車道を利用してみた。やはり長野-岐阜県境の一般道を走る時間が長い分長時間ドライブになってしまった。

それでも早めに出発して少しだけ寄り道してみた。ほとんど交通利用がないのに、ある地点には多数の車両が止めてある。噂に聞く、蝶の数より採集者の数のが多いというのは本当だった・・・・・
a0071470_15293653.jpg

それでもこの蝶なかなか撮影機会に恵まれず、1973年以来のご対面かな?撮影できたのはかなりスレた雄だったけど嬉しかった。
a0071470_1530285.jpg
a0071470_1530137.jpg

他にはサカハチチョウとシータテハ。狙っていたコヒオドシは目撃のみ。

心配していた渋滞にも巻き込まれなかったのだが、なんと花火大会の日で市内は大渋滞・・・・・
それでは実家の屋上から見る何十年ぶりかの花火もいいもんだね・・・・

懐かしい気分に浸って、ついかって起居していた部屋を覗いてみた。
先日、 「虫林花山の散歩道」の虫林さんがお出でになったとき、話題にしていた「キベリカタビロハナカミキリ」を見てみたくなったのだ。

「どくとるマンボウ昆虫記」の中に出てくるこの種類は、当時のカミキリ屋あこがれの種類で、文中でも5頭採集したことが話題になっていた。

1970年だからちょうど40年前。この時は本当にたくさんのキベリカタビロハナカミキリを採集することができた。
多分林道の周囲が伐採後数年した最高の環境になっていたのだろう。
翌年は数頭、数年後にはまったく観察できなくなっていた。
a0071470_1530527.jpg

