未だ出現せず-エルタテハ初見


a0071470_15505365.jpg
ふと見ると庭の福寿草が咲き始めていた、ミスミソウの蕾も上がっている。

朝方はそれほど冷え込まず、午前中は良い雰囲気があったが、お昼近くになって高雲って来てしまった・・・・・
a0071470_15511721.jpg

何とか薄い影ができているので小山を登ってみる。

スミレの花が増え、雪もほとんど消えていた。
a0071470_15514745.jpg

たくさんの越冬タテハの中にエルタテハが1頭混じっていた。村内でも平地ではほとんど見られない種類で、ここではもちろん初めての観察。
スジボソヤマキチョウやクジャクチョウなどは飛び回っていたが、結局本命の姿は無し・・・・・
うーん今年は20日過ぎてしまうのかな・・・・・

昨日撮影したギフチョウを見直していたら、翅表が随分バラエティーに飛んでいる。
a0071470_15521590.jpg

これは随分明るい個体で、イエローバンドを思わせる。赤紋も随分上がっている。
a0071470_1553525.jpg

一番赤上がりだったのはこれ。
a0071470_1554552.jpg

a0071470_15545639.jpg

このあたりが標準的なタイプだろう。芸のない構図だが、ほとんど傷が無いのでいいね。

そこそこ気に入ったカットを2枚。
a0071470_15551299.jpg

低い枝に降りてきて数回チャンスがあった。
a0071470_15562079.jpg

この木目、虫食い痕がなかなかいいかな。

しばらくぐずついた空模様が続くようだ。うーん体力を温存しないとねぇ-・・・・・
by kmkurobe | 2012-04-16 15:57 | | Comments(8)
Commented by 蝶山人 at 2012-04-16 20:24 x
縁毛の発達した黄色い♀は越後でも見られますが
赤上がりはやはり飛騨や越中でしょうか?
いずれも美男美女揃いですね
Commented by 虫林 at 2012-04-17 19:10 x
遅くなりました。
先日は色々とありがとう御座いました。とても楽しい一日でした。
やっと僕も先日の成果を整理しています(京都からの新幹線の中で)。赤上がりの程度は色々でしたが、やはりご指摘の個体が最もすごかったですね。下の日記の写真も見事ですね。
Commented by konty33 at 2012-04-17 19:55
明るい個体や赤上がりはそそられます。
こちらでは、黒っぽい個体が多く、やはり裏日本に行きたくなります。
今年は、週末の天気が悪くリスクが高すぎるので、遠出は難しい感じです。
Commented by kmkurobe at 2012-04-18 14:53
蝶山人さん姫川中・下流域の個体はそれほど赤いのは出てません。
虫林さんの写真を拝見してもそうですが、随分赤い傾向が強いようですね。かなりたくさんの個体を観察しましたが、美形揃いでした。
Commented by kmkurobe at 2012-04-18 14:54
虫林さん拝見した画像も赤い個体が多かったですね。
やはりのんびり撮影できるのはいいですね。
来年もご一緒できるのを楽しみにしています。
すっかりはまりました・・・・・それでもゼフ第2号はオオミドリシジミ
Commented by kmkurobe at 2012-04-18 14:56
konty33さん富山平野のものと糸魚川あたりのものでは感じが違いますね。もっと白組エル個体て゜、赤紋はあまり発達しないような気がします。所有している1972年恵那市産の黒くて赤上がりの個体を思い出しました。
Commented by cactuss at 2012-04-18 21:15
いろいろな個体がいて、面白い所ですね。
赤の上がった雌は本当にきれいですね。
サクラ吸蜜シーン黒っぽいバックから浮き出ていて、美しい写真です。
Commented by kmkurobe at 2012-04-19 18:27
cactussさんここは数が多いということよりも、撮影しやすい場所です。
足場もよくのり面に沿って飛んでいるので、スミレやショウジョウバカマも良い角度で撮影が可能です。
やはり見下ろすような位置では大変ですね。
<< 今年も開幕-ヒメギフチョウ 三度アルプスの彼方へ-満開の花と蝶 >>