今日もとにかく暑い・・・・・


a0071470_1627238.jpg
今日も暑い。そして湿度が低い。

この時期は梅雨空の下、むっとするような湿度の中で毎年撮影しているが・・・・・

朝露にわずかに濡れるくらいで、お昼休みの下草はぱりぱりに乾燥している。
ここへ来て地元のゼフィルスの発生が滞っている。
アカシジミ、メスアカミドリシジミ、ウラゴマダラシジミと言ったところだ。
a0071470_16274391.jpg
a0071470_16275486.jpg

ジョウザンミドリシジミで気の早い1個体がテリを張っているくらいで、山の手はアカシジミしか出ていない。
やはり空梅雨の影響は大きいのだろう。
すぐ横に止まっていた。
a0071470_1646886.jpg
多分エゾハルゼミだろう。
a0071470_16291195.jpg

せっかく出始めたアサマシジミも朝からの直射で思うような色が出ない。
a0071470_16293618.jpg
a0071470_16294624.jpg

この産地ではごく平均的な発色。ただ朝日を浴びるとブルーが綺麗に出ないのが残念・・・・

ここ数日お昼休みの撮影もうまくいっていない。
a0071470_16311241.jpg

暑すぎて正午を過ぎるとほとんどのメスアカミドリシジミが木陰で休んでしまう。
たまたま日が陰ると開翅をしてくれるのだが・・・・・
新鮮な内になんとかいい条件で撮影したい物だね・・・・・
a0071470_16314411.jpg

こんな感じの2㍍少しのコナラによく止まる。
a0071470_163241.jpg

脚立を使ってもこの程度でしか撮影できない、当然光もうまい具合に行かない・・・・
今回は被写体であるメスアカミドリシジミに向かって左上にカメラを持って行ってインターバル撮影を行った。
a0071470_16323392.jpg
a0071470_16324454.jpg
やはり斜め前上方から撮影できるとクリソ本来の色が出てくれる。
a0071470_1633524.jpg
この時は一瞬雲がかかって、たまたまV字まで開いてくれた。

しかし「ゼフィルスを開翅させるためには白い日傘が有効!」という名人がいらっしゃるし、「LEDライトで照らすとすぐ開く!」という説も最近賑やかになってきた。
この上に「インターバル撮影用の竿」「長竿」「脚立」・・・・・
うーんポーターを雇わないといけないかも・・・・・・
a0071470_16452391.jpg
a0071470_16454124.jpg

目新しいところではスジボソヤマキチョウが雌雄とも発生。新鮮な個体は本当に綺麗だね。
もう一雨降れば一気に季節は進むことだろう。
by kmkurobe | 2012-06-29 16:47 | 生態写真 | Comments(2)
Commented by himeoo27 at 2012-06-29 21:24
煌めく蝶たちも素敵ですが、
新鮮なスジボソヤマキチョウ良い雰囲気ですね!
Commented by kmkurobe at 2012-07-01 20:22
himeoo27 さん本当にきれいですね。この蝶も最近個体数がずいぶん減ってしまいました。ヤマキチョウのようにならなければいいのですが・・・・・
<< ゼフィルスの開翅をインターバル撮影 今日も暑かった・・・・・・ >>