右上の10数頭がキベリカタビロハナカミキリ。
ラベルをみると1頭1頭に思い出がよみがえってくる。うーん懐かしの同窓会に参加した気分。こんなのもいいね・・・・

70年代初期の思い出が詰まった標本箱のいくつかをそっと覗くと良かった・・・・・・健在だ・・・・・うれしい再会だね。
a0071470_1532178.jpg

さてこの個体、層雲峡7月採集となっているがどうしても名前が出てこない。どなたかおわかりになる方教えて下さい。
a0071470_1532189.jpg

このタカネヒカゲは双六岳産。若くて体力があってもあの登りはきつかった。
a0071470_15324566.jpg

1973年生まれて初めて採集したイエローバンド。まったく同じ場所にいまでも飛んでいるのがうれしい。
a0071470_1533433.jpg

このオオイチモンジの雌。丸瀬布で初めて採集した感動は忘れない。あのオロピリカ林道は今どうなっているのだろう・・・・・

さてムモンアカシジミの観察
8月6日とてつもなく暑い日。1時5分から20分まで高所を飛び回り撮影機会無し。
個体数はやや少なくなってきたような。やはり最盛期は8月初めだったのだろう。
8月8日曇りやや肌寒い。2時45分。
まったく飛んでいない。サクラから1頭飛び出しただけ。時間、天候ともに条件が悪かったようだ。
8月9日1時から1時20分。曇り。湿度は高いが、からだには涼しい感じ。
数頭がカシワの周りを飛んでいた。やはり適度な日照は必要なのだろう。
カシワ樹上に止まっていた1頭が、突然2-3㍍のところで産卵を始めた。
a0071470_15333067.jpg
綺麗な個体だ。
数回産卵をしていたが、ストロボに反応して元の位置へ戻ってしまい、まったく動かなくなってしまった。
a0071470_15334996.jpg
それでもまだまだ、綺麗な雌が残っているようだ。
by kmkurobe | 2010-08-09 15:34 | | Comments(12)
Commented by 虫林 at 2010-08-09 18:00 x
カミキリの標本箱、なかなか面白そうですね。
十数頭のパキタ(キベリカタビロハナカミキリ)は垂涎物ですよ。僕もパキタは大好きで、今でも富士山や南アルプスで、kusmai やtamanukiiを撮影することを夢見ています。
さて、北海道のカミキリムシですが、ケマダラカミキリでしょう。今年も岩手遠征で、このカミキリの本州亜種を撮影撮影していますので、もし宜しければご覧ください。よくぞ発見いましたね。イエローバンドも綺麗だな。
昔の標本箱は、楽しい思い出の倉庫ですね。
Commented by himeoo27 at 2010-08-09 22:17
ムモンアカシジミは気象条件が会えば昼過ぎに産卵するようですね。
昨日は観察中に雨が降り出し、生態観察が十分出来なかったのが少しだけ残念でした。
Commented by thecla at 2010-08-09 23:42 x
オオゴマシジミ久々の出会いおめでとうございます。
懐かしい想い出の詰まった古い標本箱、いいものですね。
Commented by hirax2 at 2010-08-10 00:59
今では超希少種がまだまだ沢山いたころの思い出の標本箱ですね。
私は少年時代からつい最近まで、虫屋遺伝子を封印してましたので
これからこんな色々と思い出になる事を作れるかなと楽しみです。
Commented by kmkurobe at 2010-08-10 16:31
虫林さんどうもありがとうございます。この箱は小学校の時名和昆虫研究所で買いました。箱そのものも思いで深い物です。ほとんどが高校生の時の標本のようですね。それにしてもあの日はバキタ数人で3桁以上でしたから本当にすごい日だったのですね。ノリウツギが咲く頃もう一度訪ねてみたい場所ですね。
貴殿のブログも拝見しましたがなるほどですね。このカミキリ何時どのように採集したかイメージに残っていないのですよ。多分このころはほとんど蝶を採っていたので忘れていたのだと思います。
Commented by kmkurobe at 2010-08-10 16:32
himeoo27さんやはり場所により多少変化はあるものの午後早い時間が活動時間帯のようですね。
Commented by kmkurobe at 2010-08-10 16:34
theclaんさんどうもです。あの夜なべで標本を作り、虫友と語り合った部屋で見ていると、本当に感じる物がありますね。
Commented by kmkurobe at 2010-08-10 16:38
hirax2さん意外に当時普通種だった物がなかなか見つけられなくなりましたね。ヤマキチョウやチャマダラセセリ、クロヒカゲモドキなどこんなになるとはまったく考えもしませんでした。
このほかに姨捨の1973年オオルリシジミ、1972年美ヶ原のミヤマシロチョウ等懐かしい物が多かったですね。ただ松本市のクロツ今とまったく同じ場所で健在でした。本当の衰退の原因はなんだったのでしょうね。
Commented by banyan10 at 2010-08-12 11:47
あそこのオオゴマは上に登らないと厳しいようですが、採集者との場所取りになるのでしょうかね。
標本も良い思い出ですね。双六のタカネヒカゲはすごいです。
僕もデジタルですが、見直せるようにしっかり保存したいと思います。
Commented by chochoensis at 2010-08-12 17:27 x
昔の標本箱・・・小生もまったく同じです・・・昨年、オロピリカ林道に行きましたが、雌が居ました・・・残念ながら撮影し損ないましたが、もう一度行ってみたいです・・・。
Commented by kmkurobe at 2010-08-13 16:20
banyan10さんこれだけを目標にするならば、付近の同じような環境を捜せば飛んではいます。時間が無かったことと、いずれにしてもあまり危険なことはしたくないので登るのはやめました。
双六岳は岐阜県側からのルートでしたが、とにかくきつかったですね。
Commented by kmkurobe at 2010-08-13 16:23
chochoensisさんも丸瀬布へお出かけになりましたか、雄はあちらこちらで観察できるのですが、雌はこの時でさえ採集できたのはこの1頭だけだったですね。
丸瀬布の種苗場で対比の前で待っていると次から次へオオイチの雄が飛んできたのは懐かしい街道の思い出です。
<< ひたひたと迫る秋の足音-クロツ... とにかく死ぬほど暑い中で-ムモ... >>