秋になった

ようやく秋の空気が溢れてきた。
今週半ばから季節が急に変わって、日が陰ると15度を下回るようになり、
抜けるような青空に秋の雲が流れていた。
a0071470_15314451.jpg

定点周囲はここへ来ての悪天候で稲刈りがのびのびになっていた。
この週末は好天の予報で、いよいよ秋も本格的になってきたようだ。
わが家の周囲では気温の低下とともに、至る所で各種キノコがあちらこちらで見かけるようになった。
a0071470_15343492.jpg

一番怪しげなのを撮影してみた。とても大きくて40㎝近くの高さがある。
この類は危険な物が多いようだ。どなたかご存じの方どんな種類か教えて下さい。
お昼休みに帰宅途中で稲刈りが始まっていた。
a0071470_15371338.jpg

北風がとても強い。こんな風が吹くとアサギマダラの渡りが本格的になるとか。
明日も天気がいいようなのでアサギマダラの里を再訪してみよう。楽しみだね。

さてここのところ気になっていた秋の蝶たち。
本来ならば最盛期のはずなのだが、ミヤマシジミもクロツバメシジミもまったく新鮮な個体が見あたらない。
今年は猛暑の影響か最終盤に入っているのかもしれない。
まだヌルデも色づいていないし、ツメレンゲもまだ咲いていないのにね・・・・・・
一生懸命新鮮な個体を捜してみたが、この程度しか見つからなかった・・・・・
ミヤマシジミの雄はほぼ透けて見えるような個体ばかり。かろうじて雌を撮影。
a0071470_15425145.jpg
a0071470_1543048.jpg

クロツも随分数が少なくなってしまった。
a0071470_15434962.jpg
a0071470_15435835.jpg
a0071470_1544657.jpg

さて明日は今シーズン最後のチャンスかもしれない。できる限りあちこちと覗いてみようかな・・・・・・
by kmkurobe | 2010-09-25 15:45 | 安曇野 | Comments(6)
Commented by himeoo27 at 2010-09-25 17:25
今年の白馬は、春が遅く、冬が早い、蝶にとって駆け足の1年になるのでしょうか?ちょっと寂しいですね!
Commented by 久保田 at 2010-09-25 19:58 x
キノコはカラカサタケか、極めて近い種類のマントカラカサタケと思います。生食は無理で、大きい割りにスカスカで食べるほどのもではないと書かれています。
Commented by yoda-1 at 2010-09-25 22:15
このようなキノコがあるのですね。
何か、親子がマントをしょって旅をしている感じがいいです。
でも、40cmですか・・、食べると背が伸びそうです。
Commented by kmkurobe at 2010-10-04 17:16
himeoo27さん安曇野ではここへ来てクロツの第4波が発生し始めました。しばらくたのしめそうです。
Commented by kmkurobe at 2010-10-04 17:17
久保田さんありがとうございます。マントカラカサに間違いないようです。付近を捜してみましたが、この一角以外には見つかりませんでした。
Commented by kmkurobe at 2010-10-04 17:17
yoda-1さんおもしろいので今年は色々とキノコを撮影しています。
なかなか楽しくてはまりそうです。
<< 秋は過ぎゆく 季節が動き出した-アサギマダラ飛来 >>