オレンジと幻の珍獣-クモマツマキチョウ他

a0071470_16465187.jpg

数日前まで、朝方の犬の散歩の時は手袋なしではとても歩けなかった。18日は安曇野でも30度を突破し、とにかく暑すぎて、朝方以外はとても撮影にならない。もっともギフチョウの飛び出す時間はやはり8時半頃、なかなかうまくいかないものである。

さて久しぶりの晴天の休日。近くのギフチョウの発生地を一回りしたが、ほとんどがすれた個体ばかりなので、予定通り標高の高い発生地や沢筋の様子を見に行った。

a0071470_16475889.jpg
またこの時期は確信犯的密猟者が多く出没するのでパトロールの意味もある。近々合同パトロールも実施されるが、いまだに非合法とわかっていてもどうしても「採りたい輩」がいるのは愛好家としては残念でならない。
実際作業で山に入られている方に伺うと、「悪質なのは平日に来る」とのこと。まあ確信犯だからねそうだろう。私が出会った多くはみなそこそこの年齢。いい年をして、オオイチモンジと同じで、クモマツマキチョウの場合は本当に逮捕されてしまうよ・・・・・

いずれにしても、自然とふれ合うのに、こそこそとしてしか歩けないのは、本当にさみしいことだね。
a0071470_16473998.jpg

思っていたより残雪が少ない。ガレ場の下縁はほとんど雪渓に覆われているはずなんだが・・・・
この1週間で随分溶けてしまったんだろう。この状態はほとんど平年並み。
サカハチチョウがたくさん発生していた。いよいよギフチョウシーズンも終わりだね。
それでも標高1000メートルを超えたあたりでは、まだまだきれいなカタクリやニリンソウがさいていた。
a0071470_16481881.jpg

杉木立の中からふわりとあらわれたギフチョウは随分と綺麗な個体で、しばらくの間木漏れ日の当たる林床に止まっていた。
a0071470_16485038.jpg
日光浴かなと思ったが、よく見ると給水しているようだ。ヒメギフチョウでは暑い日時々観察したことがあるが、ギフチョウそれもこんな新鮮な個体が吸水しているとはね・・・・・
a0071470_16491321.jpg

とにかく暑い、10時を過ぎていよいよ暑さが増してきた。白い蝶はあちらこちらに飛んでいるのだが、。どきっとさせるほとんどがエゾスジグロシロチョウ。
a0071470_16492826.jpg
a0071470_16493654.jpg
向こう
が透けて見えるようなスジボソヤマキチョウばかり。いい加減にして戻ろうかと思ったら、それらしい個体が崖の上から降りてきた。
ここはほとんど花がないので、ひたすらに追いかける200メートルくらい追いかけたところでやっとスミレの花にとまってくれた。
a0071470_16495842.jpg
スミレでの雌はいい写真がなかったのでこれはうれしかった。
崖沿いなので、根元がすっきりしているワンチャンスをものにできてうれしい!
こうなると欲が出るもので、再び崖下に戻って待っていると、今度は珍しい白い大型の動物が現れた。
どうやら相手は気がついていないらしい。ピントを合わせると「白いカモシカ」のようだ。
これは凄い初めて見た。すると突然カモシカが走り出した???
a0071470_16502144.jpg

後ろには青いネットを持った「絶滅危惧種」が・・・・・うーん・・・・・
一言挨拶をしようと近づくと、姿が見えたせいか急に急ぎ足になり・・・・・どこか林の中に隠れてしまったようだ・・・・・うーんこの動物はカモシカより早い・・・・・
a0071470_1651096.jpg

そんなことがあったので、翌日もカモシカ見たさに同地まで出かけた。とんでもなく暑く現地で出会った撮影者の方に伺うと、クモマツマキチョウは朝からまったく姿を見てはいないとのこと。
時間もないのでお話をしながら帰り道をたどるとその方がオレンジが飛んでいるのを見つけてくれた。
ほぼ同時に私も確認できたので、「止まれ、止まれ。」と念じながら二人で追いかけた。
意外にもゆっくりと飛んでいる。あまりにも暑いので「お昼寝モード」に入りかけているようだ。
最初は草の間の日だまりに休止。ポジションが取りにくく、それでもなんとか裏に回り込むことができた。
a0071470_16515477.jpg

