今年のアサギマダラ

a0071470_9581519.jpg

今年のアサギマダラは飛来数も多かったが、とにかく長期間にわたって楽しませてくれた。
月初めから飛来していたようだが、今年は初めて出かけたのが9月15日。
それでも一度に見た数ではほぼ最高だった。それがあまり数も減らさずに次々と補充されて、月末でもそこそこの数が観察できた。
a0071470_9583163.jpg

毎年の事ながら、「一画面にいかにたくさん写し込めるか」に挑戦。
こればかりはまだまだ決定打が出ない。なんとかこれというパターンを見つけたい。
a0071470_1094382.jpg
a0071470_101073.jpg
a0071470_10484759.jpg

どう写しても同じような種類なので、かえって表現の難易度が高いね・・・・・
背景をぼかして黄色っぽい緑。もしくはフジバカマのピンクが透けて見える感じが好きだね。
飛翔はやっぱり今年もだめだった・・・・・こればかりは感性の問題が・・・・・・
やはり基本的に向いていないようだね・・・・・・・
a0071470_10155642.jpg
a0071470_10161487.jpg
a0071470_10162947.jpg

逆光を意識して撮影してみたが、このレンズではだめだったね・・・・・・ノイズが・・・・・
a0071470_10174153.jpg
a0071470_10175576.jpg
a0071470_1018620.jpg

というわげて凄い数の撮影をした割りには今年も・・・・・イマイチに終わった・・・・・・
他の蝶も色々と観察できたが、一番興味深かったのはなんとミドリシジミ。
a0071470_10204024.jpg

これ雄でしかも尾状突起もそろってる。
このあたりはハンノキが多いのでここにも発生地があるようだ。
新産地発見だね。
by kmkurobe | 2011-10-17 09:59 | 生態写真 | Comments(12)
Commented by yoda-1 at 2011-10-17 12:27
おお、フジバカマにミドリシジミですか。
なかなかゼフィルス類の吸蜜シーンに縁がありません。
太陽入りのアサギマダラの飛翔、どれもお見事です。
特にその一枚目のアサギ三連が遠近感を出していて、奇跡的なショットではないでしょうか。
Commented by clossiana at 2011-10-17 14:56
この時期にミドリシジミ。。しかも♂とは驚きです。フジバカマでの吸蜜なんて、ちょっと考えられない組み合わせですね。おめでとう御座居ます。アサギマダラの太陽を背にした3枚組も拍手喝采です。
Commented by kmkurobe at 2011-10-17 17:09
yoda-1さんゼフは確かに緑色系の吸蜜は少ないかも。ただポロポロが多いような気がします。
Commented by kmkurobe at 2011-10-17 17:11
clossianaさんありがとうございます。ここの発生は7月下旬だと思われます。確かに雄は珍しいですよね。休眠芽に産卵する種類の雌は遅くまで生きていると聞きましたが、雄でしかも幹や枝に産みますからねこれは。不思議でした・・・・・
Commented by ネイチャーkendamar at 2011-10-17 18:59 x
ご無沙汰しております。
いい飛翔を撮られていたのですね。たくさんいるとついつい遊んでしまっていけないです…
のっぺの方にはミドリがいるよと言われていたのですが…
この時期にいるとは!すごいです。(見つけてしまうのが。)
私も鎌池行きました。
Commented by himeoo27 at 2011-10-17 20:22
太陽光を撮り込んだ逆光飛翔の写真どれも素晴らしいですね!
特に下から2番目の中央に太陽がある画像が好きです。
ミドリシジミは6月中旬の蝶と思い込んでいるので、中秋の吸蜜は驚きです。
Commented by konty33 at 2011-10-17 23:32
ご無沙汰しています。こんなに沢山のアサギマダラは壮観ですね。
青空でも太陽バックでも素晴らしく空を舞う姿が良い雰囲気で綺麗です。
ミドリシジミがこの時期見つかるのも驚きです。
鎌池は夏に行きました。秋は紅葉で良いでしょうね。
Commented by kmkurobe at 2011-10-18 09:11
ネイチャーkendamarさんこちらもそろそろ平地の紅葉が始まります。
青木湖はもう少しの感じですね。機会があったら久しぶりに蕎麦でも食べましょう。
Commented by kmkurobe at 2011-10-18 09:14
himeoo27さんこのレンズは逆光に弱くて、ノイズがひどく、これらも少し修正しています。高標高ではミドリシジミはゼフの最後に登場するようで、こちらでは、ムモンアカ、オナガシジミよりやや早い発生になっています。
Commented by kmkurobe at 2011-10-18 09:16
konty33さんここは毎年出かけているのですが、とにかく地権者の方のメンテがすばらしいので、毎年楽しませてもらっています。
ミドリシジミ8月下旬には見たことがありますが、このように9月の連休後半というのは、はじめての経験でした。
Commented by ダンダラ at 2011-10-20 10:43 x
アサギネットの移動情報では、ここの山荘でのマーキング個体の情報も結構出ますけれど、今年は個体数が多かったんですね。
たくさんの個体が飛翔している雰囲気を出すのってほんと難しいですね。
でも太陽背景の飛翔写真は素晴らしいです。
ミドリシジミは標高が同じくらいの軽井沢では8月の最終週が盛期の感じですけど、それから2週間以上遅くて雄が尾状突起もそろった状態なのは確かにびっくりですね。
Commented by kmkurobe at 2011-10-20 18:07
ダンダラさんどうもありがとうございます。今年は本当にアサギマダラが多かったようです。もつともほとんど書き込みがしてあるので絵になりませんが・・・・
ミドリシジミは青木湖周囲までかなり広い範囲に生息しているようです。ただ湿地でブッシュが深いためまだまだいい撮影場所がみつかりませんが。
<< 暖かな秋晴れになった。 今年の秋は足早に過ぎていく >>