無文な日々の中で-アオバセセリ

a0071470_14125159.jpg
オレンジ初見から1週間。それなりに撮影することはできるのだが、昨年のように暑い昼下がり、樹上あちらこちらで卍飛翔を見ることができないでいる。全くチラとも見えない・・・・・
a0071470_1492150.jpg

ここ1週間、肌寒い梅雨時のような気象続きだったせいかもしれないし、まだ発生の初期で個体数が少ないからかもしれない・・・・・・
いずれにしても今のところ観察できたのは雄ばかりだ。

それでも毎回、あのかわいいオレンジのベレー帽にあうことができた。

今回はまた念力勝負に成功。
しかもガクアジサイの上だ。
どこからともなく降りてきた雄が目の前のアジサイに止まった。カメラを構えているの良い感じの角度に移動した。
a0071470_14121011.jpg

開け!!
a0071470_14122529.jpg

開け!!もうちょい!!

開いた!!!!
a0071470_14123610.jpg

朝方は割合に低いところに降りている。下草の露が綺麗に光って美しい。
a0071470_1410298.jpg
a0071470_14105846.jpg

a0071470_14112298.jpg

午後は定番の白い花で吸蜜。
a0071470_14113317.jpg

随分長時間吸っていた。
その後、葉上に移動。
a0071470_14115189.jpg
ここでも何か吸汁しているようだ。

昨年ここで初めてアオバセセリを見た。
春先から何回も挑戦していたのだが思いを果たせずにいた・・・・・

オレンジの吸蜜を撮影した後、車に向けて移動しているとかなり暗い道路上に何か集まっている。
a0071470_14132832.jpg

シルエットはスカシバのようだったが・・・・・
a0071470_14134464.jpg

なんと長年探していたアオバセセリが集団で吸水していた。これで昨年が偶産では無いことがはっきりした。
a0071470_14143592.jpg

それにしても真っ暗がりでのアオバセセリの撮影は本当に大変。
アオバセセリの動画。スチールより見た感じはことらに近いような・・・・・・
盛んにポンピングをしていた。
こんどはもう少し明るいところでお願いしたいね・・・・
珍しくこの季節にウラギンシジミが吸水をしていた。
当村ではアオバセセリもウラギンシジミも超レアなのだ・・・・・
a0071470_14163481.jpg
a0071470_14164683.jpg

by kmkurobe | 2011-08-06 14:17 | 生態写真 | Comments(10)
Commented by fumie at 2011-08-06 15:56 x
こんにちは、毎日暑いですね。
紫陽花にムモンアカ、素敵ですね。
き・れ・いです。。
まだ出会ったことのない蝶なので、羨ましい限りです。
それにしても、前記事の脚に綿毛がついているのには、驚かされました。(個人的にシジミチョウは特に可愛いと感じるのですが、あれを見たらキャワァウィ~に変わりました。)
アオバセセリの集団吸水もいぃですね。
単体でも、このところ見かけておりません。
こうして拝見してると、自分でも会いたくなってきてしまいます。
Commented by kmkurobe at 2011-08-06 16:39
fumieさん本当に暑いですね。ムモンアカの綿毛ほんとうにかわいらしいでしょう。帽子も口吻もオレンジ色でコーディネートです。
そちらのお膝元でも下の方の墓地で発生が始まったと聞いています。
そろそろウラキンシジミを撮影されたあたりでも観察できるのでは無いでしょうか。
午後の早い時間日差しの中を飛ぶオレンジ色は目立ちますよ。
探してみてくださいね。
Commented by tyokyojin at 2011-08-06 18:54
アオバセセリの集団とは凄い出遭いでしたね。私も、今日、須坂で偶然にも撮影できました。
Commented by ヘムレン at 2011-08-07 20:43 x
ムモンアカ・・・本当に美しいです。画像も、素晴らしい仕上がりで驚きます(^^)。。
それにしても、アオバの集団吸水・・・見事ですね~。。
曇りで色もよく出ていて、羨ましいです。
夏型は多いのでしょうか。綺麗です。
Commented by 蝶山人 at 2011-08-08 06:26 x
レス遅れました
某SNSで
開翅撮影の難しい種リストに
ムモンアカもランクインしてました
ウラミスジと並んで
もっとも静止時翅開かない種と
認識しています
偶然とはいえ
対照的なガクアジサイに映え
芸術作品としても
非常に質の高い作品ですね
恐れ入りました
高い技術と念力?が生んだ
奇跡のワンショットだと思います
Commented by kmkurobe at 2011-08-08 15:00
tyokyojinさん実はスミナガシも居たのですよ。
ただ翌日からまったくみることはありません。
なんとか発生地をつきとめたいと思うのですがね。
Commented by kmkurobe at 2011-08-08 15:04
ヘムレンさんムモンアカ今年は個体数が随分少ないように感じているのですが、シャッターチャンスに恵まれています。アジサイは本当にらラッキーでした。多分こんなチャンスはそんなに無いでしょうね。
アオバセセリは年2化のようですがここでは2回目の出会い。春は全く姿がありませんでした。
暑い盛り真っ暗な林道上の水たまりで吸水していましたが、暗くて最初なにがいるのかわかりませんでした・・・・・・
吸水の時はあまり羽ばたかないようでラッキーでした。
これ1/50で三脚使用の撮影です。
Commented by kmkurobe at 2011-08-08 15:06
蝶山人さん久しぶりにご一緒できて楽しかったですよ。
それでもさすがに今年は引きが強いですね。
昨年アジサイの上で閉翅を撮影できたので今年もと狙っては居たのですが、まさかあんな位置でガクアジサイに止まってくれるとは。
これ多分ウラミスジの開翅とともに一生物画像になりそうですね。
Commented by yoda-1 at 2011-08-09 12:44
ひゃ~。
このガクアジサイとのショットですが、そこにいるだけでも絵になるのに、さらに開翅しているとは驚きです。
ムモンの朱色がアジサイの青と競うように目立ち、感銘を受けました。
Commented by kmkurobe at 2011-08-12 13:04
yoda-1さん紫陽花には不思議に色々な蝶がとまってくれます。とくにタテハ、シジミは色々と吸蜜に集まるようです。
当地では紫陽花の花期が長いので色々と楽しめる素材です。
ムモンアカの朱色は本当にあざやかですね。
<< やっと本格的な夏に。-ムモンア... 夢にまで見た「綿毛」 >>