今日も開翅な日-ウラジロミドリシジミ

小雨の予報だったがあいにくの晴天・・・・・ただ東空に雲が出ていたので、性懲りもなく本日も仕事前撮影に出かける。現地到着時、随分明るく感じてはいたのだが、昨日より照度の上昇がゆったりしている。
相棒がいないので、できるだけ撮影しやすい場所の個体を選んでマーキングした。
a0071470_14552056.jpg
ハヤシミドリ雌雄、ウラジロミドリ雌雄が観察できた。ウラミスジはあまり広範囲を探さなかったので本日は確認できなかった。すべてほぼ綺麗な個体。アングルが取りやすく、日光を背負う形で撮影できる場所にはなかなか降りてこない。
開翅を撮影するのに理想的な場所4サンプルを選んだつもりだが、曇天の場合は良いが、晴天では全く違うことがわかった。
昨日のハヤシ雌開翅撮影などはよほど運が良かったのだろう。思っても見なかった角度の葉や小枝の影が翅表にかかってしまうのだ
・・・・・
a0071470_148924.jpg
ハヤシ雄No.1 5:09
a0071470_148564.jpg
ウラジロ雄  5:11
草に絡まってサファイア・ブルーがチラリ!この色が何とか全開翅でだしたいね。
a0071470_1411098.jpg
ウラジロ雄5:13
この位置で安定してしまった。
a0071470_14115019.jpg
ハヤシ雌   5:17
いい感じの所へ降りてきたと思ったが・・・・・
a0071470_14123743.jpg
ハヤシ雄No.2 5:58
6:06 雲の切れ間から日差しが
開翅には明るさというよりも、日光とかなり深い関係があるようだ。
そこそこ明るかったのだが、東空に雲があり、直射日光が蝶には当たっていなかった。
これくらい明るくて、気温も適当な場合、降下してすぐ開翅することもよくある。
約1時間経過し、カメラでは3段階くらい明るくなっているのだが、まったく開かなかった。
6時6分頃、雲の切れ間から差し込む朝日が当たり始めると、ハヤシ雄No.1を除くすべてのサンプルに数分以内に変化があった。ハヤシ雄No.3は、たまたま目の前に降りてきた個体が、着地と同時に開翅を始めた。
a0071470_14141731.jpg
これは吸水もしているようだ。
a0071470_1415089.jpg
ハヤシ雌 6:07
絵になる場所で開いてくれたのだが、シダの葉影がまともに翅表にかかってしまった・・・・残念・・・・・
a0071470_1418161.jpg
ハヤシ雄No.2 6:08
ハヤシ雄No.2 は一番いい角度で開きかけたのだが、なんと蟻が邪魔をしてくれた・・・・
a0071470_14261053.jpg
ハヤシ雄No.3 6:11
ハヤシ雄No.3も後翅は真っ黒。やはり光り物の撮影には明るい曇天が望ましいようだ。
a0071470_14291539.jpg
ハヤシ雄No.1 6:16
ハヤシ雄No.1は10分ほどしていきなり舞い上がった。ただ観察していると体のほとんどの部分に光が当たってはいたが、頭部はススキの影に入っていた。変化が無かったのはそのせいかもかもしれない。頭部に光があたるとほぼ同時に舞い上がってしまった。
a0071470_1433023.jpg


a0071470_1433423.jpg
ウラジロ雄 6:09
ウラジロ雄はあまりにも低い草に止まっていたので、なかなかいい角度で撮影ができず、真っ黒になってしまう・・・・・これはこれでいい感じなのだが、ウラジロミドリとしては派手に写ってしまった。
最後の手段で自分の影を利用してみた。
a0071470_14342314.jpg
人間の目では真っ黒にしか見えなかったが、カメラは明らかに光線の違いを映し出していた。
晴天ではこれが精一杯かな。

