定点の田圃に水が入った-安曇野周遊2013

今朝は悔しいくらいに良い天気だ。
a0071470_21253672.jpg

定点の田圃に水が入ったので、地上5㍍からリモート撮影。
この角度なら映り込んだ五竜岳が綺麗に写っている。そろそろゼフの季節も近いのでトレーニングしないとね。


さて、ここのところ周期が最悪パターンで、当方の休日は半分以上が撮影日和ではない・・・・・
2日も午後3時からの晴れマーク・・・・・・まあ雨降りよりはいいか・・・・・

撮影できる種類を考えて、久々の「安曇野周遊2013」にGO!
午前8時過ぎ、自宅近くは高曇りやや肌寒く感じた。
a0071470_2127014.jpg

まずは先日、雨の中訪れたギンイチモンジセセリ。さすがに曇り空ではあったが、そこそこの気温で無風。
綺麗な個体が若葉が伸び始めたススキの株の周囲を飛んでいた。
ヒメシジミがまったく観察できなかったので、ここは例年よりもまだ少し遅れているようだ。

やや南へ移動して安曇野産ジャコウアゲハの発生地へ。
a0071470_21263274.jpg
雌があちらこちらで産卵行動をしているが、ほとんど止まってくれない・・・・・証拠写真をなんとかゲット。

北アルプスを遠望するも、午後訪れる予定の谷間は深い雲の中・・・・・・うーん困った。

とりあえずさらに南下してオオルリシジミの発生地で時間調整をすることに。
a0071470_21274250.jpg
a0071470_2127866.jpg

綺麗な雌雄がまだ観察できた。
クモガタヒョウモンも初見。
a0071470_21283873.jpg

ここで「ネイチャーKENDAMARの歳時記」のOさんカップルと合流。
近くのカフェでゆったりとランチ・タイム。
午後2時近くなったので北上開始。
目的地に近づくと、計ったように空が明るくなってきた。
今時の天気予報はスゴイね・・・・・

ただ3時を過ぎても日差しは一向に強くならない・・・・・
オレンジフィーバーにはやや寂しい感じ・・・・・
a0071470_2129721.jpg

ただ、その間うれしいことに蕗の葉の上に静止していたコブヤハズカミキリを発見。
元カミキリ屋の小生には何よりのプレゼントである。
久しぶりに念入りに撮影した。
a0071470_21292827.jpg

このあたりはコブヤハズカミキリとマヤサンコブヤハズカミキリの境界線とされている。
ハイブリッドとも思われる個体も記録されているので、同定は難しいが。

-虫林さんいかがでしょうか?

4時近くなって対岸で休止中の♂発見との連絡が聞こえてきた。
お裾分けにありつこうと移動した先には「週末・がさがさ団 」のK氏が手を振っていた。

前日から入山されたとは聞いていたが、まさか発見者がK氏とは・・・・・・
ほとんど飛び回らないので、この美しいモデルを囲んで大撮影会となった。
a0071470_21294913.jpg

何とか〆のオレンジ撮影も完了。
a0071470_21301435.jpg
いやいや長い一日だったね。

詳報は追々。
by kmkurobe | 2013-06-03 21:30 | 生態写真 | Comments(10)
Commented by hemlenk at 2013-06-03 21:45
白馬はこれから田植えですか。
さすがにけっこう遅いですね。(^_^;)
先日、伺った時は、安曇野は稲がけっこう伸びてしまって、映ったアルプスが撮れませんでした(^_^;)
春からいよいよ初夏ですね。
そちらのゼフィルスも赤いのはもうじき見られますね(=^・^=)
Commented by Dodo-boy at 2013-06-04 15:50 x
その節は大変お世話になりました♪
おかげさまで、久しぶりのオレンジたっぷり堪能で、本当に楽しい時間を過ごせました☆
Commented by fumie at 2013-06-04 19:49 x
kmkurobeさんのブログは、定点からの景色とコメントで、ご当地の季節の移ろいが伝わってくるのがまた魅力的なところですね。
黄色の花に止まるこのクモガタヒョウモン素敵、これ好きです。
それから広角で撮られているカミキリとクモツキもいぃですね。
課題は山積みですが、わたしも広角チャレンジしてみたいです。
Commented by ダンダラ at 2013-06-06 12:22 x
私が撮影していたときには、やはり雲の中だったのですね。
だんだん雲が降りてきたので撤収しました。
2時過ぎから明るくなってきたのですね、もう少し粘ればよかったかな。オオルリ、きれいですね。横目で見ながら通り過ぎてしまいました。
ちょっと反省です。
Commented by kmkurobe at 2013-06-06 23:52
hemlenk さんこちらでも水面にアオコが浮いたりして、チャンスはあまりありませんね。
ゼフィルスはアサマシジミがの発生とほぼ同時です。
アカシジミかメスアカミドリが一番の用です。
Commented by kmkurobe at 2013-06-06 23:53
Dodo-boy さんよかったですね。またご一緒できるのをたのしみにしていますよ。
Commented by kmkurobe at 2013-06-06 23:54
fumie さん本日私も出かけてきましたよ。
もっともチャンスはほんの数分。
どうもお天気のサイクルに恵まれないようです。
Commented by kmkurobe at 2013-06-06 23:55
ダンダラ さんあかるくはなりましたが。結局どなたかが見つけてくれた休止中の雄の撮影かいて゛した・・・・
午前中とてもだめかと思っていたのですが、すばらしい撮影をされていたのでびっくりしました。
Commented by 虫林 at 2013-06-08 04:32 x
すいません、出遅ればかりです
いいな~、今年はオレンジがすごいですね。
コブヤハズはハイブリッドまでの同定は僕にはできませんが、
マヤサンの特徴が出ていますね。ちなみに、現在では長野県
産はチュウブマヤサンコブヤハズカミキリ Mesechthistatus furciferus meridionalis ということになります。
それにしてもほれぼれするきれいな個体ですね。
Commented by kmkurobe at 2013-06-08 16:14
虫林さんありがとうございます。やはりマヤサン系の要素も入った感じしますよね。あそこはみなさんが別の場所でここのところ毎回撮影しているようなので、専門でコブ探しをしたらかなり面白い場所ではないかと思います。
<< 再び「安曇野周遊2013」 妖しの雲が・・・・・ >>