赤と銀・・・・・開かず

「虫林花山の散歩道」の虫林さんが最新記事で東北のメスアカミドリシジミについて書かれている。
何でも舞い降りた5頭がすべて雌でそのうち3頭が開翅という。まことにうらやましい様子が書かれていた。
この時期一番親しいゼフィルスは何を隠そうメスアカミドリシジミだ。なにせ自宅の庭でテリを張っているくらいだから・・・・・
毎日の数頭は観察しているのに、この10年近くで雌の開翅には一度しかであったことがないし。それだけではなく、雌だと確認できたこともほとんど記憶にない。

昨日観察できた雌が蝶山人さんのご指摘に寄ればメスアカミドリシジミの雌!

今日こそはの意気込みでいつもの場所に出かけた。
うすいモヤがかかって良い感じだ。
a0071470_16312064.jpg
a0071470_16313323.jpg

最初のうちはミズイロオナガシジミとさすがに擦れてきたアカシジミばかり。

5分ほどして銀色に輝く小型のゼフイルスが着地。今日もウラクロシジミ雄が出現。
a0071470_1632434.jpg
しかも段々と明るくなり期待はいよいよ膨らむ。

マークをして更に進むと、中型の雌が暗がりに降りてきた。
a0071470_16322254.jpg
雌雄は判別できなかったが、アイノミドリシジミかメスアカミドリシジミのようだ。

しばらくして草の上にはい出してきた。ようやく当たってきた朝日に、前翅の赤紋が透けて見える・・・・・・
a0071470_16324013.jpg
両者の距離約30㍍。

行ったり来たりしながら開翅を待っていた。
ウラクロシジミのほうはまったく動きがないので、メスアカミドリシジミの方に張り付く。

スリスリし始めたのでカメラを構えていると、鮮やかな赤紋を見せて舞い上がってしまった・・・・・・
残念・・・・・
ウラクロシジミの方に戻ったら、すでにもぬけのから・・・・・うまくいかないね・・・・・
あしたも再挑戦だねこりゃ・・・・・
a0071470_16355859.jpg
a0071470_1636929.jpg
ほかにはウラゴマダラシジミが雌雄ともに活発に飛び回っていた。
今年は例年に比べてたくさん見かける。
a0071470_16362240.jpg
梢でテリを張っていたのは、多分ジヨウザンミドリシジミとだろう。

メスアカミドリシジミの雌は、雄がテリを張っている付近の暗い所に、静止または低く飛んでいるとか。
お昼休みにめを皿のようにして捜したがやはり発見できず。

今日も6-7頭の雄が飛び回り。まだまだきれいな個体が多い。

本日もインターバル撮影のトレーニング。
a0071470_1636357.jpg
a0071470_16364378.jpg
a0071470_16365185.jpg
やはりより近くへ寄った方がピントが合いやすいようだ。
a0071470_1637580.jpg

by kmkurobe | 2012-07-04 16:36 | 生態写真 | Comments(4)
Commented by 蝶山人 at 2012-07-04 19:27 x
開翅テク色々と説が流れていますが
海野先生は目の前で見事に開翅させてました
テクも有りますが運もあるか???

ウラミスジのkmkurobe師匠開翅など思い返せば
kmkurobe師匠も相当引きが強い方かと・・・
Commented by 虫林 at 2012-07-06 10:54 x
メスアカの♀の開翅は惜しかったですね。
でも、場所は申し分ないとしても、時期や条件がそろえばあっけなく撮影できそうですね。ウラクロは相変わらずうらやましい限りですが、少し古くなってきたようですね。
インターバル撮影は今度教えてもらおうかな?
素晴らしいですね。
Commented by kmkurobe at 2012-07-06 17:06
蝶山人さん本日も赤いの粘りましたが開かず・・・・・
もっともメスアカと確認できただけ今年は良いですが。
Commented by kmkurobe at 2012-07-06 17:08
虫林さん今年は雌も毎日出会っているので期待して居るのですがね・・・・ウラクロは地元ならば完ピンです。ただ運が無いと撮影できないので・・・・・今日も居ましたが撮影できませんでした。
<< 出稽古-インターバル撮影 ブレイク間近 >>