梅雨空が戻ってきてしまった・・・・・・

a0071470_1443024.jpg
梅雨空が戻ってきてしまった・・・・・・近場は端境期でヒメシジミ位しかめぼしいところはなし。大移動して一発ねらいもこの予報ではリスクが大きすぎる・・・・・・
この週末は、来るハイシーズンのためのロケハンに徹するしかないかな・・・・・・
ミョウコウシジミ系と思われるアサマシジミの発生地。新しい食痕は無く。次の晴れ間と思われる羽化を待つばかりのようだ。ヒメシジミが1頭だけ観察できたので、その日も近いことだろう
a0071470_1439333.jpg

さてここのところ安曇野、特に西側はずいぶんとニホンザルが増えてきた。ちょっとした谷間にはいると、もっとも身近に観察できる野生動物の1種である。
地元はかなり自然環境が厳しいため、通年居着いている群れは南部だけだと思われていたが、ここへ来て、小規模な群れが、時々人里近くまで降りてくるようになった。
a0071470_14392236.jpg
このニホンザルはそこそこの年齢の雌と思われる。タンポポを握りしめてじっと見ていたので、うーんと思ったのだが、次の瞬間には口の中・・・・・・
a0071470_14393595.jpg
お花摘みではなくて、お食事だったようだ・・・・・
まるで漫画のように、子猿たちがツタをよじ登っていた。
a0071470_14394848.jpg
どうやら梢が食堂になっているらしい。
よく見ると成獣もたくさん登っていた。
生まれたばかりの子供は、うろちょろするので母親は気が気でないようだ。
a0071470_1440227.jpg


ギンイチモンジセセリは最盛期。
a0071470_14401636.jpg
個体数は多いのだが、モノトーンの種類はちょっとした傷でも目立ってしまうので、なかなか撮影対照が見つからない。
ミヤマシジミは第1化のほぼ終盤。
a0071470_1440347.jpg
雌雄ともにまだまだ綺麗な個体が観察できた。
北アルプス山麓のニホンザル動画


ミヤマシジミ吸蜜・産卵 動画


ギンイチモンジセセリ開翅・吸蜜 動画

by kmkurobe | 2011-06-18 14:42 | 生態写真 | Comments(4)
Commented by himeoo27 at 2011-06-18 21:44
ニホンザルは詳細観察すると、その表情が人間的でとっても面白いですね!蝶だけでなく、この手の動物も撮影にチャレンジしてみたくなりました。
Commented by 蝶山人 at 2011-06-18 22:07 x
動物動画にα55 + 300mm本領発揮ですね
ミヤマ♀の青のりもグッド!
Commented by kmkurobe at 2011-06-19 20:36
himeoo27さん最近の一眼のビデオはおまけではありませんね。すっかりはまってしまいました。
Commented by kmkurobe at 2011-06-19 20:38
蝶山人さん欲が出てしまいます。やはりこんな事をしていると500F4とか言いたくなってしまいます・・・・・この冬は鳥やリスたちの撮影が楽しみですね。
<< フィールドに出ないと出会いはな... 梅雨の晴れ間-クモガタヒョウモン他 >>