開け!開け!開け!開いた!!!-ウラミスジシジミ

a0071470_1737582.jpg
速報-久しぶりに手が震えた・・・・・
早朝から快晴、アルプスは大変綺麗ではあるが、ゼフィルスの撮影には・・・・・・
案の定、降りてきても開かず飛び去るのみ・・・・
確認できたのはすべてハヤシミドリシジミ雄。
昨日撮影していたので、ほかの種類が出ていないかとあちらこちらを探してみる。
小さな赤いゼフィルスが目の前に降りてきた。
a0071470_17374243.jpg
それもいい感じの場所に。
第9号はウラミスジシジミ。
こうなったら念力勝負。
a0071470_17375958.jpg
開け!
a0071470_17381278.jpg
開け!
a0071470_17382726.jpg
開け!
a0071470_17384225.jpg
開いた!!!
a0071470_17401565.jpg
ということで、私もお仲間に入ることができました。
やったね!!!!
by kmkurobe | 2011-07-10 17:39 | 生態写真 | Comments(24)
Commented by ヘムレン at 2011-07-10 19:05 x
お見事!開きましたね~。。
まだ仲間に入れてもらえていません(笑)。。
昔、開いているのを唖然と見ていて撮り損ねたヘムレンです~。。
いい色ですね。。半開の表と裏のギャップもいいですね。
連続写真に感動が伝わってきます(^^)Yおめでとうございます。
Commented by 蝶山人 at 2011-07-10 20:31 x
速報有難うございました
私も一度開翅を撮りたかった種です。
ピーカンは露出難しいですが
輝きが良く出ていますね。
素晴らしいです。
Commented by furu at 2011-07-10 21:11 x
開いてますね〜、綺麗ですね〜。晴れててもいい色ですね。
表と裏のイメージのギャップも魅力的です。
生きているうちにこんなチャンスが来るだろうか・・・。
Commented by yoda-1 at 2011-07-10 21:26
この週末大変御世話になりました。
このアクティビティにも参加しておけば、2回目の開翅観察となったのにと惜しまれます。
しかし、ピントばっちいで閉翅から開翅への連続シーンなど素晴らしいです。
ハヤシミドリの開翅も次回は見てみたいです。
Commented by 霧島緑 at 2011-07-10 23:02 x
ウラミス開翅、見事ですね。連続写真で見ごたえがあり、興奮が伝わってきます。白馬のカシワ林へもまた行ってみたくなります。
Commented by ikedanochohcho at 2011-07-10 23:42 x
今日は久しぶりにお逢い出来て嬉しかったです。
いつも色々教えていただきありがとうございます!!
あの後、生坂へ廻りましたがキマダラモドキには遇えませんでした、シャクガ君親子が昨年みつけた池田のポイントに案内していただいたらそこで新鮮な個体に出会えました、そのすぐ近くでミズイロオナガが沢山いたという場所も教わり、午前中だけの遊びでしたが満足の一日でした。

ウラミスジの開翅こうしてじっくり見させていただくと、いいですねぇ!! 私もいつかこんなチャンスにめぐり会いたいです。
Commented by fumie at 2011-07-11 00:01 x
kmkurobeさん
きょうはお会いできてとても嬉しかったです。
アイノミドリのこともご丁寧に教えていただきありがとうございました。
それにしても、ウラミスジシジミ素晴らしいです。
これぞ完璧ですね。
白馬のblue on blue、いつか機会があれば是非ご案内くださいませ。
Commented by 久保田 at 2011-07-11 06:57 x
ダイセンシジミ、美しいですね。半世紀近く前、ヒロオビの採卵に行って採集・飼育。その美しさに魅了されました。今度はフィールドで開翅シーンを見たいと思っています。この週末頃に白馬にゼフ鑑賞で入るので、カシワ林ものぞいてみます。それにしても美しい!!
