梅雨空にはブルーが似合う-ヒメシジミ初見

ミヤマシジミの羽化が始まって1週間ほどで、第二のブルー、ヒメシジミが登場となる。
a0071470_10212433.jpg

ミヤマシジミほどメタリックな輝きは感じられないが、白い縁毛が長めで、大変シックな感じがする。

ここあちらこちらの発生地を回っては見たが、ススキの伸び具合を見るにつけ、まだまだの感じがしていた。

この時期、村中のあちらこちらでオダマキが開花する。
洋種や自然交配したものなど色も形も多種多様で本当に美しい。
気に入った株の種を少しいただいて庭に蒔いてみるのも楽しみだね。
a0071470_10205111.jpg

ここは私が一番気に入っていたスポットで以前はこの家屋の周りずっとこんな感じでとても「和」を感じる場所だった。
a0071470_10423920.jpg

一昨年改築されていささか残念だったが、今年は落ち着いて昔の雰囲気が感じられた。
ここはピンクの無地をベースに白無地、紫のパステルカラーがほどよく配置されて、落ち着いた中でも
華やかさが感じられる。
仕事場に向かおうと車によると足下から2頭のブルーが飛び出した。ようやく気温も上がって薄日が差してきたからかな・・・・・
a0071470_10214081.jpg
a0071470_10215226.jpg

やはり梅雨空にはブルーがよく似合う。
本日も露出補正無し。
a0071470_1023088.jpg
GXR純正のJPEGでもほとんど変わりがない。
マーガレットやジヤーマンアイリスにもしっとりと水滴が輝き、柔らかい感じがとてもよく表現できたと思う。
a0071470_10231442.jpg
a0071470_10232334.jpg

ヒメシジミの初見はほぼ例年通り。5月には発生することはないし6月も10日を過ぎることは、過去にほとんど無かった。

アサマシジミの発生まであと1週。今年のブルー御三家そろい踏みは20日前後になるのだろうか。
by kmkurobe | 2011-06-11 10:23 | 生態写真 | Comments(4)
Commented by 蝶山人 at 2011-06-11 13:02 x
羽化直のヒメ♂輝きも縁毛も素晴らしいですね。
♂が擦れると会津ではキマリンの季節です。
Commented by himeoo27 at 2011-06-11 13:55
ヒメシジミ登場すると春から夏に季節が移ったと感じるヒメオオです。
次に発生するアサマシジミと併せて楽しみたいです。
Commented by kmkurobe at 2011-06-11 14:55
蝶山人さん信州産キマリンは当地とはまるで反対の場所、しかも夕方がメインなので犬の事を考えると今年も出かけられそうにありませんね。ベニカラならば2-4時なのでなんとか成るのですが。
Commented by kmkurobe at 2011-06-11 14:56
himeoo27さん先ほど見てきましたが、今年は残雪の影響か食草の伸びがかなり場所によって差があります。平年通りもあれば2週間遅れるところもあるのではないでしょうか。
<< 再びオレンジに会いに 動画デビュー >>