やっと秋の空になったかな-稲刈り間近

ここへ来て急に涼しくなった。本来ならば例年並みの気温のはずなのだが、あまりにも猛暑が続いた後なので、随分気温が低いように感じてしまう。
お盆過ぎは一年の内で一番天候が安定しているはずなのだが、まったくアルプス稜線が見えてこない。
この週末稲刈りという時期になって、やっと秋らしい雲を背景に五龍岳が顔を見せてくれた。
a0071470_1433073.jpg

今年は暑かったせいか 山肌にはざっと見回しても残雪が沢筋にも残っていないようだ。
この長い期間つづいた猛暑のせいか、秋の蝶達の発生も例年とは違うような気がする。
アサギマダラの渡りは未だに遅れている。いくら何でもこの連休には見られるはずなのだが。
クロツバメシジミ、ミヤマシジミは例年なら最終発生の最盛期のはずなのだが、ミヤマシジミは擦れた個体ばかり、クロツバメシジミに至ってはめっきり個体数が減ってしまった。
逆に最終盤に個体数が増えてくるチャバネセセリやウラナミシジミが結構な数飛んでいる。
a0071470_14252189.jpg

これはやはり暑さのせいで随分早い時期に渡ってきたのだろうかね?
安曇野各地で同じような傾向があるように感じられる。
ことしのシーズンはあっという間に終わってしまうのかね??
ひょっとしたら今年は冬の到来が早いのかもしれないね・・・・・・
a0071470_1421592.jpg

ヌルデの紅葉はまだまだなのにここでも個体数は少なかった。
ミヤマシジミの雌はまだ何とか新しい個体を観察できた。
a0071470_14225858.jpg

クロツバメシジミはとにかく捜すのに苦労するとは思わなかったね。
a0071470_14234722.jpg

ツメレンゲの花穂もまだ全然色づいていないのだが・・・・・
a0071470_14245026.jpg

地元ではほとんど観察できないヤマトシジミが今年はあちらこちらで見かけるようになった。
a0071470_14264664.jpg

カタバミは見かけないのだが何を食草にしているのだろうね?
稲穂が頭を垂れ、蕎麦のみが黒々と実り始めた。うーんやっと秋だね。
a0071470_14285515.jpg

by kmkurobe | 2010-09-18 14:05 | 安曇野 | Comments(8)
Commented by 愛野緑 at 2010-09-18 22:41 x
もうそちらでウラナミシジミですか!そちらの例年のことはわかりませんが、こちらでウラナミが見られるのはもっと遅くなってからですので、蝶の行動はいったい何に因っているのか不思議です。
Commented at 2010-09-19 04:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by himeoo27 at 2010-09-19 17:07
昨年あれほど舞っていた「アサギマダラ」の掲載も少ないような気がいたします。心配です。

それにしても、チャバネセセリの吸蜜はやっぱり可愛いです!
Commented by thecla at 2010-09-20 09:18 x
稲穂も実っていよいよ秋ですね。
高温での成長スピードと日長、植物の成長・開花とチョウの発生タイミング、今年のような年はどうなるのでしょう。少しズレるのでしょうね。
Commented by kmkurobe at 2010-09-21 16:49
愛野緑さんどうもです。こちらもウラナミシジミが観察できるのは通常10月に入った頃です。今年は夏の暑さで第1陣が新雌雄に飛来するのが早かったのでしょう。
Commented by kmkurobe at 2010-09-21 16:49
鍵コメさんこちらはまだ1頭も確認していません。そろそろ飛んでくるはずなのですが。
Commented by kmkurobe at 2010-09-21 16:50
himeoo27さんご心配かけましたが、16日から1000頭以上がマークされたようです。今週が渡りの最盛期になるようです。
Commented by kmkurobe at 2010-09-21 16:52
thecla さん本当に不思議です。クロツもミヤマシジミもこれで終わってしまうのか?と言う感じで、まったく個体数が増えていません。そろそろツメレンゲの花はも色づいて、例年なら最盛期のはずなのですが・・・・・
<< 季節が動き出した-アサギマダラ飛来 35度近い日が続くのは当地では... >>