Commented by chochoensis at 2011-07-11 07:01 x
kmkurobeさん、=ウラミスジシジミ=の開翅写真は今まで観察した事が無いです!!!素晴らしい成果ですね、おめでとうございます。やっと、パソコンでここまで打てました、毎日は無理かもしれませんが、また、訪問します・・・。
Commented by 虫林 at 2011-07-11 11:01 x
本当だ、ウラミスジ開きましたね。
本当に開くのですね。ウラミスジは東北でも結構見かけたのですが、あまり開かせることを考えていませんでした。
人事ながら何となく嬉しいな。
Commented by konty33 at 2011-07-11 12:08
ものすごく新鮮なウラミスジの開翅、露出、ピンもぴったりで素晴らしいです。
kontyも早くお仲間に入れて頂きたいです。(笑)
この時の感動と胸の高まりが伝わってくるように感じました。
Commented by kmkurobe at 2011-07-11 16:20
ヘムレンさんやりましたよ。でも今回は自然にみなさんに様子を聞いていたので、慎重に対応することができました。補正などもやや多めにして大正解でしたね。やはり10-20秒程度数回で飛んでいきました。
Commented by kmkurobe at 2011-07-11 16:22
蝶山人さん、昨年ご一緒してウラジロの開翅を撮影したときのような天気でした。ただこの個体は本当に朝日に直角に開いてくれたので、まるでレフ版を当てたようになりました。これは本当にラッキーでしたね。
Commented by kmkurobe at 2011-07-11 16:24
furuさんありがとうございます。やはり心の準備と情報は大切ですね。つい先だってみなさんが撮影されたときの様子を聞いていたので本当にうまく対処できました。仰るとおり一生物の映像と感動を授かったと思っています。
Commented by kmkurobe at 2011-07-11 16:26
yoda-1さん例年では梅雨明けが連休を過ぎるので、割合ゼフの撮影には助かっていたのですが、今年はどうやら厳しいですね。とにかくあれだけ日差しが強いと、広範囲にマークをしても意味がないので、これといった場所で心中するしかないと思います。今日はまったくだめでした。
Commented by kmkurobe at 2011-07-11 16:27
霧島緑さん以前ご一緒したときのような天気なら最高なんですが・・・・・今年は予報をみても晴れマークばかり。ゼフの撮影には本当に過酷な条件の日ばかりのようです。
Commented by kmkurobe at 2011-07-11 16:30
ikedanochohchoさんやはり伐採された翌年というのは苦しいですね。ただ今年はこの数年ほとんど見なかったオオムラサキがたくさん観察できたので、きっと数年すればまた回復するのではないでしょうかね。確かにそちらに比べるとウラミスジの個体数は多い分チャンスがあるのかもしれません。
Commented by kmkurobe at 2011-07-11 16:34
fumieさんどうもお疲れ様でした。午後の部で公園まで出かけたのですが、あまりの暑さで、飛んでいるのはオオムラサキがやたらといるだけでした。狙いのウラナミアカは叩いても4-5頭のオオムラサキが飛び足す始末。オナガシジミ、ウラキンどころではありませんでした。
やはり朝行かなくてはね・・・・・
Commented by kmkurobe at 2011-07-11 16:38
久保田さんウラミスジの開翅はたまに発表されていましたが、まったくの偶然だと思っていました、先日ブログ仲間の皆さんが撮影された時とほぼ同じ様子だったので、なにかこの種類にも開翅の条件があるのかもしれませんね。
Commented by kmkurobe at 2011-07-11 16:41
chochoensisさん静養中のなかコメントありがとうございます。今回は本当にうれしい出会いをいたしました。開翅を観察できたばかりでなく、草の影や木の枝などまったく入らない、まるでレフ版を使ったような条件で撮影することができました。
お元気になられたら、ぜひまたご一緒いたしましょう。
Commented by kmkurobe at 2011-07-11 16:43
虫林さん本当に開くとは思っていませんでしたよ。あそこではずいぶん何度も撮影していましたが、まったくけはいもありませんでした。
しかも朝日を全身に浴びる状態だったので、いままで考えていたのとはまったく違っていたので、本当に不思議に感じています。
Commented by kmkurobe at 2011-07-11 16:46
konty33さんどうもです。とにかくすぐに飛んでしまうと聞いていたので、どきどきしながら待っていました。といっても草に止まってから開くまでほんの数分でした
Commented by kenken at 2011-07-12 01:35 x
うおおおぉ~凄いぞ、凄いぞ!えぇ開翅です!
遅ればせながらのコメントで失礼しました・・・あまりにえぇ絵なので・・・
今度お目にかかった際には、「念力」も入れ方を是非ご教示くださいまし。
Commented by kmkurobe at 2011-07-12 11:16
kenkenさんえーでしょう!!これで今年の大目標の一つがクリアーできました。どうも飛び立つ寸前の「ウォーミングアップ説」が強くなりそうです。経験されたみなさんにお聞きしたいのですが、やはり当方の経験でも10から20秒で数回。開き始めてから数分で飛び立ちました。
Sa氏も撮影されているのですが、どんな感じだつたのでしょうね?
なにか法則あるんやろうか???
広角など一人の時でないとチャンスがありませんから、こいつは本当についていました。
<< 真夏になった-ウラジロミドリシジミ 北陸・関東甲信越の梅雨明け-ハ... >>