体がいくつあっても足りない-オオムラサキの吸水

昨年から計画していたシーン、とくにゼフの開翅は薄日が差す条件でないと厳しい。
かといって地元に戻ってきてもすでに気温が上がってしまっては樹上に昇ってしまう。40-50分の移動が本当に考えさせられる。
とりあえず近場で撮影してチャンスを待つことにした。
a0071470_1641033.jpg

7月6日、久しぶりに北アルプスが顔を見せてくれた。
朝方から気温が高くなったせいか、昨日の時間にあわせて出かけてみたら、ジヨウザンミドリシジミのテリ張りはすぐに終わってしまった。なんとかアジサイ背景の開翅。
a0071470_16474054.jpg

せっかく動画を撮ろうと思ったが・・・・・
カシワ系のゼフも平地、やや高地ともにハヤシミドリシジミが初見できた。すべて雄。
a0071470_16505576.jpg
a0071470_1745056.jpg
全く開翅することなく上がって行ってしまった・・・・・・とりあえず第8号はハヤシミドリシジミ。
やや標高の高いところでは綺麗なフタスジチョウがたくさん飛んでいた。曇り空なのでいい感じに撮影できた。
a0071470_1652698.jpg
a0071470_16522133.jpg


クロシジミは雄は擦れた個体が増えてきた。
a0071470_16402762.jpg
a0071470_16404041.jpg

先日「フィールドノート」の theclaさんがアサマシジミの交尾を撮影されていた。そのとき雄が擦れて雌はピカピカという傾向について書かれていたが、今回もどんぴしゃりのカップルだった。
昼間暑い時間帯はどこかに隠れていたのだろう。薄暗くなつてから随分活発に活動していた。
久しぶりにアサマシジミ(平地型)の交尾を撮影できた。うれしい・・・・・
a0071470_16385764.jpg
a0071470_1639985.jpg


動画も撮影してみたが、暗いのでイマイチ・・・・・


キマダラモドキを探しに南下してみたが、まったくすがたも見えなかった。
オオムラサキがあちらこちらで吸水していた。みな羽化直後のようで本当に美しい。
a0071470_16444535.jpg
a0071470_16445590.jpg
a0071470_16451178.jpg

やはり「国蝶オオムラサキ」だね。
動画も撮ってみたがやはり綺麗。満足だね。

by kmkurobe | 2011-07-08 16:27 | 生態写真 | Comments(4)
Commented by banyan10 at 2011-07-08 20:51
だいぶゼフの種類も増えてきましたね。
オオムラサキも綺麗です。
日曜の朝に案内いただいた近所のポイントに寄らせていただくかもしれません。
Commented by kmkurobe at 2011-07-09 15:53
banyan10さん今年はやはり遅れている種類そして少ない種類色々です。やはり平年とは大分違う発生のようですね。
ヒョウモンが今年も少なく丸3年続けての不作となりました。
アザミの花やクガイソウに群がっていたのですが、すべての種類がチラホラとしか観察できませんる
Commented by fanseab at 2011-07-09 21:41
オオムラサキの動画雰囲気タップリです。
紫色の表現も非常に忠実だと思います。中々この色が出せません。ボディはα55ですか?
Commented by kmkurobe at 2011-07-11 16:48 x
fanseabさんそうなんです。さすがソニーですね。このカメラのJPEGとほぼ同じ色で私にとってはすごくナチュラルに感じています。
<< 北陸・関東甲信越の梅雨明け-ハ... いよいよゼフ本番-アジサイにジ... >>