安曇野周遊③

a0071470_10431844.jpg

安曇野の最北、仁科三湖のあたりには湿原が広がり、特有の生き物たちが生息している。
この時期にはミドリシジミがシーズン最後を飾って発生を始める。ハッチョウトンボが住んでいる湿原の周りにはハンノキの林が広がり、早朝にはヨシ原に降りていることがある。
この日は気温が高かったせいか、梢を飛び回っているばかりだったが、なんとか数頭を見つけることができた。
a0071470_10433886.jpg
a0071470_10435019.jpg

開翅をするまもなく飛び立つので撮影できず・・・・・
雌はAB型とO型が確認できた。
ここでは遅れていたキバネセセリも発生していた。
a0071470_1048416.jpg

北アルプスから流れ出す高瀬川の支流にはオオイチモンジが生息している。
a0071470_1044942.jpg
先週に続いて挑戦するも1頭だけが吸水に現れた。
a0071470_1044233.jpg
ここではなかなか絵になるような場所には降りてくれない・・・・・・
a0071470_10444073.jpg

コムラサキが面白いポーズで吸水していた。
アイノミドリシジミも相変わらず多数テリ張りしていた。
a0071470_10445780.jpg
a0071470_10451583.jpg
よく見ると擦れた個体が多い。
a0071470_10452841.jpg
ちらっと見えた翅表からエルタテハだとわかったが、裏面のL字はほとんど消失していた。
ヒメヒカゲは新鮮な個体が観察できたが何せこの日は暑かった・・・・
開翅はもちろんダメ・・・・・休止する場所も草陰に入ってしまう。
a0071470_10462812.jpg
a0071470_10464696.jpg
a0071470_10465734.jpg

結局一番接近できたのはこれ。
a0071470_10471175.jpg
やはりモノトーンの撮影には曇り空が似合う。
a0071470_1052571.jpg

安曇野5カ所を周遊しても家に着いたのは4時過ぎ。
まだまだ明るくいろいろの蝶が来訪してくれた。
a0071470_10472952.jpg
オオウラギンスジヒョウモン♂
a0071470_10474185.jpg
オオウラギンスジヒョウモン♀
ヒョウモン類ではオオトリでの登場だ。
アカソの上に綺麗な夏型のサカハチチョウが開翅していた。
a0071470_104819.jpg

うーん疲れたけど、久しぶりの満足感にあふれた一日だったね。
しばらくはオリンピックだね。
こんな花が日の丸のように咲いていた。
a0071470_10502162.jpg

ガンバレ!なでしこJAPAN!!!!!!
by kmkurobe | 2012-07-28 10:51 | 安曇野 | Comments(8)
Commented by hemlenk at 2012-07-28 17:25
高瀬の支流にオオイチですか。
なかなかいても見つけるのは大変そうですね。
さすがです。
ミドリシジミでゼフも終わりですか。いよいよ盛夏ですね。それにしても、毎日暑いです(^=^;
Commented by ダンダラ at 2012-07-28 18:44 x
高瀬川ですか、懐かしいです。ずっと昔北アルプスの登り口には大ゴマシジミがいましたっけ。
安曇野でヒメヒカゲですか…・
Commented by 22wn3288 at 2012-07-29 10:38 x
安曇野では今 ミドリシジミとヒメヒカゲの時期 ですか。
ヒメヒカゲの眼状紋の数は多いようですね。
ゼフィルスの時は終わりですか。
暑い日が続きます。高地が恋しくなりますね。
Commented by himeoo27 at 2012-07-29 20:37
本日、長野県の某ポイントでヒメヒカゲを探して
みました。茶色のビロード状の煌めきがとても
素敵でした。他地域に比べて♀の白帯が小さい
ようですね!
Commented by kmkurobe at 2012-08-04 15:49
hemlenkさん「高瀬谷」では有りませんが、アルプスから流れ出る大きな支流はだいたいいるようですね。
ミドリシジミは今年はイマイチの発生です。
Commented by kmkurobe at 2012-08-04 15:50
ダンダラさん亀レス申し訳ありません。
今年は安曇野のオオゴマをさがしていますが、なかなか険しくて簡単ではないですね。
ヒメヒカゲ「安曇野を見下ろす高原」の撮影です。
紛らわしい費用減で失礼致しました。
Commented by kmkurobe at 2012-08-04 15:52
22wn3288さんオリンピックとともに本当に暑くなりました。とにかく雨が降らないので、なかなか撮影の機会に恵まれません。
Commented by kmkurobe at 2012-08-04 15:53
himeoo27さん東海地方出身の小生にはヒメヒカゲはミドリシジミとともに湿地のチョウでした。
コヒヨウモンやエルタテハと一緒に飛んでいるのは、未だに、いささかの違和感を感じてます。
<< 猛暑続く・・・・・チョウも飛ば... 安曇野周遊② オレンジと黒 >>