初企画「安曇野周遊春のゴージャス・ツアー」??

またまたバカバカしい企画を考えてしまった。
この時期に1時間以内で行ける範囲で撮影できる最難関3種+1を1日ですべてゲットする・・・・
コード「orange,yellow&blue+1」はクモマツマキチョウとイエローバンドとオオルリシジミそれに安曇野産ジャコウアゲハを加えた豪華4種撮影企画だ。

オレンジはここのところ好調なので天気さえよければ何とかなりそう・・・・・ブルーは雨が降っていても何とかなる。さてイエローが最大の難関である。なにせ今期は2頭にしか出会っていないのだから・・・・・・
a0071470_174454.jpg

そんなわけでまずイエローを何とかしなければならない。幸い予報よりも天気の崩れは遅れていて、朝方アルプスはやや薄雲はかかっていたが、十分な日射量だった。

とにかく朝方の日光浴ねらいで山を登った。20頭撮影できればまあ1頭位は何とかなるという考えた。
a0071470_1742572.jpg

一番光の当たっている場所を探したが、案の定ノーマルばかり。
a0071470_1745254.jpg
a0071470_1765435.jpg
すっかりあきらめてオレンジの谷間に移動しようとしたら、ほとんど枯れたようなカタクリに止まっている1頭が目に入った。翅裏ははっきりとわかるバンドそれもかなりのレベルだ。
a0071470_1754738.jpg

念力は通じて目の前に着地。しばらく日光浴をしてくれた。やったね「イエロー」ゲット!!

オレンジの渓へ移動の途中雲行きが怪しくなってきた。昨日オレンジは撮影できたのでここは無理をせず南下。
安曇野産ジャコウアゲハの発生地へ向かった。ここは先週下見に行ったときには、新鮮な雄1頭と多くの蛹が着いていたので期待はいっぱいだ。
a0071470_178404.jpg


現地に着いてみると日が陰って薄ら寒く何も飛んでいない。蛹の様子を見に行っていたら、土手の上で産卵をしていた。
a0071470_179976.jpg
それからしばらくして薄日が差すとそこそこの個体が飛び回った。
a0071470_1793032.jpg

雄は完全に探雌モードに入っていて全く止まってくれない・・・・・1回だけ吸蜜してくれただけ・・・・・
a0071470_1794284.jpg
雌はかなり新鮮な個体が数頭あちらこちらで産卵をしていて、産卵直後には開翅をしてゆっくりと休止してくれた。
a0071470_1710889.jpg
この雌の色は本当に独特の雰囲気があるね。このあたりではなかなか確実に撮影できる場所はない。
a0071470_17103551.jpg
しかも春型はかなり珍しいのでこれは「O,Y&B」に勝るとも劣らないレベルだと思うね。
さて最後のブルーを撮影に移動すると予報に反してかなり日射が強くなってきた。
ブルーの撮影はやや蒸し暑い薄日が差すような日が好条件なんだけど・・・・これでは多分飛び回るばかりかな・・・・・
発生地につくとあちらこちらに羽化直後の個体が休止していた。クララはまだまだ生育していないのに雌雄同時に羽化したようで、目につく雌はすべて交尾の真っ最中だった。

