3連休は好天に恵まれはしたが・・・・・

a0071470_1538833.jpg

今週はカレンダー通りのスケジュールで仕事・・・・・
幸い3連休は好天に恵まれはしたが、地元のギフチョウの発生は遅れていて、数頭観察したのみ・・・・・
a0071470_15352549.jpg

ただ今年は雪解けが遅れた影響か、桜を含めて花がいっぱいのGWを満喫することができた。
a0071470_15384742.jpg
a0071470_15385999.jpg
a0071470_15392132.jpg
3日は「虫林花山の散歩道」の虫林さんと姫川中流域の撮影に出かけた。
途中でご一緒することになった「蝶の玉手箱」のcactussさんと3人でふうふう言いながら崖道を登る・・・・
ここは昨年膝が悪い身には痛烈に応えたので、二度と行くことはないと思ったのだが、ついつい成果の無さからよじ登ることとなった・・・・・・お二人はそこそこの成果があったようだが、小生はヒメギフチョウの日光浴が数枚撮影できただけ・・・・・・
a0071470_1546653.jpg
愛犬の面倒もあるので早々に逃げ帰った次第・・・・・
午後になり「My Favorite Butterflies ofJAPAN」のkenken氏から連絡があり、 「蝶の生態写真」のSa氏と4日に同地に入るという。また「探蝶逍遥記」の外部ストロボ使用の名手fanseabさんもご一緒していただけることになった。

うーんここは疲れた体にむち打って再度挑戦することになった。
a0071470_1540754.jpg
a0071470_15402646.jpg
それにしてもここは本当に綺麗だね!!!
前日のリサーチで蝶道のルートが把握できていたことと、産卵に適した条件が整っていたようで、あちらこちらでほぼ無傷の雌が産卵をしていた。
最初に追いかけていた、なんと言うこともない表現型の雌。
a0071470_1541247.jpg
a0071470_15413993.jpg
それでも日光浴、吸蜜、そして産卵と大サービスをしてくれた。
a0071470_1542485.jpg
このカットは産卵場所に落ち着いた直後に見せる開翅。
卵の写る立ち位置も確保できたので、産卵終了までじっくりと撮影することができた。
a0071470_15431313.jpg
a0071470_15432362.jpg
すっかり満足して降りていくと、皆さんが1頭の産卵体勢に入ったギフチョウを追いかけていた。
みんなで代わる代わる激写!これがなんともすばらしい「赤上がり」の逸品。
a0071470_1544194.jpg
a0071470_15434455.jpg
やはり気温、風向き、日照、湿度などよほどぴったりこないとなかなか思うような撮影はできないのだろう。
なんとか前日の分を取り戻した気になって山を下った。

