「露出補正」トレーニング-ミヤマシジミ

a0071470_16532242.jpg

気が早い「梅雨の中休み」のような、強烈な暑さになった。
昨日「露出補正」がいかに重要か痛感したので、羽化の始まった-でトレーニングすることにした。
朝の柔らかい日の中でも、うまく補正しないと思ったような深いブルーが出てくれない。
a0071470_165432.jpg

天気がいいこともあって、綺麗なミヤマシジミが日光浴をしていた。
雌はこの1頭だけだったが、この時期のわりには青い部分も見えている。
a0071470_16534513.jpg
このベタ開翅画像で-0.7補正したうえに現像で更に補正してみた。
a0071470_16543439.jpg
やはりカメラ任せではいけないね。ミヤマシジミらしいいい色が出てくれた。
この個体はくるくると移動して吸水を続け、いろいろなポーズをとってくれた。
a0071470_16544850.jpg
a0071470_1655399.jpg
a0071470_16551639.jpg
a0071470_1655413.jpg
a0071470_16555184.jpg
動画も撮影してみたがなかなかいいね。
まだツマキチョウもたくさん飛んでいた。なかなか止まってくれない・・・・・・
a0071470_16561265.jpg
a0071470_16563751.jpg

お昼休みにアオバセセリの探索に出かけたが、まったく蝶が飛んでいない。
a0071470_16565198.jpg

かろうじてウスバシロチョウが吸蜜していた。
サナエトンボが1頭休止していた。
a0071470_165769.jpg
-この種類どなたか教えてください。
さて本日のオレンジ。
a0071470_16572284.jpg
ハタザオでの吸蜜半開翅-やはり表の黒斑が見えるくらい開いてほしいね。
a0071470_16573955.jpg

ベタ開翅-崖の途中なのでいいアングルが選べなかった。決死の撮影をしていた蝶山人さん成果はいかがでしたでしょうね?
by kmkurobe | 2011-06-06 16:52 | 生態写真 | Comments(14)
Commented by 蝶山人@実験の合間 at 2011-06-06 18:34 x
ははは!
成果はメールでご覧の通り
半分寝ていた家内の方が
良い写真撮ってました
Commented by yoda-1 at 2011-06-06 19:06
今日もいたのですね。
このクモツキ吸蜜♂を近くでじっくり撮影したかったです。
ミヤマシジミ♀はブルーがかすかに載るのですね。
栃木で観察した分は気がつきませんでした。またまだ丁寧に観察を重ねないとと反省です。
それにしてもこのミヤマ♂のブルーの濃さは素晴らしいです。
Commented by ネイチャーkendamar at 2011-06-06 19:55 x
行きたかったです…
みなさんにもお会いしたかったです。
特に、お食事会がいいですね…
Commented by himeoo27 at 2011-06-06 20:54
ミヤマシジミ♂の濃いメタリックブルー素晴らしいですね!今度、栃木県のポイントでじっくり観察してみます。
Commented by konty33 at 2011-06-06 20:54
昨日はありがとうございました。お陰様で楽しい撮影になりました。
こんなフィールとが近くにあってとても羨ましいの一言です。
ところでミヤマシジミ♂の表翅の色がこちらのミヤマとは違い深い感じに見え、とても興味深く拝見しました。これは、どうしても現物を見なければいけませんね。
Commented by thecla at 2011-06-06 23:34 x
昨日はお世話になりました。
オレンジを堪能できた一日でした。帰りの中央道の渋滞はひどいもでしたが(笑)
ミヤマシジミの少しメタリックで深みのあるブルー、イメージどおりに写すのは難しいですね。
Commented by kmkurobe at 2011-06-07 11:39
蝶山人さん拝見しましたよ。奥様撮影のフルバンド・・・・スミレ背景ですばらしいですね。
Commented by kmkurobe at 2011-06-07 11:41
yoda-1さん゜これは5日分のストックです。刺激が強いので小出しにしております。
光り物は肉眼とレンズの違いに本当に違和感を感じます。
やはり曇り空に薄日が最高の撮影条件ではないでしょうか。
Commented by kmkurobe at 2011-06-07 11:42
ネイチャーkendamarさんまたゼフの季節に皆さんおいでになりますよ。そのときはまた前夜祭ありますからご連絡いたしますよ。
Commented by kmkurobe at 2011-06-07 11:44
himeoo27さんブルー御三家の中ではやはり一番はっきりとした色彩ですね。おっしゃるように「深み」がださればと思って撮影しています。
Commented by kmkurobe at 2011-06-07 11:45
konty33さん意識したことはありませんが、やはり光の影響がきわめて強い種類なのでしょうね。ウラジロミドリのブルーなども明るいとまったく別の色になってしまいます。
Commented by kmkurobe at 2011-06-07 11:47
theclaさん本当にお疲れ様でした。粋に「蝶が飛んでいる間にさらっと撤収」正解でありましたね。ミヤマシジミのブルーは本当に深くて綺麗ですね。
Commented by maximiechan at 2011-06-10 06:28
恐らく初めてのコメントだと思います。「風任せ自由人」のmaximiechanと申します。数年前から地元埼玉の蝶や蜻蛉を中心に撮影をしています。
さて、この記事のサナエトンボの仲間についてですが、私は見たことのない種だったので図鑑で調べたところ・・・
小型のサナエであり、翅胸前面黄斑がL字型であることから、候補はオグマ、フタスジ、タベ、コサナエに絞られ、更に前肩条がないことから、恐らくタベサナエだと思います。分布は本州中部から九州南部、止水域、流水域いずれにも適応、丘陵地の樹林に囲まれた池沼や細流を含む湿地、流れが緩やかでヨシなどのある砂泥底の河川など・・・ということでした。
Commented by kmkurobe at 2011-06-10 19:20
maximiechanさんよく存じ上げております。今後ともよろしくお願いいたします。「丘陵地の樹林に囲まれた池沼」まさにピッタリの環境ですね。
有り難うございました。
<< ブルーを撮影するのにもってこい... 季節はすっかり平年並みに。 >>