姫川流域探査-ウラクロシジミ他

a0071470_18233016.jpg

和名というのは色とか形とかで組み合わさってできている物が多いね。
もっともセミやバッタは鳴き声というのもある・・・・・

ゼフィルスのなかには「ウラ**シジミ」とかいうのが6
種類いる。
ウラクロシジミ、ウラゴマダラシジミ、ウラキンシジミ、ウラミスジシジミ、ウラナミアカシジミ、そしてウラジロミドリシジミだ。

みな裏面の特徴を和名にしたものだ。
a0071470_18282050.jpg

中でもウラクロシジミは真珠色の翅表を考えたら、とても適当な名前とは思えない。
裏面も黒というよりは灰色がかったエンジという感じかな・・・・・

ウラクロシジミは地元にも生息しているが、悲しいかな狙って撮影できる場所がなかった。
昨年偶然にもスミナガシを探しにいた場所に多産していた。
残念なことに谷越えでしか撮影できなかったので、ゴマ粒のような証拠画像だけ・・・・・再戦も天候不順で敗退。

かねてより撮影計画も練りに練って出撃。

地元を出るときは一面の朝霧が立っていた。こんな時は放射冷却で気温が急激に上がる。
現地になんとか早めに着かないとね・・・・・・

6時頃にはなんとか到着。思いのほか気温が低い。これはなかなか良い感じだ。
なにせ一人でのたたき出しはロストが多くて、効率がなんとも悪いのだ。

車を止めて一発目に数頭の小型のゼフが飛び出した。
最初から当たりだったが、ロックオンした個体はなんとミズイロオナガシジミ。
a0071470_18235647.jpg

いきなり痛恨のロスト・・・・・
その後も降りた場所が悪かったり、下草に潜ってしまったりの悪戦苦闘・・・・・
それでも根気よく叩いてなんとか複数の個体を確保。

第7号はウラクロシジミ
この個体はストローが伸びている。
a0071470_18243085.jpg
a0071470_18244434.jpg
a0071470_18245292.jpg

じっくりと開翅を待ったが、残念ながら開かず。
食草に近い場所のせいか、ほとんどが雌だった。
暑くなってきたので10時前に撤収。

本日うれしかったのは一眼になって初めてウラキンシジミを撮影できたことだ。
a0071470_18262560.jpg
まさかと思っていたので最高の気分。
第8号はウラキンシジミ

他には
ウラゴマダラシジミ
a0071470_18263772.jpg

ウラミスジシジミ
a0071470_18264976.jpg
a0071470_182658100.jpg

ゼフ第9号オオミドリシジミ
a0071470_18271768.jpg

など一通りの里山ゼフを楽しむことができた。

地元に帰ると緑系のゼフィルスがテリを張っていた。
a0071470_18272984.jpg

クロヒカゲとコラボしていた。
第10号はメスアカミドリシジミ

いよいよハイシーズン突入だ。

撮影地についてのお尋ねにはお答えできません。よろしくお願いいたします。
by kmkurobe | 2012-06-24 18:28 | 生態写真 | Comments(8)
Commented by himeoo27 at 2012-06-24 18:40
そちら北信濃ではゼフのトップシーズン突入ですね!
ミズイロオナガシジミを除くと今年~今まで未見種だら
けで、さいたま市内の林とゼフ種の違いを感じました。
Commented by banyan10 at 2012-06-24 20:16
ゼフの種類も増えてきましたね。
今年は信州への遠征はまだなしですが、そろそろ考えたくなってきます。
ウラクロ叩いて撮影は未経験ですが、先日の秩父は可能性ありそうに感じました。ただ、そちらに比べて気温が高いので条件の良い日は限られますね。
Commented by H.A. at 2012-06-24 21:59 x
出揃ってきましたね。
ウラクロはまだ私は見たことがありません。
図鑑での写真しか見たことがないですが、確かに♂のあの翅表は絶対撮りたいと感じさせます。
まず、発生地を探さなければと思いました。
Commented by kmkurobe at 2012-06-25 09:49
himeoo27さんやはり環境に大錦地外がありますから。
こちらではウラナミアカシジミは極珍品。ミドリシジミはゼフの中で最後に登場します。
Commented by kmkurobe at 2012-06-25 09:51
banyan10さん今年は5-6月の天候がそれなりだったので、アサマシジミなど積雪が影響した種類をのぞくと、ゼフィルスのように樹木で発生して、卵越冬のものは平年並みのような気がします。
これから一気に発生が進むでしょう。
Commented by kmkurobe at 2012-06-25 09:52
H.A.さんメスアカミドリシジミが一気に出始めました。
下草で発生する種類はまだまだです。
来終当たりは忙しい日々になりそうです。
Commented by katawara at 2012-06-25 11:50 x
信州のチョウたちが、一斉に飛び出してきましたので、分身の術(ちょっと古いですか)でも使って、あちこち撮影に出かけたいところですね。
お互い暗いところでの視力が大幅に落ちていると思いますので、朝のゼフを追うのは大変です。
ウラクロ♀もう少しで開きそうな感じですよね。
撮れなかった写真は、来年の楽しみということで・・・、私もウラクロの開翅撮れていないので、来年参戦してもいいですか。
地元のチョウも気にはなりますが、気持ちは信州や北の方面に向かっています。
梅雨時ですので天気が心配ですが、今週末予定どおり白馬方面へ出かける予定です。

Commented by kmkurobe at 2012-06-25 16:50
katawara さん週中のお休みにもう一度でかけようか悩んでいます。
松本もウラキンが出始めたようなので・・・・
一番忙しい時期になりましたね。
<< 炎暑では蝶も飛ばない・・・・・ 本日地元でシーズンインかな?ゼ... >>