さてここカタクリの群生がすばらしいばかりではなく、綺麗な花があちらこちらで咲いていた。今年はいっぺんに咲いてしまった感じで本当に美しい。
崖をよじ登っていたらミスミソウ(しかも斑入り)が目についたが、融雪が遅かったあたりではまだあちらこちらに咲いていた。
a0071470_15444818.jpg
a0071470_1545020.jpg
ここのオリジナルは白無地で新潟産のよえな華麗さはないが、カタクリの群落の中に混じっていると、なんとなく気品を感じてしまう。
このあたりのイカリソウはすべて紅色。
a0071470_15452126.jpg
海に近いところでは白ばかりだったのでこれも不思議な感じがする。
by kmkurobe | 2011-05-07 15:46 | 生態写真 | Comments(18)
Commented by himeoo27 at 2011-05-07 16:53
ギフやヒメギフ今年も昨年同様少なそうですが、天候が良いと気分が良いですね!特に陽光を浴びる桜の木が綺麗です。
Commented by 虫林 at 2011-05-07 17:24 x
お世話になりました。
産卵シーンは完璧な撮影になりましたね。もう少し早い時期なら交尾写真も可能性が高そうです。カタクリやユキツバキに加えて、ミスミソウといい、赤いイカリソウといい本当に花園のような場所でした。
ご苦労様でした。
Commented by cactuss at 2011-05-07 20:46
お世話になりました。あの場所はすばらしい場所でしたね。
皆さんが1日中、粘るのがわかる気がします。
次の日もあの坂を登られたのですね。当日はついて行くのがやっとでした。
産卵、カタクリ吸蜜が撮影できて、苦労が報われましたね。
Commented by 22wn3288 at 2011-05-07 21:21 x
産卵、カタクリでの吸密と素晴らしいシーンが撮れていますね。やはり努力しないと駄目なのでしょうか。
白馬はまだシーズンに入りませんか。遅れているようですね。
Commented by kenken at 2011-05-07 21:36 x
期せずして、皆さん入れ替わり集合ですね。(笑)
今年、何より感動したのは、貴兄の足、膝が復活されて連日通われたことです!(爆)
カタクリの花とヒメギフ♀の時期がぴったりで、素晴らしい絵です。
Commented by fanseab at 2011-05-07 21:59
今回も大変お世話になりました。お蔭様でヒメギフを堪能させて頂きました。今回は広角を狙う余裕がありませんでしたが、いずれ13枚目のような広角産卵シーンも狙ってみたいと思います。本当に有難うございました。
Commented by 久保田 at 2011-05-07 22:28 x
日本海側には花の白っぽいトキワイカリソウがあり、イカリソウとは別種です。白色のイカリソウは多くはないのでトキワでは?
Commented by ヘムレン at 2011-05-07 23:13 x
ヒメギフはご一緒できませんでしたが、今年もお世話になりました(^^)
連日の山登り・・・大変だったことと思います。fanseabさんから、険しいポイントだったことを伺いました(^^;)。。小生が行ったら、足手まといだっただろうなあ・・と胸をなでおろしております(^^)。。
素晴らしい環境・・いつまでも残っていてほしいですね(^^)
それにしても・・・赤上がり・・見事です(**)
Commented by ma23 at 2011-05-08 06:55 x
今年は最高の撮影シーズンになったようですね〜。今回はおじゃまできなかったけど、またいつか行きたいと思いました。完璧な産卵シーンの撮影、おめでとうございます!
Commented by kmkurobe at 2011-05-08 19:13
himeoo27さん昨年は本当に個体数が少なかったので影響が心配です。ただ2週間ほど遅れている感じなのでこれからに期待したいと思っています。桜今年は綺麗でした。
Commented by kmkurobe at 2011-05-08 19:14
虫林さんお疲れさま。あそこはきついけれど本当に桃源郷ですね。
見付けにくいだけで私はそこそこの個体数は居ると思うのですが。
Commented by kmkurobe at 2011-05-08 19:16
cactussさんお疲れさまでした。実は次の日も昇ってしまいました・・・・
成果はほとんどゼロ・・・・・・
それでも壊れなかった自分の膝には随分自信がつきました。
めざせ常念岳です!!!
Commented by kmkurobe at 2011-05-08 19:17
22wn3288 さんやはり条件次第だと思います。3日続けて登りましたが、4日だけしか成果は上がりませんでした。
私にはまったく欠けていますが、皆さんの粘りを少しでも見習いたいと思っています。
Commented by kmkurobe at 2011-05-08 19:19
kenken さん毎度です。今回ばかりはおいしいところをさらって早上がりはできませんでした。でもあれほどの花の絨毯は10年に1回以上でしか体験できないでしょうね。いやいや綺麗でした。
Commented by kmkurobe at 2011-05-08 19:20
fanseabさんお疲れさまでしたる小山の上では「技」激写いたしましたので、後日発表いたしますよ・・・・・
色々と本当に参考になにました。またぜひご一緒させてくださいね。
Commented by kmkurobe at 2011-05-08 19:21
久保田さんご指摘有り難うございまする確かに日本海のはクリーム色がかってました。真っ白とはややちがって小ぶりでしたね。
Commented by kmkurobe at 2011-05-08 19:22
ヘムレンさん今年も楽しかった第一回撮影会でしたね。これからもご一緒できるのを楽しみにしていますよ。
Commented by kmkurobe at 2011-05-08 19:24
ma23さん有り難うございます。この個体は開けた林の縁で産卵してくれたのでアングルが自由にとれました。ギフチョウに比べるとウスバサイシンは草丈が有るので撮影はやや楽なような気がしますね。
<< バンド祭りのはずがオレンジ祭りに 大荒れの連休前半 >>