慈雨

a0071470_19201220.jpg

15日土曜日は久々の梅雨空に。
前夜からそこそこの雨が降り、朝方はむっとするような梅雨らしい天気になった。
朝方、近場のアサマシジミの発生地を回ると、この雨を待っていたかのように、たくさんのヒメシジミやアサマシジミが飛び回っていた。
a0071470_19203617.jpg
a0071470_19205883.jpg
a0071470_19211574.jpg
a0071470_19212891.jpg
ほとんどがみずみずしい個体ばかりだ。
雌雄一度に羽化したようで、あちらこちらで交尾しているカップルが目につく。
a0071470_19215194.jpg


アサマシジミは雄のみ観察できたが、ヒメシジミの群れからやや離れたところを周回していた。
このあたり観察していると結構おもしろいね。25メートルプールほどのススキ原でもはっきりと分かれている。
ここの平均的な雄はこの程度の発色。
a0071470_1922893.jpg

安曇野産に比べると青い面積が広く感じる。
さて13日の午後は酷暑。シジミ類はほとんど飛ばず、ダイミヨウセセリとウラギンヒョウモンばかりだった。
a0071470_19244068.jpg

午後の部は予想通り3時近くなると、草原の中の方に隠れていたアサマシジミたちが飛び始め、レッドクローバーやエビラフジで吸蜜をするようになった。
a0071470_19251633.jpg
a0071470_19253622.jpg
a0071470_19255082.jpg
a0071470_1926549.jpg

食草のエビラフジはかなり広い範囲に生育しているが、発生地の条件はかなり特殊なようだ。
a0071470_19262254.jpg
a0071470_19263999.jpg

矢印のあたりにエビラフジがあるのだが、風通しがよくて、日当たりのよい場所、ある程度乾いていないといけないようだ。
ほぼすべての発生地ではススキの群落に混じって生えている食草で発生しているように思われる。
a0071470_19265736.jpg
a0071470_1927828.jpg
a0071470_19272198.jpg

かなり青い個体が撮影できた。初めの個体群とはあきらかに違うね。
a0071470_19273194.jpg

雌は赤紋が発達した個体が多いのが特徴だというが。

結局8時間近く撮影することになった。うんうん、久しぶりにじっくりと観察できた。
美しい里山自然の中で、たった一人で過ごすのもいいもんだね。
a0071470_19284225.jpg

by kmkurobe | 2013-06-15 19:28 | 生態写真 | Comments(17)
Commented by ainomidori443zeph at 2013-06-15 19:47
後のアサマシジミのブルーはサムライブルーを彷彿させる深く光るアオで素敵ですね!


Commented by ainomidori443zeph at 2013-06-15 19:50
途中で送信されてしまいました(>_<)
アサマシジミにはもう20年くらい会ってないです。
Commented by fumie at 2013-06-15 20:36 x
パッ、パッと、何とも艶やかな青ですね。
お花が咲いているような全開翅、すっかり堪能させていただきました。
いよいよ、あちらでもこちらでもゼフの便りが届き始め、何だかそわそわしてしまいます。
明日にでもまた出掛けてみようかな、と思案中。
Commented by 蝶山人 at 2013-06-16 06:42 x
エビラフジとアサマ♂
見事なコントラスト
この組み合わせ最強ですね
実はこの組み合わせで
満足な写真撮れてません
課題が山積みです
この勢いだと
来週私の大好きなのも
光り物も出そうですね
Commented by 22wn3288 at 2013-06-16 09:15
濃い青が素敵ですね。
アサマは見れないので憧れです。
Commented by thecla at 2013-06-16 12:57 x
エビフラジ食いのアサマのブルーの青さはやっぱり一味違いますね。
縁毛も生えそろった新鮮な♂いいです。
今年は、やけに発生が早くないですか、うかうかしているちに今年もこのブルーのタイミングを逃してしまいました。
Commented by maeda at 2013-06-16 14:08 x
懐かしいブルーの色でです。本州に居る間に撮りたい蝶ですが、今週末以降、京都、新潟と遠征が続く予定ですので、アサマは難しそうです。
ゴマの時期に嫁と伺います。白馬宿泊予定にしています。
Commented by himeoo27 at 2013-06-16 17:09
アサマシジミ♂の濃い青は絶品ですね!
まだジックリ撮影したことがありませんが
来年以降でも出会いたいです。
Commented by otto-N at 2013-06-16 21:58 x
昨年6月下旬、、八方のゲレンデ下部で大量のヒメシジミを見てそのバリエーションに驚きました。アサマシジミも見たかったのですが、全然ムリでした。それにしても、アサマシジミは美しすぎます。
Commented by kmkurobe at 2013-06-16 22:26
ainomidori443zeph さんアサマシジミのブルーは好き好きはありますが、独特の味わいを感じますね。
初めてイシダジジミを採集したときは本当に感激しました。
あのスカイブルーにもう一度会いたいものです。
Commented by kmkurobe at 2013-06-16 22:27
fumie さんお疲れ様でした。起用は本当に暑かったですね。
明日の朝は絶対当たり・・・・がんばりましょう!!!
Commented by kmkurobe at 2013-06-16 22:30
蝶山人さんエビラフジの花はボリュームがあるので複数の蝶を写し込むのは大変ですが、今日はめいっぱいがんばってきました。
今年は来週一気にいろいろと登場しそうですね。
いや毎日忙しくなりそうです。
Commented by kmkurobe at 2013-06-16 22:32
22wn3288 さんこの蝶はやはり鮮度が命です。
羽化直後と数日たってからはずいぶん変わってしまいます。
やはり白い縁毛がびっしりとしている個体を撮影したいですね。
Commented by kmkurobe at 2013-06-16 22:33
theclaさんひめしじみもそうですが、1週間たたずに終わってしまいそうです。
今年のシーズンはあっという間に終わってしまうかもしれません。
Commented by kmkurobe at 2013-06-16 22:35
maedaさんすばらしい里山が維持されています。
また来年最適の時期においでください。
ゆっくりとまたご一緒いたしましょう。
Commented by kmkurobe at 2013-06-16 22:36
himeoo27 さんやはりブルー各種は鮮度が命。
7月半ばでもいますが、やはり今年は平地はもうすぐあっという間に、終わってしまいそうです。
Commented by kmkurobe at 2013-06-16 22:38
otto-N さんヒメシジミに比べるとアサマシジミはかなり局地的な分布をしているようです。ヒメシジミは海の日の頃でも1800㍍あたりでは新鮮な個体が飛んでますよ。
<< 「塩の道」 三国を移動する パール・カラーとスーパーブルー >>