a0071470_17105727.jpg
a0071470_1711199.jpg

それでもやや曇ったときには開翅してくれた。
a0071470_1712419.jpg
a0071470_17121474.jpg

やっぱりこの色には一年に1回は会いたいもんだね。
あわただしく家に帰ったのは2時前。薄雲が広がって雨が降るばかりになっていた。
by kmkurobe | 2011-05-26 17:13 | 安曇野 | Comments(24)
Commented by 蝶山人 at 2011-05-26 18:31 x
バンド念力ですね
おめでとうございます
酒のつまみにできますね
Commented by kmkurobe at 2011-05-26 19:11 x
蝶山人さんどうもどうも。本当に念力ですわ・・・・・・・・・私はこのような馬鹿な企画が思い浮かぶとファイトが涌いてきます。そのうちアサマシジミ3系統同日制覇でもやりましょう。
Commented by H.A. at 2011-05-26 21:25 x
O,Y&Bはゴージャスすぎます。どの写真も溜息が出ます。
1日で全部はうらやましすぎです。
オオルリは今日の新聞にも出てましたね。
そちらも羽化し始めたようで。
新聞といえば2~3日前にトリミングした写真が・・・
欠けていた部分を思い出し、ちょっと笑ってしまいました。
Commented by 久保田 at 2011-05-26 21:43 x
イエロー、私は今年も空振りでした。捲土重来! 来年は本腰を入れたい! 去年もそう思っていました。ジャコウアゲハは北に行くほど本当に不思議な妖艶な雰囲気ですね。多摩川周辺には多いのですが、どうしても追いかけて撮りたくなります。
Commented by 愛野緑 at 2011-05-26 22:16 x
綺麗なバンドですね!
次の機会にはこんな子に出会いたいです。
Commented by katawara at 2011-05-26 22:34 x
本日、休みが取れたら白馬に行きたかったんですけどね。
今年、最後のバンドでしょうか。
行きたかったなあ。
Commented by kmkurobe at 2011-05-26 22:43
H.A. さんこの場所は私も知りませんでしたが、本来広報しないはずだったそうです。なぜか手違いで紙上にでてしまったとか。管理の方は見回りが大変になると嘆いておられました。
Commented by kmkurobe at 2011-05-26 22:45
久保田さんこちらでは時々散発的に発生するようですが、定着した場所は知りませんでした。ここは昨年偶然知人が発見しました。地権者にお願いして、ウマノスズクサをなるべく刈り取られないようにしています。
7月は個体数が多いので楽しみです。こんどは交尾も撮影したいですね。
Commented by kmkurobe at 2011-05-26 22:46
愛野緑さんこの個体は最初しおれたカタクリで吸蜜していました。裏面は凄いイエローでした。さいごに良いことがあったようです。
Commented by kmkurobe at 2011-05-26 22:49
katawara さんまだ行けそうです。ただ花がミツバツツジしかないので朝方以外は撮影が大変です。もう一個所全く未知の、愛好家に知られていない発生地の報告があったので、ダメ元で来月挑戦してみたいと思っています。
1500㍍近い高層湿地で熊さんがいます・・・・・気を付けないとね・・・・・
Commented by 22wn3288 at 2011-05-27 08:21
1日で目的の種類を撮影出来た、凄いですね。
皆綺麗な個体、良い写真で、楽しく羨ましく拝見しました。
Commented by 蝶狂人 at 2011-05-27 10:00 x
ジャコウは過去1度だけ宮城で撮影したのみです。信州で撮影したいですね。そんなに確実性の高い発生地ですか?
Commented by ダンダラ at 2011-05-27 12:40 x
きれいなバンドですね。
バンドの裏面は好きなので、写真でも見てみたかったです。
オオルリは今年は早いのでしょうか。
Commented by kmkurobe at 2011-05-27 15:19
22wn3288さん地元の強みそれだけです。何年も同じところに通っているので、データは豊富です。あとは天気を含めて多少のツキが会ったような気がしました。
Commented by kmkurobe at 2011-05-27 15:21
蝶狂人さん昨年発見された場所ですが、食草はたくさんあります。
もう1カ所確実なのは長野市内にあります。「ネイチャーKENDAMARの歳時記」が昨年・今年と撮影されていますよ。
Commented by kmkurobe at 2011-05-27 15:25
ダンダラさんここまでのバンドは久々に見ました。前翅も丸っこい感じですね。写真は撮れませんでしたが、裏面は本当に綺麗でした。ここは花がほとんどないので残念でしたる来年はカタクリ満開の時に出かけてみたい者です。オオルリシジミは25日から突然発生を始めたようでかなりの数が羽化してしまったようで、最盛期は短そうだと係員が話していました。やはり東御市のほうが環境も景色もいいですね。
飯山市も今年は11日に観察会があるとか。お休みではないので残念でする
Commented by ネイチャーkendamar at 2011-05-27 19:08 x
ものすごい複合系ですね。監視員でないと…
来年の楽しみができましたね。

Commented by thecla at 2011-05-28 11:19 x
凄いバンドですね。こういうプランを思いつき実行してしまうところがさすがですね。
いつもプランを立てていただくのですが、鈍臭い私は半分くらいしか回れません。
飯山は11日が観察会ですか、その日私もお仕事でございます(ToT)
Commented by kmkurobe at 2011-05-28 11:43 x
ネイチャーkendamarさん事は早々とオレンジを撮影させて頂いたので、気が楽になっているのでしょうか。ブルー三種同日ペア開翅とかまだまだ企画はありますね。同日ゼフ10種というのもいいなあ・・・・・
Commented by kmkurobe at 2011-05-28 11:46 x
theclaさんこのバンドいいでしょう。あきらめかけたところ足下の枯れたカタクリで吸蜜していました。写真で見直すともっと追いかければよかったような・・・・・・ここは出会いの多い場所なのでバンドの確率が高いのだと思います。来年機会があればご一緒いたしましょう。
Commented by cactuss at 2011-05-28 15:03
すばらしいバンドですね。
こんな企画が出来るのは白馬ならではですね。
前日は仕事前にクモツキを撮影されてしまうし、すごいの一言です。
Commented by himeoo27 at 2011-05-28 22:36
5番目のギフチョウのイエローバンドは尾状突起が4本あるように見える面白い個体ですね!それにしてもバンド良いなあ~。
Commented by kmkurobe at 2011-05-29 07:18 x
cactussさんこのバンドは過去5年でベストに近い個体でする右前翅が欠けているかと思ったら。ブナの葉の外縁でした。これは現場でもかなりだと思ったのでグレード高かったですね。カタクリがほとんど終わっていたので残念でしたる来年もう一度挑戦です。
クモツキ今年は標高の低いところで結構飛んでいます。
ただパトロールに幾たびにこそこそ逃げ出す怪しげな人物がいるので困ります。今年は交番を含めて広い範囲で連携を強化しているのですが。
Commented by kmkurobe at 2011-05-29 07:22 x
himeoo27さん昔のボツになった写真を精査してみたら、やはりそこそこの確立でバンドが混じっています。ただ古い個体で光の加減ではほとんどわかりませんね。やはりこの個体のように外縁がすべて尾状突起の先端までぐるり一周はっきりとつながってないと本物とは・・・・
裏面がほぼ黄色に見えるような雌バンドを一度撮影してみたいと思っているのですよ。昨年実家で再会した1972年に生まれて初めて採集した雌バンドはかなりの物でした。
<< とにかく雨続き、気温も低くとて... 早起きは三文の得-クモマツマキチョウ >>