三国制覇惜しくもならず!

a0071470_1615367.jpg
予報通り天気は良さそうだ。思いの外、気温も高い。風もない。行くしかない・・・・・
まずは越中ギフから。色々と考えたが、新地開拓にこだわって、初めての場所でトライすることにした。
ここは富山平野の中程から富山湾に向かって突き出した尾根の先端。
ここからは富山湾も立山連峰も360度パノラマになっている。
a0071470_16161066.jpg
a0071470_16161818.jpg

色々考えた末、地図上で日当たりの良さそうな南側からの道を選んだ。
結果としては大失敗。杉林が深くて雪解けが遅れ道もひどく荒れていた。
あちこちと枝道に入っては見たが、雰囲気はいいけれど蝶の姿はない。
なんとか尾根の頂上までたどり着いたが、雪解けしたばかりのようで落ち葉がまだぺったんこで、ほとんど花も咲いていない。カンアオイもまだまだこんな感じ
a0071470_16183522.jpg

とりあえず、富山湾と立山連峰の写真だけでも押さえておこうと、松林の中を登っていった。
林が切れたあたりで1頭の雄がテリを張っている。
a0071470_16172350.jpg
なんとか撮影することができたので一安心。
a0071470_16174532.jpg
最高点までもう少しというところの尾根道ではびっくりするくらいの数のギフチョウが飛んでいた。
誇張ではなくてぐるりと体を回転させると10頭近くが視野に入っていた・・・・・
すごい。過去の経験でもこれほどたくさん見たのは1970年代の福井県ぐらいだ。
ただすれた個体が多く、気温が高いためか、背景が広がった場所にはまったく止まってくれなかった。
a0071470_16191562.jpg
この個体はなかなか赤紋が上がっている。
飛翔写真もトライはしたがあまりのスピードで物にできず・・・・・・
うーん来年こそは、朝イチからがんばって広角を物にしなければね。残念!
帰路は西側に下る新しい道を通る。しまったこっちから上がれば最高だったのに・・・・・
とにかく平地に着くまで、ずっと林道の両サイドにギフチョウが飛んでいた。
a0071470_1621269.jpg

途中の桜やスミレには多数のギフチョウが訪花していたのに、気温が高いためまったく物にならなかった・・・・
返す返すも残念。
a0071470_162393.jpg
インターチェンジ近くからの剱岳。

地元信濃のヒメギフチョウはこの天気ならばまず間違いないと思い。一番の難関と考えられた越後ギフねらいで、姫川最下流の発生地へ移動。
a0071470_16221977.jpg
ここは日当たりの関係で、正午頃までしか飛ばない場所だ。
ポイント目がけと登っていくと、ちょうど発生直後のピークだったようでそこそこの数が飛んでいた。
本来ならばここは4月第1週の発生なのだが、ご多分に漏れず遅れているようだ。
a0071470_16215257.jpg

余裕で日光浴をゲット。
a0071470_16212576.jpg
この個体は新鮮て゜本当に綺麗!
1時過ぎにはヒメギフのマイポイントに到着。三国制覇は余裕のヨッチャンだと思っていたら、心なしか日差しが弱くなり、しかも風もなんとなく冷たくなってきた。
a0071470_16234160.jpg
それでもいきなり2頭同時に飛び出したのでいけると思ったのだが・・・・・・・結局、信濃ヒメギフはジ・エンド!
やっぱり新地開拓なり、いい写真にこだわるなりすればよかったのに、すべて中途半端に終わってしまった。
まあ来年のために随分たくさんの知見を得たから良しとしよう。
それにしてもいい年をしてばかなことばかりやっているね。週末もう一度挑戦したいのだけど・・・・・天気がね。
どうやら今年の春のプチ遠征も本日でおしまいのようだ。
さあ来週からは地元でがんばりましょう。
by kmkurobe | 2011-04-21 16:23 | 生態写真 | Comments(6)
Commented by 蝶山人(被曝医療の専門家) at 2011-04-21 17:40 x
ガッツに敬服
赤上がりなかなかいいですね
ダンダラさん撮っていたハイブリ思い出します
Commented by himeoo27 at 2011-04-21 21:07
「体を回転させると10頭近くが視野に入っていた」
まるでこちらの「モンシロチョウ」のようなギフチョウ密度ですね!
私も一度みてみたいです。
Commented by kmkurobe at 2011-04-22 11:21
蝶山人さん毎日ご苦労様でございます。こちらは連休明けが本番の様相です。じっくりお待ち頂いてよろしいかと思いますよ。
始めていくところは、どうしてもばたばたしてしまっていけませんねえ。
来年はぜったい剣岳背景を撮ってやろうと思っています。
Commented by kmkurobe at 2011-04-22 11:23
himeoo27さんここは近くに発生地がありピークになっているので集まるのでしょうね。ただ花がないので今ひとつですね。
このあたりはこのような場所がきっとたくさんあるのではないかと思っています。
Commented by ダンダラ at 2011-04-22 14:20 x
うーん、夢のような場所ですね。
探せばきっと吸蜜ポイントもあるに違いないですよね。
剣岳背景ですか、それも素晴らしいですね。
Commented by kmkurobe at 2011-04-22 15:43
ダンダラさん実は山裾のあたりは吸蜜植物がいっぱいでしたが、いたんだ個体が多くて、次のスケジュールもあったので、無理をしませんでしたが、桜、スミレにたくさんの個体が訪れていました。ただここにはカタクリはないようですし、アルプスや海は写りません。前回訪れた場所に比べてインターチェンジから近いので来年は期待が大きいですね。とにかく個体数が多くて山中が発生地のようでした。
<< 雲の切れ間に赤上がり! 冬に戻ってしまったような冷え込... >>