本日も大雨洪水警報-アサマシジミ

a0071470_15211277.jpg

夜中、半端ではない雨が降り続いていた。本日も「大雨洪水警報」!
予報通り、朝方になってパラパラ程度にはなった。夕方からまた大雨とか・・・・・これを書いている午後3時にはまだ小康状態だ。

さて本日も2007年以来の交尾をなんとか撮影してみたいので、アサマシジミの発生地へ朝駆け。
昨日、1雄1雌の発生地では、あの特徴のある雌しか観察できなかった。
a0071470_15214021.jpg
たくさんススキに止まっていたがすべてヒメシジミだった。
a0071470_15215450.jpg
a0071470_1522986.jpg


もう1カ所も4雄で変わらず。やはり晴れ間が欲しいところだね。気温がやや上がったのか、あちらこちらで吸蜜をしている
a0071470_15222519.jpg
a0071470_15223573.jpg
。一瞬晴れ間が覗いたが、翅表の微妙なブルーはやはり飛んでしまう。ゼフやブルーはホントに梅雨空が似合うようだ。
a0071470_15225686.jpg
a0071470_1523388.jpg
a0071470_15231494.jpg

a0071470_15233480.jpg
a0071470_15234378.jpg
a0071470_15235168.jpg

動画も撮影してみたが、暗いので1脚でも苦しい。三脚を担いでの撮影では、とてもスチール、動画両方は大変だね。明日はやや晴れ間が覗くようだ。そろそろゼフの便りが聞こえてきてもいいはずなんだけどね・・・・・
by kmkurobe | 2011-06-28 15:24 | 生態写真 | Comments(8)
Commented by 虫林 at 2011-06-28 19:06 x
アサマが身近に見ることができてよいですね。こちらではだんたんと個体数が少なくなっています。青燐の発達がやはりこちらよりも強くてとても綺麗に見えます。最近の動画にも癒されています。面白いですね。
Commented by konty33 at 2011-06-28 22:00
アサマは最近少なくなって、凄く限られた場所で細々と命を繋いでいるところが多いと思いますが、身近で見られて羨ましいです。
先日、kontyも山梨のアサマを観察しましたが、とても大きくてヒメシジミとは比べものにならない存在感を感じました。
いよいよ、ゼフのシーズンも近いと思いますが、そちらも楽しみですね。
Commented by 蝶山人 at 2011-06-29 10:40 x
アサマは意外に吸蜜撮りにくいので
半開翅吸蜜良いですね?

ベストシーズンなのに多忙で
遠征出来ません。
仕事嫌になりました。
Commented by kmkurobe at 2011-06-29 17:02
虫林さんこちらも個体数確実に減っています。人為的な環境で生きている個体群は人の都合ですぐに圧迫されてしまいます。今年もなぜか熱心な草刈りで心配です。
Commented by kmkurobe at 2011-06-29 17:03
konty33さんいよいよゼフのシーズンが始まりました。アサマはやはり本当に心配な状態です。草刈りをしないと消えるし、草刈りの時期が悪いとまただめだし・・・・・・なかなか難しいですね。
Commented by kmkurobe at 2011-06-29 17:04
蝶山人さんお疲れ様です。機会を見つけていつでも来てくださいね。一番条件の良い所へお連れしますよ。
アサマはやはり朝方で無いと、花に来ても開翅しないことがおおいようですね。
Commented by furu at 2011-06-29 20:02 x
アサマは適度に放置された環境に多いので、手入れし過ぎても放置し過ぎてもいなくなりますね。
先日撮りに行きましたが、梅雨時の蝶は天気が良いと“らしさ”が出ず、苦労しました。
Commented by kmkurobe at 2011-06-30 22:36 x
furu さんどうもです。アサマシジミは産卵も蛹化も根際なので、草刈りがいいタイミングだったら大丈夫なんですが。若齢の時に草刈りされると危険で。昨年までは山羊の遊牧で絶滅寸前でした。今年はキレイサッパリ草刈りされて未だに姿を見せてくれない場所も有ります。
<< ハイシーズンの幕開けを告げる、... 雨の日にはブルーが似合う-アサ... >>