最近の紙面から-飯山のオオルリシジミ

5月9日付けの信濃毎日新聞に上記の記事が掲載されていた。
紙面のかなりの部分を割いていたので、かなり目立つ記事になっていた。
a0071470_17133199.jpg

ヒョウモンモドキやオオウラギンヒョウモンはともかく、シジミチョウのたぐいはまだまだ再発見の可能性はあるかもしれない。
安曇野に限れば、クロシジミ、クロヒカゲモドキなどは私の知っている限りでは確実な発生地は知られていない種類も多い。
保全の危機的状況を知らせる内容ではあるが、なんとなくロマンを感じる記事ではないだろうかね。

さてGW中に撮影した動物も色々。
もちろんこの時期は桜にやってくるリス。今年は枝振りのせいでなかなかいいアングルがとれなかった。
春らしいのを2枚。
a0071470_17134552.jpg
a0071470_17135317.jpg

鳥はキビタキとオオルリ。
a0071470_17141539.jpg
オオルリはいいところに止まってくれたのだが、木の影でせっかくの美形が暗くなってしまった。残念。
a0071470_17143032.jpg


ギフチョウ類以外では久しぶりに撮影できたスギタニルリシジミ。
a0071470_1714418.jpg
コツバメはキブシで吸蜜していた。
a0071470_17145739.jpg
こんな感じの写真が撮りたかったのでピントはイマイチだけどうれしかった。
さてクモツキネタの最後は雌雄どあっぷ!
a0071470_1715967.jpg
a0071470_17151865.jpg
霧雨が降る中の撮影だったのだが、体毛も随分濡れているようだ。
そういう天候だったのもラッキーだったのかもしれないね。

さて本日も一部道路は通行止めだ。しばらくは林道は危ない場所が多くなるだろう。
みなさん気をつけましょうね。
by kmkurobe | 2011-05-11 17:15 | 生態写真 | Comments(4)
Commented by 蝶山人 at 2011-05-11 20:16 x
人類の未来に
厳しい現実を再認識する
毎日ですが
久しぶりのロマンを与えてくれる記事です
Commented by kmkurobe at 2011-05-12 17:22
蝶山人さんこんな記事を読むともう一度自分の近くを違う視点で歩いてみたくなりますね。平地ゴマ、クロシジミ、ヒメヒカゲなんか見つかってもいいような・・・・・
Commented by banyan10 at 2011-05-13 13:23
これはすごい発見ですね。
おそらく他の発生地は一度絶滅した場所ばかりですよね。
厳しい状況のようですが、保全がうまくいってほしいです。
Commented by kmkurobe at 2011-05-13 16:50
banyan10さんそうなのです。我が家の近くでも隣村でも昔の記録があり今でも食草が多く残っています。こんなのを見ると時々はのぞいてみてもいいのではないかと考えてしまいますね。
<< 「あーした天気になーーーれ!」 すさまじい豪雨。 >>