金環食の朝は五月晴れ。

金環食の朝は五月晴れ。
a0071470_16292851.jpg
週末にはほとんど田植えも終わりアルプスの影が映る水面に早苗が揺れていた。
白馬岳の語源と言われている雪型「代掻き馬」くっきりと表れてきた↓。

朝から気温が高いので散歩の途中、発生地を覗いてみた。
日だまりの杉の落ち葉からたくさんのミヤマアオイの新芽が顔を出している。
a0071470_16294893.jpg

活動を始めたばかりのギフチョウが、吸蜜、日光浴を繰り返していた。
a0071470_1630824.jpg
ちょっとドキッとさせたがプチ・バンド・・・・・
この卵塊は20卵ある。
a0071470_16302130.jpg
いよいよ平地のギフチョウも最終盤だ・・・・・・

お昼に訪れた沢筋の発生地では、残雪の影響か春の花がまだまだ綺麗だ。
a0071470_1630361.jpg
a0071470_16304631.jpg

新鮮なカタクリに来ていたのはやや擦れた雄。
a0071470_1631070.jpg

カタクリの周りには山菜の芽吹きが。
ギフチョウの発生は例年並みに近いのかもしれない。
a0071470_1632380.jpg
a0071470_16321697.jpg

安曇野のクロツバメシジミも随分数が増えていた。
ミヤマシジミの発生ももうすぐだろう。
by kmkurobe | 2012-05-21 16:32 | 安曇野 | Comments(2)
Commented at 2012-05-23 16:35 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kmkurobe at 2012-05-26 14:34
鍵コメさんお久しぶりですね。今年は例年より遅れ気味になっているようです。
<< ズミの花が今年も咲き始めた。 うーん今日は誰が持っていたんだ... >>