AMは750㍍から0㍍へ、PMは1500㍍から750㍍

a0071470_13431811.jpg

ダイミョウセセリ、やコジャノメなど我が家を訪問してくれるチョウ達も選手交代。
そんな中、6月8日名残のギフチョウはなんと雌バンドだった!
a0071470_13423783.jpg


さて、季節はいよいよハイシーズンへ。
暑い日が続いているが、時々朝方ビックリするほど冷えて一面霧に包まれることがある。
こんな時はとにかく思い切り暑くなる事が多い。
ブログ仲間の記事にはすでに華やかなゼフィルスの話題が多くなってきている。
当地標高750㍍では、まだまだ2-3週間先の話・・・・・
何とかゼフィルスの撮影をしたくて日本海を望む小山に出かけてみた。

ゼフィルスの撮影には多数の「熟練の眼」が必要だ。
そんなわけで今回も「ネイチャーKENDAMARの歳時記
のOさん達に相方になっていただく。
a0071470_13434367.jpg

雪を被った焼山ほか頚城の山々が見える。
季節は進んでいて、カエデの実が美しく色づいていた。
a0071470_1344895.jpg

予想通りやや早そう・・・・・何頭かそれらしいのは出るのだが・・・・・・
諦めた頃になんとか撮影可能範囲に。
a0071470_13444721.jpg
2013年ゼフ第1号は意外にもウラクロシジミ。
ここは一通りの平地性ゼフィルスが観察できるのだが、うれしい誤算・・・・・
何頭か飛び出したのでここでは一番早く出る種類なのだろう。

第2号は順当にアカシジミ。
a0071470_13451535.jpg

地元にはいないモンキアゲハを狙って転戦したが目撃のみ。今年はここも黒色アゲハの数が少なく感じられる。

a0071470_13454691.jpg

750㍍まで戻って、すぐに南下1500㍍まで一気に上る。やたら気温が高くなってきたが、まだ残雪が残っていて、吹く風は涼しい。
a0071470_13461632.jpg
a0071470_13463466.jpg
なんとかゲット!!うーん今年はそろそろオレンジもおしまいになるかな・・・・・
やや下がったところではタニウツギが満開になり、ヤマキマダラヒカゲが珍しく吸蜜していた。
a0071470_13465674.jpg

夕刻は750㍍付近を散策。ニセアカシアの花が満開。
a0071470_141567.jpg
a0071470_14152245.jpg
a0071470_14153433.jpg
クモガタヒョウモンにウラギンヒョウモンが来ていた。
このあたりでもヒメシジミが発生を始めていた。
a0071470_14155030.jpg
まだ綺麗な♂が多い。
a0071470_1416745.jpg
a0071470_14162315.jpg

この多重露光風に写った1枚は、なんか不思議な感じでうれしい・・・・・
さすがに疲れた。ここへ来ていっきに季節が進んでいる。
ちょっと予定を練り直さないといけないかな・・・・・・
a0071470_14165036.jpg

by kmkurobe | 2013-06-10 13:47 | 生態写真 | Comments(10)
Commented by 蝶狂人 at 2013-06-10 19:39 x
標高の高い方はまだまだ行けそうですね。他に目がいかなかったかつてならピークをやや超えた頃でしょうか。行ってみた~ぃ!っていう感じで会心の絵を拝見しました。
Commented by hemlenk at 2013-06-11 09:54
標高差で見事に季節が変わりますね(=^・^=)
春から夏…両方が楽しめますね。
それにしても、新鮮なヒメシジミ、綺麗ですね。もう、そんな時期ですか(=^・^=)
夏の蝶を見に行く計画を建てなければ(=^・^=)
Commented by 蝶山人 at 2013-06-11 13:26 x
高標高のクモツキ
秀逸ですね
結構長い季節楽しめますが
休みが無いとアプローチが・・・
Commented by fumie at 2013-06-11 20:51 x
この時期のギフチョウの雌バンドとは、何だか得した気分ですね。
それから、ラストのクモツキの写真とても素敵です。
ぜひ壁に一枚という感じです・・・。
そしてそして、ウラクロですか。
今年こそ出会ってみたい一番の蝶です。
願わくば、雄のパールの輝きを写真に撮りたい・デス(笑)
Commented by himeoo27 at 2013-06-11 21:04
ウラクロシジミが初見とは流石「信州」という
素晴しい場所ですね!
ヒメシジミの舞はとても可愛く綺麗です。
最後のオレンジは、目に焼き付きました。
Commented by kmkurobe at 2013-06-11 22:08
蝶狂人さんオレンジは標高が上がればまだまだこれからのようです。
もっともこれからはゼフで忙しくなりますけどね。
Commented by kmkurobe at 2013-06-11 22:09
hemlenk さん今年はヒメシジミもあっという間に終わってしまいそうな勢いです。どうやら今月中にゼフもかなりの種類が登場しそうですね。
Commented by kmkurobe at 2013-06-11 22:10
蝶山人さんそうなんです。これからはかなりの時間歩かないと発生地へはつけませんね。今年はこれを持ってオレンジの季節はおしまいになりそうです。
Commented by kmkurobe at 2013-06-11 22:12
fumieさんこのバント゛が我が家で散乱していたかと思うと来年が楽しみになりますね。
ウラクロはこれからだんだんと標高を上げてきて我が家のあたりには今月終わりくらいに到着思想ですね。
今年は是非全開を撮影したいものです。
Commented by kmkurobe at 2013-06-11 22:13
himeoo27 さん実はこれ姫川最下流の越後の国なのですよ。
塩の道をさかのぼって我が家にたどり着くのはもうすぐですね。
うーん待ち遠しい。
<< 思わぬブルー御三家そろい踏み 再び「安曇野周遊2013」 >>