数株しかないスミレで数秒吸蜜する以外は、休止フラフラとした飛翔の連続でそのうち高く舞い上がってがけの上に消えてしまった。後から写真を確認してみるとニリンソウでも吸蜜していた。
a0071470_16522499.jpg
a0071470_16523455.jpg
a0071470_16524472.jpg
a0071470_1653820.jpg
いままでニリンソウでは吸蜜はしないと思っていたので、これはうれしい誤算だったね。
いやそれにしても暑かった。
by kmkurobe | 2011-05-20 16:53 | 生態写真 | Comments(19)
Commented by 蝶山人 at 2011-05-20 17:27 x
どこで撮ったか
解ってしまうのは
kmkurobeさんの指導の賜物
昨年通りの季節進行
低いところでは遅いかな?
蝶の写真より蝶友と飲む酒が
目的だったりします
Commented by yoda-1 at 2011-05-20 18:07
あの地でも、もう発生しているのですね。
今週末は無理なので、今月末に乗り込むとちょうどいい感じでしょうか。
青色ネットの「絶滅危惧種」怪しいですね。
この辺の採集異端者の所業はなんとかないないものでしょうか。
蝶山人さんとは当地で再会したいものですね。
Commented by 蝶狂人 at 2011-05-20 18:49 x
通い初めて以来、最も早いように思えます。例年の方が残雪があったような気がします。
それにしても、今年は先陣を切って2亜種を撮影するとは素晴らしい成果ですね。
Commented by himeoo27 at 2011-05-20 21:42
白いカモシカ&青い網の採取者の写真、何ともはやブラックユーモアを感じますね!
Commented by 愛野緑 at 2011-05-20 23:31 x
ずいぶんとデカイ網を持っていますね~。
カモシカも採れるかも?
Commented by 久保田 at 2011-05-21 06:26 x
もう7~8年前、川沿いの道で密猟者を発見、話しかけるとあまりに露骨な悪質さでこ馬鹿にした態度、やむなく少し下の露天風呂の公衆電話で警察に通報しました。ところが警察は連休で忙しく来てくれず、採集禁止の看板があるにもかかわらず、管理人はギフチョウそのものを知らなかった。後日、その密猟者の名前が入った普通のギフチョウ展翅標本が、東京・中野の虫屋で売られていました。ただし、ラベルは白馬産だが採集日は天然記念物指定前、それにしては翅も下がっていないし、新鮮な感じでした。その後、地元の意識も改善されたと思いますが、申し訳ないが…当時の地元の警察、管理人、密猟者、虫屋、いずれの方々に対しても、今思い出しても不愉快です。
Commented by H.A. at 2011-05-21 08:30 x
青いネットの密猟者。
カモシカより速く姿を消した=悪いと知っている。
本当に悪質ですね。こういう人はお金目当てで採るんですねきっと。
でも、やっぱりオレンジはいいですね。
早く撮りたいものです。でも日曜は雨・・・。
Commented by kmkurobe at 2011-05-21 14:59
蝶山人さんお会いできるのを楽しみにしていますよ。天気がよくなるといいのですが、今年は始まりが湯作りとした春でしたが、初夏を通り越して真夏に成ってしまっています。
Commented by kmkurobe at 2011-05-21 15:01
yoda-1さんあそこはとにかくまるで花がないところを飛ぶのでチャンスは10枚撮影できればいい方です。この日は暑すぎたせいか、ゆっくりと飛び時々止まってくれました。暑くても羽をたたんで、オレンジを隠してしまうようです。
Commented by kmkurobe at 2011-05-21 15:02
蝶狂人さん今年は3回でかけてすべてシャッターを押すことができたのでラッキーでした。しばらくは楽しめそうですが、ここ数年、数が少なくなっているのがやや気がかりです。
Commented by kmkurobe at 2011-05-21 15:04
himeoo27さんネットマンのいる場所は雌を撮影した場所です。まあ逃げるでしょうね後ろ暗ければ・・・・・・
Commented by kmkurobe at 2011-05-21 15:05
愛野緑さん網を振り回すことより、今回はせっかくの白いカモシカを脅かしてくれたことが本当に腹立たしく思いました・・・・・
もっともパトロール中なので近づいたらあっという間に居なくなってしまいました・・・・・
Commented by kmkurobe at 2011-05-21 15:10
久保田さん少し前にブログに掲載した村の広報をお読み頂ければわかりますが、ここ数年条例の整備を含めて、外に向かってだけではなく、村内に向けても広報活動をされています。ずいぶんといろいろな面で努力されているのでご理解ください。21日もこのあたりで合同パトロールが実施されました。

この2日でも数名の網を持った熟年や老年が周りを気にしながら歩いていました。もっと10数年で絶滅するかもしれませんが・・・・・・
Commented by kmkurobe at 2011-05-21 15:14
H.Aさんこの方達は多分ご自分のコレクションになさると思います。
私ももと採集者でコレクターでありましたから・・・・・
一番腹立たしいのは展翅もせずに「採れたて++++」などとオークションにかけている輩です。
せこいことこの上なく小遣い稼ぎに余分に採集する輩こそ、断固駆除絶滅しないといけませんね。
Commented by cactuss at 2011-05-22 06:34
今年は発生が早いですね。
蝶によって、遅かったり、早かったりよく分からなくなりますね。
白いカモシカは見た事がありませんが、もっと近くで撮影したかったですね。
Commented by バモス親父 at 2011-05-22 09:37 x
おはようございます
一緒に写真を撮った親父です
僕の相棒には蝶の写真より 蝶を追っかける親父2人のほうが面白かったようです バモス親父で僕のブログ検索してみてください
Commented by kmkurobe at 2011-05-25 16:09
cactussさん今年は発生は平年並みのようです。ご一緒した場所はやはり月末からでしょうね。白いカモシカは茶色の毛色のタイプの個体変異でなかなか珍しいそうです。-山岳博物館長談
Commented by kmkurobe at 2011-05-25 16:10
バモス親父さん先日は短い時間でしたが本当に楽しく撮影させて頂きました。今後ともよろしくお願い致します。
Commented by usubasiro2 at 2011-06-02 22:18
4日~5日にかけて初めての白馬に撮影に行きます。
天候も回復してきたみたいなので楽しみです。
ギフチョウとクモツキを見ることが出来たらなんて思っています。
ポイントがあやふやな感じですが、何とか見つけてみたいと思います。

もしかしたら現地で合えるかもしれませんね。
<< 連日の真夏日!暑い!暑い!-ギ... クロツバメシジミの開翅 >>