落葉しきり

a0071470_16264519.jpg

ずっと定点観測をしていると、紅葉→落葉するときには特定のパターンが有る。種類によってほぼ順番が決まっているので、できあがる絵も日時の変化はあるもののほとんど同じ
のはずだった。
ところが今年はなにかおかしい秋だと感じていたが、やはり特異な季節の移り変わりをしているようだ。
a0071470_1620162.jpg

21日に撮影した定点ではまだ草が青々としているのに、コブシの紅葉は随分進んでいた。
a0071470_16203137.jpg
24日はとにかく蒸し暑く感じるような気温になったが、風もないのに落葉し始めた。
ことしはまだしっかりした霜が一度も降りていないのにである。
柏はまだ青々としているのに、突然唐松が色づくとともに、落葉しきりとなった。
a0071470_16205072.jpg

本来ならば木枯らしが吹いて、ほかの木々がほぼ冬支度をすませた最後に散り始めるはずなんだが・・・・・
クロツバメシジミもミヤマシジミもやはり店じまいのようだ。
a0071470_16211191.jpg
綺麗にヌルデが紅葉して、ツメレンゲの花もこれからなんだがね・・・・・
a0071470_16213331.jpg
a0071470_16272718.jpg

さてこの秋の「小ネタ」をいくつか。
どなたかのブログに書いてあったが、小生の故郷、東海地方でのツマグロヒョウモンの勢力拡大はすごいものがある。
a0071470_16215746.jpg
a0071470_16221478.jpg

中京地区のとある道ばたのスミレにはたくさんの終齢幼虫が観察できた。一昔前にはまったく考えられなかったことだね。
さてこれはいったい何だろう。
a0071470_16222995.jpg

実は屋外のカフェでランチをしていたら突然相方が「痛・・・・」
これアリジゴクの仲間だろうか???
a0071470_1622425.jpg

背面はこのようにカムフラージュしている???不思議だ???
いつもお世話になっている「珈琲せんじゅ」さん。
a0071470_16231081.jpg

お店の外からはこのようなロケーション。
a0071470_1623316.jpg

稜線の雪もすっかり消えてしまった。

最後は久々の「酒ネタ」
a0071470_16234958.jpg

えー地元限定ではありますが。久々に美味しい銘柄にあたりました。
こちらは熱燗でいただくのに定評のある蔵元ですが、この銘柄は冷やで良し、燗して良し、常温でまた良し。
季節限定ではありますが、当地で「大雪渓」を楽しんだことがあるみなさん・・・・・これは当たりでありましたぞ・・・・・
by kmkurobe | 2011-10-25 16:25 | 安曇野 | Comments(4)
Commented by 蝶狂人 at 2011-10-25 17:18 x
ご無沙汰です。
今年は、クロツもミヤマも早々のようでした。
ヤマトの斑紋異常、3年目続けてと思いましたが不思議なことに某ポイントのみ未発生、その上下流では発生しているのに。
もう一度ぐらいチェックしてみようと思っています。
Commented by himeoo27 at 2011-10-25 19:52
ツマグロヒョウモンは埼玉県南部では、この時期の最高の被写体です。
最近♀の裏翅の濃い赤が特にお気に入りです!
Commented by kmkurobe at 2011-10-26 15:42
蝶狂人さんこちらこそご無沙汰です。
私ももう一度でかけてみようとは思っています。
地元はさすがにだめなようですが。まだ気温は高は、霜も降りていませんから。
Commented by kmkurobe at 2011-10-26 15:44
himeoo27さんこちらでも、成虫越冬の蝶をのぞけば、なぜかウラギンシジミ、ウラナミシジミ、ツマグロヒヨウモンなど春先見られない、南方系の種類ばかりです。
雪山にツマグロヒヨウモンの飛翔を来年こそはゲットしたいと思っています。
<< どくとるマンボウ逝く 暖かな秋晴れになった。 >>