オフ企画第1段-フィールド図鑑用写真

日本チョウ類保全協会の一大プロジェクト、
フィールド図鑑用写真として掲載予定との連絡をいただいた。当方はごく初期に穴の開いていた部分に何点か出品させていただいていたのだが、今回何点か採用とのご通知をいただいた。しかも締め切りは1月10日厳守のため、1月7日必着とのこと・・・・・・
さあ大変だ・・・・・なにしろ「片づけができないオジサン」そのものなので、10数テラのなかから、元データを必死になって探し回ることになってしまった・・・・・
せっかくなのでオフ企画第1段としてネタにしてみた。
2007年から2009年の写真に撮影された写真で、この頃はまだ犬の世話をあまりしなくても良かったので、随分撮影していたものだ。また2009年以降は天候が不順だったこともありなかなかチャンスに恵まれなかった事もある。
やはりシャッターを押す回数とチャンスは比例しているようである。
初心に帰らなければね・・・・・

ウラクロシジミは自宅の周囲を以前から飛んでいるのを観察してはいたが、なにぶん遙か彼方の梢を飛ぶばかりで全くチャンスが無かった。
この年から「シバキ棒」導入の結果、飛躍的にゼフの観察
チャンスが増え、ウラクロシジミもうれしい成果の一つだった。

拙ブログにも度々登場するお散歩道の途中、小さな小さな「広場」がある。
ここは以前、高圧線下だったため、電力会社により定期的に伐採されていた。それがしばらく前に廃線になり、蝶の観察には絶好の環境を作り出していた。
a0071470_11562477.jpg

この時はなんとかウラジロミドリシジミを撮影したくて必死に叩いていると、小さな銀色のシジミチョウが何頭か足下に落ちてきた。ミズイロオナガシジミかと思っていたら、すべてウラクロシジミ・・・・・
次々に足下のススキに潜り込んでしまい、やっと一頭だけ拾い上げることができた。

ほぼ羽化直後。さすがに開翅はしてくれなかったが、エンジ色がかった裏面は銀箔を散らしたようで、本当に美しかった。思い出の一枚になったね。

データでは

2008/06/28, 7:15:44 ミノルタMACRO 100mm F2.8 α-700

となっている。その後、毎年姿は見ることができるのだがこんなチャンスは2度と巡ってこなかった・・・・・

同所で撮影したウラクロシジミを何枚か再現像してみた。いいね・・・・・
a0071470_11574820.jpg

2008/06/28, 7:09:41 ミノルタMACRO 100mm F2.8 α-700
a0071470_1158818.jpg

2008/06/28, 7:09:31 ストロボ発光, 強制発光モード Caplio GX100 24㎜相当
a0071470_11583267.jpg

2009/06/24, 6:06:46 ストロボ発光, 強制発光モード     シグマ17-70mm F2.8-3.5 α-350

もうすぐお正月。心配していた雪もそれなりに積もって、にぎやかなお正月になりそうだね。
a0071470_11584671.jpg
クリスマスイブの朝の定点。強烈なコントラストがまぶしい朝でした。
by kmkurobe | 2011-12-29 11:58 | 生態写真 | Comments(4)
Commented by ダンダラ at 2011-12-29 23:00 x
ウラクロシジミ、素晴らしいですね。
私も一度、あの広場で目の前を飛んでいくのを見ましたが、止まる所は確認できませんでした。
デジタルになってから、まともな写真が撮れていません。
うらやましいです。
今年の白馬の雪はどうでしょうね。
地域の皆さんの笑顔が出るようだと良いですね。
Commented by kenken at 2011-12-31 21:25 x
おっ、お久しぶりの更新ですね。
定点は、そちらにふさわしい雪景色。

ウラクロ、いい色出てますねぇ~これで開いたら完璧です。
通われていると、きっと開翅のチャンスが来るんじゃないでしょうか?
来年もお目にかかりました際は、よろしくです。
どうぞ良いお年をお迎えください。
Commented by kmkurobe at 2012-01-01 00:19
ダンダラ さんあの広場今年はどうでしょうかね・・・・
ウラクロは結構広く分布しているようなのでなんとか開翅をゲットしたい物です。
Commented by kmkurobe at 2012-01-01 00:20
kenkenさんおひさしですよ・・・・・
ウラクロ2011年に良いところ見付けたので2012年は開翅をねらっていますよ。
<< あけまして 秋から冬へ-それにしてもゆっく... >>