雨降って・・・・固まった

a0071470_22332236.jpg


天気予報は外れ強行突破したものの、姫川の河口付近には雲と霧がべっとりと張り付いていた。
サッカーの実況を見ながら雨宿りをしたものの、目標のウラクロシジミは今回も惨敗。

今日はいつもと逆に塩の道を安曇野に向け上る。

いやいや本当におもしろい一日だった。

エピソード1はゼフィルスのリモート撮影。
実は数日前「a piece of photo work**」の fumieさんが昨年に続いてクロミドリシジミを撮影されていた。
信州産のクロミドリシジミはまだ見たことがない。これはトライしなければね。
100㎞近く南下。駐車スペースにつくと見慣れた車が。fumieさんだけではなく「Photo日記」のシャクガパパも参戦。
これは期待が持てる。

以前から目をつけていた場所につくといきなりfumieさんがクロミドリシジミ発見。
これは蜘蛛の巣に絡まったりしてあまりよいモデルにはなってくれなかったが、まずは証拠写真をゲット。
勇気100倍して近くのクヌギを叩くと金色に光るものが飛び出した。
a0071470_22345118.jpg

なんとここで出ました第6号はウラキンシジミ。
a0071470_2235416.jpg
あまりいいところに止まってくれなかったのでリモート撮影で。
a0071470_22353198.jpg
いい感じで撮影できたこれならね。うんうんやったね。

ウラキンシジミを撮影していると、先日クロミドリシジミを撮影したという場所に移動していたfumieさんからクロミドリシジミ発見の一報が!!!!
a0071470_22355683.jpg

ごらんのようにやや高く、クヌギの葉に囲まれてしまっている。
a0071470_22362430.jpg

それでも木の葉の間を狙って撮影。
それでもこんな体が切れた写真を大量生産するのみだった。
a0071470_22363812.jpg

お二人にお断りした後もう一度リモート撮影にトライ。
広角端もマクロでもそれなりに写っているよ。
a0071470_22365963.jpg
a0071470_2237559.jpg

やったね。
昨年インターバルの時にも感じていたのだが、ゼフィルスはカメラに対してはあまり敏感には反応しないような気がするね。
来週にはいよいよ地元でもゼフィルスがシーズンインするだろう。
いやいや楽しみだね。
それにしても機材が増えて増えて困ったもんだね・・・・・・
by kmkurobe | 2013-06-20 22:36 | 生態写真 | Comments(8)
Commented by Akakokko at 2013-06-21 12:14 x
ウラキンの金色に憧れています。
あまりポイントを知らないので、未見の蝶。
ファインダ越しに見つめて見たいものです。
リモートレリーズは、AF照合のための半シャッターもできるのですか?
Commented by naoggio at 2013-06-21 13:21 x
ウラキンシジミの1枚目、後ボケも効いて素敵ですね。
信州産クロミ、撮影おめでとうございます。
リモート撮影、堂に入ってきましたね。
最後の写真のクヌギの葉に付いている水滴は蛹便でしょうか?
Commented by fumie at 2013-06-21 13:40 x
お疲れさまでした。
それにしても素晴らしい収穫でしたね。
やはりアノ秘密兵器は、不可能を可能にする優れモノ。
わたしも欲しくなっちゃいました(^^)
また是非ご一緒しましょう♪
Commented by kmkurobe at 2013-06-21 13:48
Akakokkoさんこちらでもまとまって確実という発生地は知りません。年に何回か偶然に出会う位です。
もちろん半押し可能なので買いました。
このあたり詳しいことは以前書きましたが、純正のものは無くて、台湾製でオリンパスのみ使用可能でした。
結果専用カメラも新調しましたが、PLE-5素晴らしくてすっかりメインになってしまいました。
Commented by kmkurobe at 2013-06-21 14:00
naoggio さんなぜかウラキンを撮影成功の時はこのパターンが多いような気がします。
さいこせのカットの水滴はそうかもしれませんね。
たたきだしではなくて、ルッキングで見つけた個体なので移動はしていないはずですが。
Commented by kmkurobe at 2013-06-21 14:02
fumie さん秘密兵器もあまり欲張らないことが大切でしたね。
もちろん5㍍でも理論的には撮影可能ですが、肉体はほんとに疲れました。やはり2㍍までの軽いカーボンの竿が良いのではないかと思いました。肩が随分張っています・・・・・
Commented by 蝶山人 at 2013-06-21 18:24 x
新鮮なクロミドリ雌で
写っているのは蛹便ですねと
羽化直後とみました。
恐れいりました
Commented by kmkurobe at 2013-06-21 22:17
蝶山人さんやはりそうですかね。確かに飼育をしているとこんなケースはありますがね自然界で撮影できたということはかなりラッキーなのですね。
この木はまだ若いくぬぎです。直径15センチくらい高さも5-6㍍かな。
<< スーパーか?ウルトラか? スーパーブルー達に包まれて。 >>