リコーGXRでのインターバル撮影

a0071470_16263832.jpg
インターバル撮影の機材についてお問い合わせがあったので、現在の仕様を公開します。
また実際に撮影して感じたことを列挙してみました。
a0071470_16272979.jpg

①志賀製 何年使ったかわからない柄150㎝5段。
②JIS-CAMERA ネジ これでカメラネジに変換できる。
③クイックシュータイプの小型自由雲台 SBH-100
④LPL製 LEDライトVL-90 L26611 ホルダー付
⑤リコーGXR S10 24-72mm F2.5-4.4 VC 

フルセットで装着するとこんな感じ。
a0071470_16275514.jpg

①保持する柄は最初一脚を使用していたが、グリップの部分が細くて不安定だった。しかも重い。
 この古い傷だらけの柄は軽くて、仕舞い寸法も短くバッグに入れられる。
 「持ちやすくて軽い」
②変換ネジは使用する柄の規格で変わってくるが、ネットで1本から売っているので便利。これはマイクスタンド用。

③小型の自由雲台はどうしても必要。クイックシュータイプは便利。 
 「敏速なセッティングと荷物の軽量化」
④普段は特に使用していないが、ホルダー付きのこれはそれほどかさばらないので常設。
⑤使用する条件に適合するカメラは少ない。

 1.インターバル撮影モードは必須
 2.1㎝マクロが必須
 3.小型で軽い
 4.手ぶれ防止
 5.RAW撮影
 6.画素数が大きい
 7.バリアングル液晶
GXR他リコー製のカメラは①~⑤までの条件を満たしている。
すべての条件を満たすカメラは現在ないようだ。


外部モニターを使えばデジイチでも理論的に撮影可能、ただ何キロもの機材を長時間支えられるのだろうか。

とにかく軽くして、カメラをなるべく動かさない工夫が必要。

このシステムだと2秒ごとに無限大に撮影が継続でき、その都度AFが働いている。

被写体にレンズをなるべく近くして、レンズ中央をイメージするとカメラ位置が把握しやすい。

枝に突っ込むような撮影になるので、できるだけ小型で画素数も大きく高感度な物。

思いつくままに書いてみました。ご意見頂ければ幸いです。


さてゼフィルスばかりだったので他の蝶もいろいろ。
今年は地元紙にも掲載されていたが、信州各地でオオムラサキの発生が多いようだ。
a0071470_16285784.jpg

先日出かけた場所でも随分たくさんの個体が堆肥に集まっていた。
a0071470_16293526.jpg
すべて雄のようだ。雌が発生を始めたらどうなるんだろうね・・・・・・このカットだけで20頭以上だ。
a0071470_16291223.jpg


コヒョウモンモドキに今年も会うことができた。
a0071470_16303348.jpg

雨の中を元気に飛び回っていた。
a0071470_16305459.jpg

ホシミスジはやはり梅雨空が似合う。

a0071470_16311131.jpg
アサマシジミはようやく雌が羽化。他のブルーに比べて随分発生時期にズレがあるのはなぜだろう。
a0071470_16313136.jpg

ミズイロオナガシジミの異常型。
a0071470_16314154.jpg

何年も出会えなかったウラナミアカシジミに今年はよく出会う。

昨日も3日続けてメスアカミドリシジミの雌に出会った。
a0071470_1632220.jpg

随分粘ったが本日も開翅せず飛び去る。
a0071470_1632164.jpg

しかし何年も会えなかったのに、どうして今年は???
うーん明日は天気の回復が遅いようだ・・・・・何とか朝までに小やみにならないかな・・・・・

久しぶりに、「あーー明日天気になーーーーれぇ!!!」
by kmkurobe | 2012-07-07 16:32 | PCとカメラ | Comments(8)
Commented by yoda-1 at 2012-07-07 23:50
インターバル撮影器具の伸縮ロッドの先に付く、首振り台がよく見つかりましたですね。JISカメラネジというものがあるとは知りませんでした。
もうオオムラサキの季節なのですか。
メスアカの開翅はなかなか難しいのですね。
Commented by himeoo27 at 2012-07-08 08:55
オオムラサキの樹上での開翅の画像
飛行機から俯瞰したようで、
面白く綺麗な画像ですね!

ミズイロオナガシジミの異常紋
探していますがまだ見つけて
いません・・・・・・
Commented by thecla at 2012-07-08 16:16 x
インターバル撮影用で36個版のLEDだと大き過ぎ、光も強過ぎる気がしていたので早速購入してみました。
ただ、GRDⅢだとGXRより高さがぐっと低いので画面の上半分くらいにしか光が当たらない状況です。
ただ光の強さは良さそうなので、ちょっとGRDを上げ底にする方法を考えれば良さそうです。
Commented by banyan10 at 2012-07-09 15:06
メスアカの雌の開翅は撮影したいですね。
一度だけ野外で目の前で開いたのですが、撮影前に逃げられました。
インターバルはあっという間に多くの人が使うようになり驚いています。
いまだに一脚で何の工夫もせずに使っています。
最新のカメラだと2秒間隔で撮影できるのですね。
Commented by kmkurobe at 2012-07-09 21:58
yoda-1さんブログ仲間のキジを拝見するとみなさん色々とタメされているようなので参考にしました。
メスアカ雌はそもそも今までほとんど開翅どころか撮影する機会もありませんでした。
Commented by kmkurobe at 2012-07-09 21:59
himeoo27さん有り難うございます。こんな感じがインターバル撮影で出せればと思っていまする
ミズイロオナガのこのタイプは割合この辺りでは普通?に年数回は見られます。
Commented by kmkurobe at 2012-07-09 22:02
thecla さん鋭いですね。その部分を実は少し改造しています。
やや下向きにできるとちょうどいい感じで、事前に調整して撮影しています。
Commented by kmkurobe at 2012-07-09 22:04
banyan10さん私のも5秒間隔でした。先月最新版にファームアップしたら2秒でできるようになりました。一度おためし下さい。
<< 新兵器配備-ゼフィルス最盛期 出稽古-インターバル撮影 >>