秋から冬へ-それにしてもゆっくり・・・・・

a0071470_11432066.jpg

13日の日曜日まで本当に暖かな日が続いていた。
相変わらず稜線の雪もほとんど消えてしまっていて、地肌が見えてしまっている。
ゆっくりながらも季節は進み、小春日和の中定点のカシワも、紅葉から落葉に進んでいった。
12日の土曜は安曇野へ再び出張。自宅を出てすぐになにやら蝶がテリを張っていた。
ここは日だまりになってはいるが11月の中旬・・・・・
a0071470_11434792.jpg
a0071470_1145583.jpg
綺麗なベニシジミやツマグロヒョウモン。キタテハやモンキチョウも飛び回っていた。うーんこりゃ驚いた。

久しぶりに訪れた安曇野のコハクチョウの飛来地。
a0071470_1145279.jpg

a0071470_11454467.jpg
a0071470_1145559.jpg

梓川もまだまだ秋の色が濃いね。
a0071470_11472376.jpg
a0071470_11473419.jpg

背景は有明山。
a0071470_1146945.jpg
こんなところでもバスフィッシング・・・・・困ったもんだ・・・・・
a0071470_114816.jpg

週が明けて冬型になった。
a0071470_11462778.jpg
a0071470_11465732.jpg
標高1000㍍当たりまで白くなってはいるが、スキー場のオープンにはまだまだ・・・・・そろそろ挨拶の中に「積雪」がキーワードになってきたね。
15日の16時半頃、 「珈琲せんじゅ」さんから。
室内と夕暮れの明るさがぴったりシンクロ。
美味しいコーヒーをいただきましたよ。
a0071470_11482129.jpg

これを書いている窓の外は雨。しかも暖かい・・・・・
いまだに電気毛布がいらない雨の週末になった・・・・・
by kmkurobe | 2011-11-19 11:49 | 安曇野 | Comments(6)
Commented by ダンダラ at 2011-11-21 10:45 x
今年はやっぱり暖冬なんですね。
こちらだと、何となくそうかなとしか思えませんが、そちらだと山の積雪という指標があるから、より季節の進行の遅速がわかりますね。
最後のコーヒーの写真、良い感じですね。
ゆったりと進む至福の時間が感じられます。
Commented by himeoo27 at 2011-11-27 17:04
11月後半なのに、まだベニシジミ、ツマグロヒョウモンは元気に舞っているとは、そちらも予想以上にまだ暖かいようですね!
関東南部も流石に、25日以降は最低気温が10℃を大きく下回り体感的に寒く感じるようになりました。
Commented by chochoensis at 2011-12-11 22:21 x
=コハクチョウ=自宅周辺では少なくなりました・・・市からの指導で=餌やり禁止=が影響しているようです、少し寂しいな・・・。
Commented by kmkurobe at 2011-12-29 12:05
ダンダラさんお久しぶりでごめんなさい。ここのせんじゅさんモーニングタイムが有ります。ゼフの撮影の一区切り後。ギフチョウ撮影の時間待ち。お昼の反省会。来年もよろしくおねがいしますね。
Commented by kmkurobe at 2011-12-29 12:07
himeoo27さんツマグロヒヨウモンの成虫はごついからだをしているので、結構寒さに強いようです。当地では越冬できないようですが、安曇野周りでは春から飛んでます。
やはり幼虫で越冬しているのでしょうかね??
最近のアカホシゴマダラといいふしぎですね。
Commented by kmkurobe at 2011-12-29 12:09
chochoensisさんお元気ですか?ここは流れが強いので、なかなかじっとしてくれません。近くの遊水池の邦画観察しやすいのですが、年によっていどうするようでなかなか撮影できません。
<< オフ企画第1段-フィールド図鑑用写真 煙のでない玉手箱”1978” >>