a0071470_14371233.jpg
朝日にきらきらきと輝いていたセセリチヨウ。綺麗なオレンジ色に見えたが、ヘリグロチャバネセセリかな?皆さんのおっしゃるとおりコキマダラセセリですね。ご指摘有り難うございます。明日もまたまた晴れマーク。お休みなので少し標高を上げてみようかと思う。なにせ1000㍍では暑いよ。
1200~1300㍍の渓谷へ行ってみようかな・・・・・
by kmkurobe | 2011-07-13 14:40 | 生態写真 | Comments(12)
Commented by ネイチャーkendamar at 2011-07-13 18:21 x
相棒いなくてすみません…でもなんかうれしくなりました。
見事にひらいていますねぇ~
明日はどこなのでしょうか?楽しみです。
Commented by syakuga at 2011-07-13 18:30 x
ウラジロミドリシジミの開翅、綺麗ですね。休日が楽しみになってきました。
最後のセセリはコキマダラセセリだと思います。
Commented by 蝶山人 at 2011-07-13 18:52 x
全開も良いですが
3枚目ウラジロ♂の半開翅
角度といい色といい
たまらなく感じる絵です。
ちら見せかつウラジロらしい
翅裏表現たまりません
高い標高はフジミドリでも
狙いますか?
それともヤリガタケシジミ?
行けないので楽しみに
毎日覗かせていただいてます。
Commented by fumie at 2011-07-13 19:32 x
毎日、こちらで沢山のゼフを拝見できてとても楽しみです。
ウラジロの濃いサファイヤブルー、これにはすっかり惚れてしまいました。
いつか実際、フィールドで本物にもお目に掛かりたいです。
どの種類の青もそれぞれ違うので、欲が出てすべて制覇したくなってしまいますね(笑)
kmkurobeさんのblogは、種類や性別がちんぷんかんぷんのわたしにはとても勉強になります。
それにしても、なんて早起きされてるのでしょう。
朝が苦手なわたしには、ちょっといやかなり難しいかもです。
Commented by ヘムレン at 2011-07-13 20:04 x
連日のウラジロ開翅・・・素晴らしいですね。
ウラジロミドリ・・ちょうどピークのようですね(^^)
セセリはコキマダラに見えます~。。
Commented by ダンダラ at 2011-07-14 10:35 x
あそこのゼフもいよいよベストシーズン入りですね。
ウラジロ雄の開翅は素晴らしい深い色ですね。
セセリはヘムレンさんのおっしゃるとおりですね。
Commented by kmkurobe at 2011-07-14 22:24
ネイチャーkendamar さんやはり一人ではロスト連発。欲をかかずに最下部にしぼって正解でした。こんごともよろしくおねがいします。
Commented by kmkurobe at 2011-07-14 22:25
syakuga くんご指摘どうも有り難う。今年は猛暑になつて一気に季節が進んだようです。それにしても今年はどこへ行ってもオオムラサキが多いですね。
Commented by kmkurobe at 2011-07-14 22:26
蝶山人さんこちらやたら暑くて、予報でも35度が並んでいます。もうじき20年になりますが、湿度を含めた体感では最悪の夏になりそうです。
Commented by kmkurobe at 2011-07-14 22:28
fumieさんウラジロはわが家の庭でも時々見かけます。蝶の写真を撮り始めて最初の緑色ゼフでした。ちっちゃな身体に大きな複眼。もちろんサファイア・ブルーが最高です。思い入れが有るので毎日でも会いに行きたい蝶ですね。
Commented by kmkurobe at 2011-07-14 22:31
ヘムレンさんここは例年より最盛期が遅れると思っていましたが、一気に最盛期に入ったようです。ご指摘有り難うございます。これは随分発生が遅れていますね。
Commented by kmkurobe at 2011-07-14 22:33
ダンダラ さんこの青本当に深いですね。オオミドリやジョウザンとは違いますね。やはり曇り空に薄日なら、撮影の許容範囲が格段に広がります。やはりピーカンは苦しいですね。
ご指摘有り難うございました。
<< いやいやこの暑さはたまりません... 晴れても暑くても・・・・開いた?? >>